銀行カードローンは総量規制対象外

総量規制をご存知ですか?

総量規制とはカードローンを利用する時、総量規制という言葉を聞いたことがあると思います。

総量規制とは、貸金業者が個人に対して貸付できる金額を定めたものであり、その金額は年収の3分の1までとなっています。

年収の3分の1という金額は、返済負担率に基づいて設定された金額です。
返済負担率とは、年収に占める年間返済額の割合であり、「借入額÷年収」によって求められます。

たとえば、年収400万円の方が利息も含めて100万円の借入をしている場合、返済負担率は25%となります。

金融機関では、一般的に無理なく返済できる目安として、年収300万円未満の方は25%、400未満で30%、400万以上あれば35%くらいまでと定めており、それを参考にして総量規制の「年収の3分の1」(返済負担率33%)という数値が定められました。

しかし、返済負担率で見ると、年収が低くなるほど負担率が下がり、年収が高くなるほど負担率が大きくなります。

実際に返済できるかどうか、年収の3分の1という数値が適しているかどうかは、一人ひとりの状況によって異なります。

そのため、総量規制が必ずしも万人に適しているとはいえません。

もしも、「大型ローンを組みたいけれど、総量規制によって年収3分の1以上借りられない」「すでに総量規制ギリギリまで借りてしまい、新規契約が結べない」という方がいれば、銀行カードローンを利用してはいかがでしょうか。

総量規制の対象は、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などの貸金業者だけであり、銀行は対象外となっています。

銀行カードローンは、低金利で融資限度額も高く、大型ローンや乗り換えなどに有利です。

他社でいくら借金していても、その金額によって申し込みを拒否されることはありません。
ただし、他社借入金額が多いと、「他社の借金も返せないのに新たに借金を背負って大丈夫なの?」と思われてしまいますので、可能であれば、他社借入はなるべく少なくしてから申し込んだ方がよいでしょう。

総量規制の対象外といっても、その人の返済能力以上の融資は行うことができないため、自分の返済能力と照らし合わせて妥当な金額を申し込むようにしましょう。また、銀行カードローンは無収入の専業主婦や、転職中で無職の方にも融資することが可能です。

無収入ですと、消費者金融の審査を受けても総量規制に引っかかってしまい、融資を受けることができません。

年収0円の方の年収の3分の1は0円です。

無収入といっても、実際は家計収入などがあり、十分返済の余地のある方もおりますが、そのような方も総量規制の対象となる貸金業者では、問答無用で落とされてしまうのです。

しかし、銀行カードローンは家計収入も含めて独自の審査を行うので、無収入の方でも融資を受けられる可能性があります。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・