消費者金融(サラ金)と闇金はどこが違う?

消費者金融と闇金は別物

一度も消費者金融(サラ金)を利用したことがない人は消費者金融と闇金が同じようなものだと勘違いしている人も少なくありません。
一度でも消費者金融を利用したことがある人や現在も利用しているという人にとっては意外かもしれませんが、世の中にはそうした間違ったイメージを持っている人もいるのです。

大手の消費者金融は銀行よりも対応がよい?

消費者金融というと、昔のサラ金や街金といったイメージが先行している上に、一時は厳しい取り立てでニュースになったこともあるため、現在でも消費者金融と聞くと怖いイメージを抱く人も少なからずいるはずです。
しかし最近の消費者金融はそうしたイメージとはまったく違うものへと変貌しています。接客レベルも非常に高く、取り立てにしても昔のような脅迫めいたものもありません
一部のネット銀行などでは、カードローン利用者に対して上から目線で話したりなどということがありますが、大手の消費者金融はそうしたことはほぼありません。

中小の消費者金融でも優良企業は多い

また、大手でなくてもある程度の規模を持った中小の消費者金融でも法律に則った運営が行われていますから、激しい取り立て行為なども行っていません。都道府県などから認可を受けて地元で老舗として営業している消費者金融であれば、まずめったなことは起きません。そこそこ安心です。

闇金は違法行為の吹き溜まり

それでは消費者金融と闇金は何が違うのでしょうか? 実は消費者金融と闇金の違いは至極単純です。法律に則った運営をしているかどうか、この違いに尽きます。

闇金の利息はとんでもない

通常、まともな貸金業者であれば自己破産者などのいわゆるブラックリストに載っているような人にはお金が貸し出しませんが、闇金は人を選ばずに貸し付けます
利息にしてもまともな貸金業者は貸金業法に則った数字で設定しています。どこの消費者金融を見ても、金利は概ね年率15%~20%というのが目安となっています。
しかし闇金は、いわゆる「十一(といち)」と呼ばれる法外な金利を請求してきます。「十一(といち)」とはつまり「10日で1割」のことで、年率に換算すれば365%というとんでもない利息となります

すべての闇金が「十一」というわけではありません

闇金では大抵「十一」という言葉が使われますが、これはあくまでもそれくらいとんでもない利息を取るという例えに過ぎません。
たしかにそれくらいの利息を取っている闇金もありますが、中には年率50%前後の利息で貸し出している闇金もあります。年率365%に比べればはるかに低い数字ですが、それでも法外な利息であることに変わりはありませんし、返済が遅れれば容赦ない取り立てが待っています

激しい取り立てにあったらすぐに相談を

闇金はただ顧客が来るのを待っているのではなく、自己破産者などのリストをどこからか入手して電話営業をしかけたりもします。
もちろんそんな営業攻勢に屈しない気持ちは大事ですが、もし闇金から借り入れてしまったりした場合は大きなトラブルになる前に弁護士などに相談するようにしましょう。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・