お金を騙し取られないために知っておきたい詐欺の手口

キャッシングに関わる様々な詐欺が横行しています

sagicardhigai617キャッシングが身近な時代ですが、それを悪用した詐欺被害なども増えています。
悪質な詐欺行為で損をしないためにも、詐欺の実態を知って自ら詐欺被害を防ぐことも大切です。
ここでは実際にある様々な詐欺についてご紹介していきます。

融資保証金詐欺

別の呼び方で「貸します詐欺」とも呼ばれます。金利1%などとあり得ないほどの低金利で高額な融資をすると謳って、雑誌やネット,新聞などに広告を載せています。
実際に申し込んでしまうと他の消費者金融を紹介するといって借入をさせ、保証料など様々な名目にかこつけて最終的には借入金額のほとんどすべてを搾り取られてしまいます。

保証人詐欺

借入をするのに必要となる保証人を紹介すると謳って保証人の紹介料を騙し取ってしまう詐欺です。
逆に、保証人になって欲しいと持ち掛け、手数料を支払う約束をしながら結局支払うこともせずそのまま雲隠れしてしまうというパターンもあります。

DM使用の詐欺

大手消費者金融の名を語ってダイレクトメールを送りつける詐欺もあります。
内容は返済を迫る内容であったり、債権譲渡に関する内容であったりと様々ですが、確実に言えることは身に覚えのないダイレクトメールを受け取った場合は安易に連絡をしないことが大切です。

債権回収を装った詐欺

債権回収の委託を受けていると偽って金銭の支払いを強要する詐欺です。
未払い金などがあれば債権者から債権回収を委託される正当な企業なども実際に存在しますが、身に覚えがない場合は応じないようにしましょう。

名義貸し詐欺

実態調査と偽ってアルバイトを募集し、実際にカードの契約をさせられた上に全額が引き出され、借金だけを背負わされてしまう詐欺です。
これはカードを他人に譲渡したり貸与してはいけないという規約にも抵触してしまう行為となるため、被害に遭ったとしてもその損害が補償されませんので注意しましょう。

不審に思ったらすぐに相談しましょう

こうした金融詐欺は実際に報告されている詐欺被害です。言葉巧みに相手を騙して借金を背負わせるケースもあれば、強要するような形で借金を背負わせるケースなど様々なものがあります。
しかし、身に覚えがないのに返済を迫られたりダイレクトメールが送られてきたりした場合など、少しでも不審に感じたら最寄りの警察署や消費生活センターなどに相談するようにしましょう
また、ダイレクトメールなどに実際の金融機関名などが書かれていてもそこに記載されている番号には絶対にコンタクトしないようにしましょう。その金融機関へ連絡をしたいのであれば、正しい電話番号を調べた上で連絡しましょう。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・