三井住友銀行カードローンの審査は?WEB完結も人気

即日審査が可能な三井住友銀行のカードローン!当日ローンカードを発行して借り入れできる

300x250
診断時間 -
審査時間 -
融資時間 -
借入限度額 最高800万円
実質年率 4.0%~14.5%
パート・アルバイト -
公式サイト・お申込みはコチラ

三井住友銀行カードローンの審査に申し込み前にチェック!

三井住友銀行カードローンのチェックポイント

融資スピードは速い? ○ スピード審査!自動契約機でその日にローンカード発行OK
土日・祝日の振込は? ○ 提携ATMで土日・祝日も引き出し可能
審査は厳しいの?甘いの? ○ 一般的な銀行カードローンと同じ。安定した収入があればOK
電話で在籍確認はある? × 電話での在籍確認は必須
家族に内緒で借りられる? ○ 家族バレの可能性は低い。大手銀行なのでカモフラージュ可能
専業主婦でも借りられる? × 専業主婦NG。収入のない人は借りられません。
学生でも借りられる? × ほぼ不可能!20歳以上で安定した収入の条件クリアは難しい。
10代でも借りられる? × お申込時満20歳以上満69歳以下の方。

三井住友銀行カードローンは即日審査・融資は可能?

『三井住友銀行カードローン』は即日審査⇒融資も可能!

三井住友銀行グループ系の『三井住友銀行カードローン』は、大手銀行のカードローンに相応しく低金利で限度額が高い銀行カードローン。しかも銀行カードローンには珍しく、スピード性に優れています。

自動契約機もあるため、ローンカードの即日発行にも対応してくれています。そのためその日のうちにローンカードの発行までいけば、当日中に利用開始できます。審査そのものが早いだけでなく、利用開始も早いというというスピードに優れた人気の銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンの審査は消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が行います

『三井住友銀行カードローン』の保証会社は消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのサービス名です。SMBCコンシューマーファイナンスが三井住友フィナンシャルグループの一員になったことから、審査スピードが上がりました。

これは審査基準が銀行ベースではなく、消費者金融ベースになったことを意味しています。消費者金融としてのテクニックと個人消費者向け無担保融資のノウハウがあるため、即日審査⇒融資が可能になったのです。

三井住友銀行カードローンにはその人にあった多彩な申込方法が用意されてます。

『三井住友銀行カードローン』は、借り入れ方法も多彩です。三井住友銀行の各支店などに設置されているローン契約機、電話申し込み、インターネット(パソコン・スマートフォン・ケータイ)など、どの申し込み方法を選んでも銀行カードローンの中では最高レベルの速さで審査が完了します。

おすすめはインターネット申込⇒ローン契約機という方法ですが、ネット申込みの他にも電話や三井住友銀行に設置されているローン契約機で直接申し込む方法もあります。インターネットが苦手な人には、電話やローン契約機での申込みもおすすめです。

『三井住友銀行カードローン』最短でお金を借りる方法

三井住友銀行カードローンはホームページ申込からローン契約機がベスト!

三井住友銀行カードローンでその日のうちに利用を開始するベストな方法は以下の通りです。
まずは当サイトからリンクされている三井住友銀行のホームページから、インターネット経由でカードローンを申し込みましょう。ホームページにアクセスすると、左上に「お申込」と書かれたボタンがあります。こちらを押すか、真ん中の画像にある「お申込はこちら!」ボタンから手続きを開始します。

スピード審査、早ければ60分以内に借りられます

まずはお申し込みフォームから必要事項を入力して下さい。消費者金融のカードローンと同じように、インターネットからの申し込み、スピード審査⇒無人のローン契約機での正式手続き⇒ローンカードの発行⇒提携ATMでの現金引き出し(借入)までを1日で行えます。この時点では、とりあえず三井住友銀行の口座は不要です。

三井住友銀行カードローンの審査は午前9時から! 早めに申し込もう!

申し込みが終われば、後は審査を待つだけです。ただし審査結果の連絡は午前9時~午後9時までです。申し込みが遅いと、連絡が翌日以降になる場合があります。ただしこの時点での審査は一次審査。後ほど必要書類の提出が必要です。その日のうちに利用したいなら、すぐさま「ローン契約機」に向かいましょう。審査結果はメールか電話で回答されてきます。

ポイントは「ローン契約機」の活用!土日祝も対応!

三井住友銀行カードローンで最短で現金を借り入れするポイントは「ローン契約機(自動・無人契約機)」にあります。即日のカード発行⇒ATMでの借り入れ、現金引き出しを希望するなら、カードを受け取るためにローン契約機に行く必要があります。
ありがたいことに土曜日、日曜日、祝日であっても、ローン契約機は稼働しています。

注意!三井住友銀行カードローンで郵送でのカード受け取りは選んじゃ駄目!

申し込み時にインターネット申込のため、カード受け取り方法を選択できるのですが、絶対にローン契約機での受け取り(契約)を選ぶようにして下さい。郵送でのカード受け取りを選ぶと、そこから数日、何もできずに過ごすことになります。郵送は早く利用したい方にとっては絶対NGなのです。

『三井住友銀行カードローン』のローン契約機での操作

三井住友銀行カードローンはローン契約機での書類のやりとり⇒契約⇒カード受け取り

審査回答を受け取って、審査に合格していたら、すぐに三井住友銀行カードローンの自動契約機へ向かいましょう。書類提出や最終的なローン契約を行う必要があるためです。もちろんローンカードの受け取りやATM引き出しもその場で行えます。
とにかく急いでいる人は審査の間に三井住友銀行カードローンのローン契約機設置店舗に移動しておくのもあり。そうすれば審査回答からすぐに手続きを続けられ、遅くても60分後にはお金を手に入れることができます。

注意!三井住友銀行カードローンのローン契約機は書類忘れに気をつけましょう!

またローン契約機に直接行くこともありですが、事前にネットで審査手続きを済ませておけば、ローン契約機での契約がスムーズになるので、事前手続きの方がおすすめ。
ネットで手続きをせずに行くと、借りられるかどうかも不明な上、書類忘れなどの懸念も出てきます。ネットで審査後に、契約に行くようにしましょう。

審査回答とローン契約機の営業時間にご注意!

また同じく注意しなくてはいけないのは、『三井住友銀行カードローン』の営業時間です。審査時間とローン契約機の営業時間の両方に注意が必要です。

審査回答 営業時間 9:00~21:00
三井住友銀行ローン契約機 9:00~21:00

三井住友銀行カードローンは審査申込を17時までには終わらせておきましょう!

残念ながら三井住友銀行カードローンの審査回答とローン契約機の営業時間は、朝9時から夜9時までと決まっています。当日のうちにお金を借りたい人は、20時前後までにはすべての手続きを終えておかなければなりません。
ネット申し込みは24時間、365日受け付けていますが、審査回答を当日受けるためには、少なくとも午後5時ぐらいまでには申込みを終えておきたいところです。いくらスピード審査でも、審査回答が可能な時間帯は9時~21時までです。申し込みはどんなに遅くても20時までには行っておくことが、当日キャッシングには必要です。

三井住友銀行カードローンは発行されたローンカードを使ってATMから借り入れOK!

ローン契約機での操作自体は、ナビ通りに進めて行けばいいので非常にシンプルです。ローンカードもその場で発行されます。ほとんどの場合、ローン契約機(ACM)は三井住友銀行のATMと併設されているので、このローンカードを使ってATMからすぐにキャッシングが可能です。もちろん手数料は無料です。

三井住友銀行カードローンで内緒で借りる申し込み方法

三井住友銀行カードローンを内緒で利用するなら銀行口座を作りましょう!

三井住友銀行でその日のうちに利用を開始するだけでなく、内緒で借り入れするにはいくつかポイントがあります。手順としては上記の「即日審査・融資は可能?」で書いた通りですが、三井住友銀行口座がないと、内緒で借りる上でデメリットが大きいのです。

三井住友銀行口座が無くても申し込みは可能、だけど不便です!

三井住友銀行カードローンは、実は三井住友銀行に銀行口座が無くても申し込みが可能です。しかし三井住友銀行の口座がないと利用できない便利なサービスがいくつもあります。内緒で借りる上ではデメリットが大きいため、できれば申し込みと同時に三井住友銀行に銀行口座を開設しておきましょう。後々、内緒で運用するときに生きてきます。

三井住友銀行口座が必要なサービス

・インターネットバンキングによる振込キャッシング
・口座引き落としによる返済(手数料無料)
・WEB上での返済状況確認
・自動借入

三井住友銀行カードローンはインターネットバンキングで振込融資が受けられる!

三井住友銀行口座があれば、ネットバンキングによる振込融資が利用可能です。さらに三井住友銀行のキャッシュカードがローンカードの役割を兼ねるため、ローンカードの発行も不要となります。内緒で借りる上でも、いつも所有している銀行キャッシュカードの他に1枚持つ必要が無くなるので、銀行口座はあった方が良いでしょう。

注意!SMBCダイレクトにログインして申し込みましょう!

注意していただきたいのが、三井住友銀行のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」にログインした上でカードローンの申込を行わなければならないこと。ログインして申し込まなければ、キャッシュカードに統合することができません。手間が非常に増えます。

三井住友銀行カードローンは職場への在籍確認は必須!必ず電話がかかってきます

銀行カードローンである以上、家族や身内に完全に内緒で借り入れられても、職場への在籍確認は避けられません。内緒での借入は、、「インターネットから申し込み→審査回答→正式契約→振込キャッシング」でOKですが、借り入れ可能になるのは職場の在籍確認が取れてからになります。

注意!契約書類と三井住友銀行カードローンのローンカードは後日送られてきます

内緒で借り入れする上では便利なインターネットバンキングによる振込キャッシングですが、最初の契約時はローン契約機での手続きをおすすめします。なぜなら契約書類の受け取りが必要だからです。
三井住友銀行から書類が送られてくるので、親バレ・配偶者(夫・妻)バレ・家族バレはしにくいのですが、契約書類が郵送で自宅に送られてきてしまうのは避けられません。できるだけ厄介毎を避けるには最初だけでもローン契約機の利用をおすすめします。

三井住友銀行カードローンの口コミや評判

三井住友銀行カードローンはその日のうちに利用もできる銀行カードローン!

『三井住友銀行カードローン』の魅力は、その銀行カードローンとしては異例のスピードと低金利の両立にあります。便利なサービスを利用するのに三井住友銀行口座が必要だったり、いろいろ制約はありますが、その日のうちにローンカードを受け取れる銀行カードローンは非常にレアです。

三井住友銀行カードローンは手数料無料で提携ATMが利用可能!使い勝手最高!

『三井住友銀行カードローン』は、三井住友銀行のATMの他にも、ファミリーマート設置の「@BANK」、セブン銀行ATM、ローソンATMなどが手数料無料で利用可能です。
これは銀行カードローンならでは。消費者金融の場合は、提携ATMの利用では100円+税~200円+税を取るのが普通なので、メリットは大きいです。いつでもどこでも借り入れたり、返済したりできるので、使い勝手は最高です。

デメリットは他行への振込キャッシングができないこと!

『三井住友銀行カードローン』は、他行口座への振込キャッシングができません。振込キャッシングの対象は、三井住友銀行口座のみとなります。

三井住友銀行口座がないと返済も不便!

また口座引き落としなども三井住友銀行口座の利用が前提となるので、持っていない方は非常に不便です。口座を持っていなければ、提携ATMに出向いて手続きをするか、手数料自己負担による振込返済しかできません。必ず事前に口座を持つようにしましょう。

三井住友銀行カードローンは学生でもお金を借りられる?

利用できません!安定した収入の条件が厳しい

三井住友銀行カードローンを申し込めるのは、20歳以上で安定した収入がある方のみです。学生は申し込むことができません。

三井住友銀行カードローンはパート・アルバイトでもお金を借りられる?

いちおう利用できますがなかなか難しいです。

利用条件が「原則安定したご収入のある方」なので、フリーターの方、パートの主婦、アルバイトの学生さんの場合は難しいです。

三井住友銀行カードローンは専業主婦(主夫)でもお金を借りられる?

利用できません。安定した収入が必要です

安定した収入が条件となるため主婦は厳しいです。特に収入が無い専業主婦はほぼNG。パート・アルバイトなどで安定した収入があることを照明できれば大丈夫です。

三井住友銀行カードローンの金利と返済のポイント

三井住友銀行カードローンの金利は4.0%~14.5%!低金利で低く抑えられている

「三井住友銀行カードローン」の金利は、4.0%~14.5%。100万円以上であれば10.0%~12.0%と、多くの銀行カードローンの中でも低く抑えられています。同じ三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス(サービス名プロミス)が最大17.8%であることを考えれば、3%以上の差があります。たとえ借りるのが10万円だったとしても、金利は限度額によって定められるため、できるだけ多くの枠を確保し、確実に低金利を勝ちとる方がおすすめです。

三井住友銀行カードローンの限度額は最高800万円!

「三井住友銀行カードローン」の限度額は、10万円~最高800万円です。銀行カードローンとしてはもはや最高800万円という限度額もざらですが、消費者金融と比較すると高く感じられます。多くの場合、消費者金融は最大500万円ほどだからです。

さらに銀行カードローンなので年収1/3の規制にもひっかかりません。

当初の限度額100万円、金利14.5%からが多い

申込みをした当初の限度額は100万円ほどだと思われます。金利は14.5%程度になるでしょう。しかし、最初から限度額100万円以上、金利10.0%~12.0%という方も珍しくはないようです。信用を積み上げていけば数百万円の限度額を勝ちとることも決して夢ではありません。

三井住友銀行カードローンの返済方法は銀行口座振替がおすすめ

三井住友銀行カードローンは口座振替なら返済手数料無料!

三井住友銀行の銀行口座を持っている場合、口座引き落としの設定が可能です。また提携ATMからは手数料無料で返済が可能。返済方法は主にこの2つとなります。三井住友銀行口座がない方は、提携ATMを積極的に活用しましょう。

ネット振込による手数料無料の返済は利用できません

ただし「三井住友銀行カードローン」はPay-easy(ペイジー)に対応していないため、インターネットからの振込による返済は利用できません。単純に他行口座からは振込による返済になります。手数料がかかります。

インターネット返済が可能な銀行リスト
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

三井住友銀行カードローンはコンビニでも手数料0円で返済できる

「三井住友銀行カードローン」は、提携しているコンビニATMでも手数料無料で返済できます。ローソンのローソンATM、ファミリーマートのイーネット(E-net)ATM、セブンイレブンのセブン銀行ATMなどです。しかもローソン、ファミリーマート、セブンイレブンなどでは、営業時間であれば24時間いつでも返済が可能です。

手数料無料となる提携ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • @BANK
  • ゆうちょATM
  • ローソンATM
  • イーネット(E-net)ATM
公式サイト・お申込みはコチラ

三井住友銀行カードローンの基本情報

融資金額 10万円~最高800万円(10万円単位)
貸付利率(実質年率) 4.0%~14.5%
遅延損害金(年率) 19.94%
保証人・担保 不要
必要書類 本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)等)
収入証明書(ご本人さまのご年収が確認できる資料をご準備ください)
入会費・年会費 不要

融資・返済

融資方法 ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等から引き出し可能
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング方式
返済期間及び回数 5年毎(当初ご契約日より5年後の応当日)の自動更新
返済方法 口座自動引落、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等から返済可能

会社概要

商号 株式会社三井住友銀行
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
受付時間 9時~21時(1月1日を除く)
お問い合わせ電話番号 0120-923-923
登録番号 関東財務局長(登金)第54号
貸金業登録番号
今すぐ審査の申し込みへ

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・