バンクイックをコンビニATMで使いこなす!三菱東京UFJ銀行カードローンの提携ATMの利用方法を知っておきましょう!

バンクイックはコンビニATMでいつでも手数料無料で利用できる

24時間コンビニエンスストア三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、「バンクイック(BANK+QUICK)」という名が示すように、銀行カードローンとしては借入までのスピーディさ、クイックな反応にも定評がある。

さらにバンクイックは、三菱東京UFJ銀行のATMはもちろん、セブン銀行・ローソンATM・イーネットなどのコンビニATMでも手数料無料で利用できる。

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニ以下、ほとんどすべてのコンビニで、しかも手数料ゼロというのは大きなメリットと言えるだろう。

バンクイックをコンビニATMで利用する際の操作方法

バンクイックは利便性の面でも定評がある。コンビニならどこにいても利用できるので非常に手軽だし、手数料を徴収するカードローンが多い中にあって終日無料というのは見逃せないメリットとなっている。そんなコンビニATMの利用が不慣れだという方のために、ここでは各コンビニATMの操作方法について解説していこう。

セブン銀行ATM(セブンイレブン)でのバンクイック操作方法

セブン銀行ATMは、セブン&アイホールディングスのセブンイレブンや、イトーヨーカドーなどに設置されている。

セブン銀行ATMでバンクイックから借り入れする場合
  • バンクイックのローンカードを挿入
  • 画面の「お引き出し」を押す
  • 暗証番号の入力
  • 引き出したい金額を入力する
  • 「カードローン」を選択する
  • 「確認」を押す
  • 現金と利用明細、ローンカードを受け取る
セブン銀行ATMからバンクイックに返済する場合
  • バンクイックのローンカードを挿入する
  • 「ご入金」を選択
  • 暗証番号の入力
  • 「カードローン一部返済」を選択
  • 返済金額を挿入する
  • 「確認」を押す
  • ローンカードと利用明細を受け取る

ローソンATM/イーネット(ファミリーマート)でのバンクイック操作方法

ローソンATMはローソン、イーネットはファミリーマートなど、主にセブンイレブンとローソン以外のコンビニに設置されている。

ローソンATM/イーネットでバンクイックから借り入れをする場合
  • 「取引開始」を押す(イーネットの新型はそのまま挿入)
  • 「カードローン」を選択
  • 「お借入」を選択
  • 暗証番号の入力
  • 希望額の入力
  • 明細を発行するかしないかを選択
  • ローンカードと現金を受け取る
ローソンATM/イーネットからバンクイックに返済する場合
  • 「取引開始」を押す(イーネットの新型はそのまま挿入)
  • 「カードローン」を選択する
  • 「ご返済」を選択し、「確認」を押す
  • 返済金額を投入する
  • ローンカードと利用明細を受け取る

バンクイック提携ATMは24時間、手数料¥0で利用できる

24時間オープンしてます

バンクイック提携コンビニATMはほぼ24時間利用OK

ATMを利用できるのは、原則として0:10~23:50まで。ほぼ24時間利用できるので、いつでもどこからでも手数料ゼロで引き出せる。
ただし、毎週月曜日の深夜1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00の時間帯に関しては、メンテナンスのため使用することができないので注意しよう。
また、それ以外でも臨時メンテナンスを行うこともあるので、詳細は各ATMのホームページなどでの確認もお忘れなく。

ファミリーマートでのバンクイックの利便性も高まります

ファミリーマートと、ユニーグループのサークルKサンクスが経営統合することに伴い、全国のサークルK及びサンクスはファミリーマートに統一されることになる。

ファミリーマートとサークルKサンクスで営業エリアがかぶっている店舗についてどうなるかは未定だが、少なくともファミリーマートの店舗数が一気に増えることは十分に予想される。

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックを利用しているファミリーマートユーザーにとっては、ますます利便性が高くなることは間違いないだろう。

バンクイックのコンビニATM借り入れ方法は簡単!1,000円単位での引き出しもOK

バンクイックの借り入れも返済も使い方はいつものATMとほぼ同じ

提携するコンビニATMをあまり利用したことのない人にとっては、慣れないATMを使うことに若干の抵抗を感じる人も少なくないかもしれない。しかし、操作方法はこれといって特に難しくはないので安心して差し支えない。
バンクイックのローンカードを差し込めばそのまま使えるATMもあれば、ローンカードを差し込む前に「取引開始」を押さなければならないATMもあるが、違いといえばそれくらいしかない。基本的な操作方法は、普段使用しているATMと変わらないので安心だ。

バンクイックは1,000円単位でも引き出せるので無駄な借り入れも防げる

利便性が高まっているカードローンではあるが、引き出せる金額は10,000円単位からというカードローンも多い。そのため、仮に11,000円が必要だった場合、20,000円引き出す必要があるため、大きな無駄が発生するケースもある。
しかし、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの場合は、1,000円単位での引き出しが可能となっている。必要なときに必要なだけ借り入れることができるというメリットがある。よけいな借入を増やさないためにも、これはありがたいシステムと言える。

バンクイックはコンビニATMから通常返済もできる? 任意返済のみ?

通常、銀行カードローンの多くが約定日の引き落としによって返済が完了するシステムが多い。つまり、いくら提携ATMからせっせと返済をしていても、それはあくまでも「任意返済」としかみなされないため、約定日に引き落としできなければ遅延扱いとされてしまうのだ。
では、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの場合はどうだろうか? やはり他行と同様に約定日の引き落としが原則となっているのだろうか?<

バンクイックの「35日ごとの返済」なら提携ATMから通常返済ができる

事前の登録は必要となるが、バンクイックでは提携ATMからの返済も可能となっている。
バンクイックの契約時に、毎月の約定日に口座から引き落とされる「毎月指定日返済」か、35日サイクルでの返済を行う「35日ごとの返済」かのどちらかを選ぶことができる。
ここで、「35日ごとの返済」を選択しておけば、ATMからの返済でも約定日に引き落とされたのと同じように、返済が認められるシステムになっている。
ただし、契約時に「35日ごとの返済」を選択していない場合でも、「毎月指定日返済」さえ選択していなければ、自動的に「35日ごとの返済」となる

バンクイックの「35日ごとの返済」を選ぶと指定日の引き落としは行われない

35日ごとの毎月指定日返済についてもう少し詳しく説明しておくと、つまり、「返済した日から数えて35日目が返済期日(初回借り入れ時のみ借り入れた日が基点)」という意味である。初回借入から35日目までに返済すれば、いつ返済しても構わないのがこのシステムなのだ。

35日以内の返済した時点で、また返済期日がリセットされる

仮に、借り入れから10日目に第一回目の返済を行えば、第二回目の返済はそこから35日内ということになる。ちなみに、その間に追加の借入を行ったとしても、基準となるのはあくまでも返済した日から換算した日にちとなるので注意しよう。

バンクイックのコンビニATMからの返済は最小返済額に注意

コンビニATMからの返済を行うにあたって注意したいのが「最小返済額」だ。
バンクイックに限らず、どんなカードローンでも返済における最小返済額が決められている。これを下回った金額を入金しても、返済とはみなされないので十分に注意しよう。

バンクイックの最小返済額は10万円ごとに2,000円です

ちなみに、最小返済額は借入残高によって異なる。10万円以下の借入であれば最小返済額は2,000円、以後借入残高が10万円増すごとに2,000円がプラスされていく。つまり、借入残高が50万円であれば、最小返済額は10,000円となる。

バンクイックは40万1円でも1万円、1万円でも2,000円が最低返済額になります

例えば、借入残高が40万円だと思い込んで8,000円を入金しても、借入残高が1円でも多ければ最小返済額は10,000円となるため、通常返済とはみなされなくなってしまう。これはちょっと極端な例ではあるが、そういったことも十分にあり得る話として意識しておいて損はない。いまの借入総額をきちんと把握しておこう。
逆に、どんどん返済をして借入残高が減っていけば、10万円ごとに2,000円ずつ減っていくことになる。その時点で多めに返済をしていけば、早期完済も可能となるし、金利の無駄も省くことができる。

三菱東京UFJ銀行に口座がなくても作れるのがバンクイックの強み

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックは、三菱東京UFJ銀行の口座がなくても作ることができる。
銀行カードローンの多くは、自行の口座を持っていることを申し込み条件にしているところもあるし、口座がなくて申し込むことはできても、申し込み後に口座開設をしなければならないケースがほとんどなのが現状となっている。

口座を持っていない人にも配慮されたバンクイックのシステム

そういった意味では、バンクイックは比較的自由度の高い銀行カードローンと言える。提携するコンビニATMの手数料が終日無料で利用できるのも、口座を持っていないユーザーに対しての配慮と見ることもできる
もちろん、口座引き落としで返済した方がある意味で楽であることには違いないが、わざわざ口座を開設してもカードローンの返済以外でしか利用しないのであれば、最初からコンビニATMからの返済を念頭に置いておく方がいいとも言えるだろう。

バンクイックは無料ですが100円~200円程度のATM手数料も決してバカにできません

多くのカードローンは、提携ATMの手数料に100円+税~200円+税の手数料が必要となる。
一見すると、たった100円や200円という金額だけをみれば、それほどの負担も感じないような金額のようにも思えるかもしれない。しかし頻繁に借入→返済を繰り返していると大きな無駄が発生してしまう結果ともなる。手数料は決してバカに出来ないのだ。

コンビニATM手数料はカードローンのヘビーユーザーにとってはかなりの負担減です

ただでさえ金利が含まれているわけだから、それに加えて手数料まで負担となると実にもったいない。中には手数料だけで月に1,000円以上負担している人も少なくないし、そうなれば年間12,000円、5年間で60,000円も損する計算となる。
バンクイックであればそうした無駄が一切発生しないので、ヘビーユーザーにとってどれだけの負担減となるのか想像に難くない。カードローンの利用で手数料を意識しておくこともまた、大切なポイントと言えるだろう。

バンクイックは使いこなすだけの魅力のあるカードローン

このようにバンクイックはその利便性の高さにおいても人気の高い銀行カードローンとして知られている。さらに専業主婦でも気軽に申し込める点が消費者心理を掴んでいる。うまく使いこなして欲しい。

バンクイック徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・