J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)はAIスコアレンディング!最短即日審査で即日融資

jscore_300x250_09
診断時間 -
審査時間 最短即日
融資時間 最短即日
借入限度額 10万円~1,000万円(10万円単位)
実質年率 0.9% - 12.0%
パート・アルバイト 申込み可能
公式サイト・お申込みはコチラ

J.Score(ジェイスコア)で即日審査・即日融資は可能?

個人融資の新しいカタチ!J.Score(ジェイスコア)とは?

個人向けの無担保融資と言えば、カードローンやフリーローンなどが知られていますが、「J.Score(ジェイスコア)」はそれらとは異なる全く新しいスタイルの無担保融資システムです。消費者金融系ですがローンカードは使いません。

みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社としてスタートしたJ.Score(ジェイスコア)は、これまで審査のスコアリングで利用してきた膨大なデータとAI(人工知能)とを組み合わせた「AIスコア・レンディング」と呼ばれる新しい審査システムが活用されます。ちなみに「レンディング」とは、「貸し出す・貸し出し」といった意味があります。つまり、「AIによるスコアリングで貸し出す」というイメージのシステムです。

申込資格 満20歳以上70歳以下
※安定した収入のある方のみ
限度額 10万円~1,000万円
金利 年0.9%~12.0%
担保・保証人 不要
遅延損害金 12.0%
使い道 使途自由
※ただし事業性資金は除く

J.Score(ジェイスコア)の主なスペックは以上のようになっています。

J.Score(ジェイスコア)は即日審査&即日融資OK!AI活用でスピーディなスコアリング

「AIスコア・レンディング」では、これまでユーザーが目にすることのできなかったスコアリングを見える形にしたようなイメージです。もちろん、これまでカードローンなどで行われてきたスコアリングとは異なるものの、そのスコアに応じていくらまで借入可能なのかを知ることができます。

AIスコア 適用金利 融資限度額
600未満
600~699 年9.3%~12.0% 10万円~150万円
700~799 年6.8%~9.5% 10万円~260万円
800~849 年5.2%~7.0% 10万円~400万円
850~899 年3.5%~5.4% 10万円~540万円
900~949 年1.9%~3.7% 10万円~730万円
950~1000 年0.9%~2.1% 10万円~1000万円

その場で、「あなたにはいくらまで融資することができますよ」という結果が分かるのは魅力です。そのまま申し込めば最短30分で指定口座へ振り込んでもらうことができ、スコアリングによって融資額や適用金利なども変わってきます。

ただし、AIスコアの結果が全てではありません。このスコアに基づき申し込み後にも別途審査が行われます。その審査結果によっては、スコア・レンディングの利用ができないこともあるので知っておきましょう。

スコアは600未満では融資不可!その場で知ることができる!

AIスコア診断は、最初のみチャット風のやり取りで、AIからの質問に答える形で進めていきます。LINEのようなイメージだと言えば分かりやすいかもしれません。最終的に全てのジャンルで診断が終了してもスコアが600未満の場合は申し込み不可となります。

質問はジャンルごとに分かれていて、全ての質問は150近くにも及びます。最初の診断でスコアが低くても、全てのジャンルに答えればスコアアップも見込めますので、まずは諦めずにすべての質問に答えることがポイントです。その場でスコアが表示されるので、ちょっとしたゲーム感覚で進めて行けるのはユニークです。当初はスコアが低くても、その後のライフスタイルなどの変化によって、再度質問に答えることでスコアアップも可能です。

融資は振込のみ!ローンカードの発行はありません

J.Score(ジェイスコア)の融資は全て振込融資のみとなっています。ローンカードのようなものは発行されません。そうなると、よく知られるフリーローンのようなイメージがありますが、それともちょっと異なります。

フリーローンでは、借入額が全て振り込まれるシステムですので、借りたら後は返すだけのものです。一方のJ.Score(ジェイスコア)は、限度額の範囲内であれば何度でも振込での融資を受けることができるのです。カードローンタイプではありませんが、使い方としては似たようなものです。

申し込みはパソコンかスマホのみ!申し込みから借入までの流れ

J.Score(ジェイスコア)の申し込み方法はインターネットだけに限られています。電話や窓口での申し込みには一切対応していません。

そのため、パソコンやスマホなどインターネット環境のない人は申し込むことができませんので注意してください。では実際の申し込みの流れを見ていきましょう。

まずはAIスコア診断!WEB完結で最短30分で指定口座へ振り込み!振込手数料もナシ

J.Score(ジェイスコア)で借入をするためには、まずAIスコア診断でスコアを弾き出す必要があります。審査はそれに基づいて行われます。

  1. アカウント登録をしてAIスコア診断をする
  2. スコアが600以上だったら借入可能額を確認して申し込み
  3. 申し込み後仮審査
  4. 仮審査通過後メールで連絡
  5. 提出書類をアップロード
  6. 本審査
  7. 本審査の結果をメールで連絡
  8. 契約(ホームページ上にて)
  9. 借入希望額を入力後借入

ざっとした流れですが、主な流れとしては以上のようになります。実際、「審査はあっさり終わった」といった声もあります。何より書類提出までWEBで行えるので手軽です。審査自体も最短30分程度なので、スピーディな借入を実現しています。しかも振込手数料もかかりません。

即日融資を希望する場合は時間帯に注意!

契約後すぐに借入をすることができますが、借入手続きの時間帯にも要注意です。平日の14:45までに手続きを済ませれば当日中の借入が可能です。それ以外は翌営業日となりますので、その点だけは意識しておくようにしましょう。

みずほ銀行口座がなくてもソフトバンクユーザーでなくても申し込める

J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクが共同で設立した合弁会社なので、みずほ銀行を利用している人やソフトバンクユーザーしか申し込めないのではないか? といった一抹の不安も持ってしまいますが、実際にはみずほ銀行を利用していなくても、ドコモやauのユーザーであっても申し込めます。振込先口座もみずほ銀行以外を指定可能です。

みずほ銀行ユーザーやソフトバンクユーザーなら取引次第で審査に有利

ただし、そこはやはりみずほ銀行とソフトバンクの合弁会社ですので、みずほ銀行ユーザーやソフトバンクユーザーには有利な一面もあります。まず、AIスコア診断では、みずほ銀行やソフトバンクの取引情報と提携させることでスコアをアップさせることもできます。スコアがアップするということは本来のスコア以上になるため、金利面でも融資額でも有利に働きます。

手続きは全てネットで終了!忙しい人や急ぎで借りたい人も安心

AIスコア診断こそ、全て答えるなら20分~30分ほどの時間がかかってしまいますが、申し込み後の審査時間は最短30分とスムーズです。暇なときにAIスコア診断を行っておけば、いつでも申し込めるので便利です。

借入もWEBからカンタン手続きで振り込んでもらうことができます。平日の8:10~14:45の間に手続きを済ませれば即時振込も可能です。カードローンと同じように、限度額の範囲内で何度でも利用できます。

平日0:00~8:10 当日8:10頃に振込
平日8:10~14:45 即時振込
平日14:45~24:00 翌営業日8:10頃に振込
土日・祝日。年末年始 翌営業日8:10頃に振込

借入のためにはアカウント作成必須!それがなければ利用できない

一般的なカードローンなどでは、入力フォームに必要事項を入力して送信すればそれで申し込み完了となりますが、J.Score(ジェイスコア)の場合は、AIスコア診断をする段階からアカウント登録を行う必要があります。アカウント登録自体はメールアドレスとパスワードを設定すれば完了ですが、まずはアカウント登録をしないことには申し込みすらできません。

J.Score(ジェイスコア)で内緒で借りる申し込み方法

郵送物が一切ナシ!家族バレリスクは低いのがメリット

J.Score(ジェイスコア)のスコア・レンディングでは、ローンカードの発行はありませんので、自宅にカードが郵送されてくる心配がありません。また、利用明細も全てネット上の電子交付なので、自宅へ送られてくることもありません。

自宅への郵送物がゼロのため安心感は格別。PC、スマホで取り引きしていることさえバレなければ安全でしょう。

確認の電話や在籍確認はあり!ただし職場バレのリスクは低い

しかし、審査がある以上は在籍確認等も行われます。ただしこれも、「お電話をさせていただく場合がございます」という表現にとどまっています。審査途上で確認の必要があれば電話がかかってきますが、場合によってはかかってこないことも考えられます。

事実、実際に申し込んでみたものの在籍確認はなかったという口コミもあります。とはいうものの、最初から「電話はかかってこない」と決めつけるのはよくありません。前提として、在籍確認はあると考えておいた方が確実でしょう。

在籍確認は怖くない!理由はいくらでも言い繕えます

在籍確認を異常なほど気にする人もいますが、実際、在籍確認は個人融資のみで行われているものではありません。クレジットカードなど様々な場面で在籍確認は行われます。最近では社名を名乗って在籍確認をするところも少ないですし、多くが個人名での在籍確認を行っています。新しくできたばかりのJ.Score(ジェイスコア)であれば、まず担当者の個人名を名乗って在籍確認をするはずです。

つまり、電話を受けた側は、申し込んだ本人でない限りどこからの電話かは分かりません。何か聞かれても理由を言い繕うことで切り抜けられます。「クレジットカードの在籍確認だよ」と、一言で済みます。クレジットカードであれば社会人の必須アイテムですから、その一言で相手も納得します。職場バレに関しては神経質になる必要はありません。

J.Score(ジェイスコア)の口コミの評判は?

申し込みは満20歳~70歳までの安定した収入のある人!年金のみでもOK

J.Score(ジェイスコア)のスコア・レンディングに申し込める条件をおさらいすると、満20歳以上70歳以下の安定した収入のある人です。まず前提条件として、毎月必ず安定継続した収入のあることがポイントです。年金収入だけでも申し込むことが可能です。

公務員や会社員はもちろん、自営業や派遣社員、アルバイトもOK。安定した収入があり、高いスコアさえたたき出せれば、融資してもらえます。

安定継続収入があればパートやアルバイトも申し込める

もちろん、20歳以上で毎月安定した収入のある人なら、パート勤務でもアルバイト勤務でも構いません。とにかく、満20歳~70歳までの人で本人に収入さえあれば申し込み条件を満たせます。

貸金業法に基づく消費者金融のため収入のあることが条件です

J.Score(ジェイスコア)のスコア・レンディングは、基本的には貸金業者に準じた運営が行われます。つまり、貸金業者ですので実質的には消費者金融と変わりません。借入可能なのは年収の1/3までという総量規制も適用されます。

当然ながら、消費者金融と同様に借入額が50万円以上であれば収入証明書の提出が必要ですし、他社借入額とJ.Score(ジェイスコア)のスコア・レンディングの借入額とを合計して100万円以上になる場合でも収入証明書の提出が必要です。また、50万円以下であっても、収入証明書の提出が必要なケースもあります。そこは他の貸金業者と同じです。

J.Score(ジェイスコア)の金利と返済方法のポイント

貸金業者なのに低金利で借りられるのがポイント!

上でも述べているように、J.Score(ジェイスコア)のスコア・レンディングは貸金業者ですから、消費者金融と同じ立ち位置です。

しかし、J.Score(ジェイスコア)の場合、貸金業者とは思えないほどの低金利を実現しています。というよりも、銀行系カードローンよりも低金利で利用できます。しかも遅延損害金も12.0%ですので、銀行系カードローンをも凌ぐ魅力を備えます。

みずほ銀行ユーザーやソフトバンクユーザーなら金利面でも優遇される

みずほ銀行とソフトバンクのユーザーはAIスコア診断で有利だという話を先にしましたが、実はみずほ銀行とソフトバンクのユーザーの場合、もうひとつのメリットがあります。それが金利優遇です。

J.Score(ジェイスコア)の最低金利は0.9%という超低金利ですが、これはAIスコア診断の際にみずほ銀行とソフトバンクとの情報連携を行っている場合に適用される金利となります。

また、みずほ銀行とソフトバンクのユーザーなら、通常金利より0.1%の金利優遇を受けられます。つまり、みずほ銀行とソフトバンクの両方で情報連携すれば、0.2%の金利優遇です。

返済方法は選べる3タイプ!返済日は都合の良い返済日をユーザーが決められる

一般的なカードローンであれば、返済は提携ATMや口座振替、口座振込といった方法がありますが、J.Score(ジェイスコア)のスコア・レンディングではどのような返済方法があるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

J.Score(ジェイスコア)のスコア・レンディングで用意されている返済方法は以下の3つです。ちなみに返済日に関してはユーザー自身で指定することができます。

返済方法は「振込」・「ペイジー」・「口座振替」の3つ!

  • 口座振込
  • Pey-easy(ペイジー)
  • 口座振替

ペイジーが最も便利に返済できます。返済にペイジーを利用できるのはとても利便性が高いです。ペイジーはペイジーの利用ができる金融機関で口座があり、かつインターネットバンキングを利用していれば利用できます。

上の返済方法のうち、手数料がかからない返済方法はペイジーと口座振替となります。口座振込は振込手数料が発生します。特におすすめなのがペイジーで、ペイジーなら24時間都合の良い時間帯にどこからでも手数料無料で返済可能なのが魅力です。繰り上げ返済や一括返済も、ペイジーか口座振込で対応してくれます。

注意!口座振替で返済の場合のみ約定日が毎月26日に設定されます

口座振替で返済する場合のみ、返済日の指定をすることができません。口座振替では毎月26日の引き落としが決められていますので、その点には注意しましょう。できればペイジーか口座振込の方が自由に返済日を決められる分、利便性が高めです。

公式サイト・お申込みはコチラ

J.Score(ジェイスコア)の基本情報

融資金額 10万円〜1000万円
貸付利率(実質年率) 0.9% - 12.0%
遅延損害金(年率) 12.0%
保証人・担保 不要
必要書類 ①本人確認書類
運転免許証をご用意ください。運転免許証をお持ちでない方は本人確認書類としていずれも有効期限内または現在有効な健康保険証(※1)、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)(※2)、在留カード、特別永住者証明書(※3)をご用意ください。(※4)

(※1)「氏名」「生年月日」「現住所」の3項目が記載されているものに限ります。
(※2)個人番号カードは、表面(顔写真・住所などが記載されている面)のみをご提出ください。通知カードはお取り扱いしておりません。
(※3)外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」もあわせてご提出ください。
(※4)学生の方は、上記の書類に加え「学生証」をご提出ください。
②収入証明書類
当社との契約金額が50万円を超える場合、または、当社との契約金額が50万円以下となるものの他の貸金業者での利用額を含めた合計金額が100万円を超える場合は、収入証明書類のご提出が必要となります。なお、当社よりご提出をお願いする場合もございます。
入会費・年会費 なし

融資・返済

融資方法 銀行振込(スマホ・PC)
返済方式 残高スライドリボルビング方式。最低約定返済額1千円(1千円単位)。
契約期間 最終借入日後 原則最長10年/1~120回 契約極度額に応じて、以下のご返済回数となります。 30万円以下:36回以内 30万円超100万円以下:60回以内 100万円超1,000万円以下:120回以内
返済方法 1. 口座振替(引き落とし)
2. Pay-easy(ペイジー)
3. 銀行振込

会社概要

商号 株式会社J.Score(ジェイスコア)
本社所在地 東京都港区赤坂五丁目3番1号 赤坂Bizタワー
受付時間
お問い合わせ電話番号
登録番号 関東財務局長(1)第01510号
貸金業登録番号 日本貸金業協会会員第005986号
今すぐ審査の申し込みへ

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・