バンクイックの在籍確認は必須? 職場への電話を避ける方法は?

バンクイックの電話での在籍確認は必ず行われる?

ビジネスフォンカードローンの審査では、必ず職場への在籍確認というものが行われる。もちろん、バンクイックでも例外なく在籍確認は必須となる。
カードローンへ申し込んだ事実を職場の誰にも知られたくないという人は多いはず。そのため、「在籍確認」と聞いただけでビクビクしてしまう人も少なくない。

在籍確認でカードローンの名前を名乗ることはありません

だが、バンクイックに限らず、どのカードローンであっても在籍確認でカードローンの名前を出すところはないので安心して欲しい。
消費者金融でさえ個人名でかけてくるし、銀行の場合もほとんどは個人名で在籍確認の電話をかけている。「バンクイックの申し込みに関しまして……」といったようなことを言われることはないので心配する必要はない。

そもそも何で電話で在籍確認をするの?

在籍確認が嫌いな人にとって見れば、「なぜわざわざ在籍確認なんかするんだろう」と思ってしまう人もいることだろう。
しかし、在籍確認は審査上なくてはならない大切なものなのだ。その中でも一番早く確実なのが電話での在籍確認ということだ。

信用がなければ融資は受けられません

カードローンへ申し込むということはお金を借りること。貸す側としてはその相手がお金を貸すに値する信用性を持っているかどうかが大事。それを知るための手段として審査を行うのである。
審査の基準は至極単純で、要は「貸したお金を返すことができる人かどうか」という点に絞られる。それを見極めるため、審査を行うのである。

信用を得るための第一段階が「申込書の記入内容」です

その信用性を得るための第一関門が、申込書の記入となる。当然ながら申込書に記入されていることが虚偽であれば、審査通過などあり得ないことになる。
本人確認の電話はもちろん、勤務先への在籍確認にしても、申し込み内容に嘘が無いかどうかを知るための大切な判断材料なのである。

昔の勤務先や勤務実態のない大企業を記入する人もいます

残念ながら、虚偽の申告をする人がいるのもまた事実なのだ。例えば、現在無職なのに以前の勤務先を記入したり、実際はその会社に勤務していないにも関わらず、有名な大手企業の名前を記入したりというケースがあるのだ。
当然、そのようなことをすれば在籍確認などですぐにバレてしまうため、借入など到底不可能となる。もちろん、嘘の内容で申し込みをすれば他の業者にその情報が共有されることもあるため、結果的に自分で自分の首を絞めてしまうことになる。

在籍確認はしっかりした審査を行っている証拠です

在籍確認を行うということは、しっかりとした審査を行っている証拠でもある。もし、在籍確認すら行わないようなところなら逆に怪しい業者ということも言える。ろくな審査も行わずに貸すような業者は、明らかに怪しいので利用しない方が無難なのだ。ヘタをすればヤミ金のような違法業者の餌食ともなりかねないので十分に注意しよう。

実際の在籍確認ってどんな感じなの?

電話での在籍確認というと、「色々なことを聞かれたりするんじゃないか?」と考えてしまいがちだが、実際は1分もかからない程度で終了する。
なぜなら、目的はあくまでも「在籍確認」だからだ。本人がその会社に勤めていることさえ確認できればそれで在籍確認は終了となる。
本人が電話に出られなくても、電話に出た事務員が「○○はいま外出しております」と答えるだけでも在籍の裏が取れるわけだ。本人が電話に出られれば一番理想だが、出られなかったからといって「在籍確認が取れなかったため審査落ち」ということにはならないので安心していい。

同僚への言い訳も有効です

普段、あまり個人宛ての電話がかかってこないような会社であれば、やはり在籍確認には気を使ってしまう場合もあるだろう。
電話を受けた事務員や同僚が何も聞いてこなければそれでもいいが、場合によっては「何の電話だったの?」と聞かれる可能性もある。その際には言い訳を用意しておくのもひとつの方法だ。

クレジットカードや保険など言い訳はたくさんあります

言い訳はいくらでも用意することができる。もっとも有効なのはクレジットカードだろう。「クレジットカードを作ったから確認の電話です。」というのもいいし、「保険契約の確認の電話」でもOKだ。
最近はネット保険の普及で、保険会社から職場に電話確認があるというケースも少なくない。
いずれにせよ、在籍確認の電話によって変に勘繰られているような状況なら、言い訳ひとつで十分に危機を脱することができる。

バンクイックでは電話の在籍確認を避けることはできません

バンクイックでは電話の在籍確認を避けるということはまず不可能だが、上述のように在籍確認から職場バレしてしまうことはほとんどないと考えていいだろう。

電話の在籍確認について考慮してくれるがモビットとプロミス

どうしても在籍確認は嫌だということであれば、例えば消費者金融の中には在籍確認の代わりに健康保険証など在籍の証拠を示せる書類を提出すればOKというところもある。「WEB完結申込」のモビットが有名だ。

また三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)も相談が可能。電話での在籍確認に対して要望がある場合、申込完了後すぐに相談することで対応してくれる。これらの消費者金融の利用をおすすめする。

バンクイック徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・