バンクイックの返済方法は!? 期日や返済額について調べてみた!

バンクイックでは幅広い返済方法を選べます

ビジネスマンとスマートフォン三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの返済方法は、初めてカードローンを利用したという人でも「返済しやすい」という特徴がある。
多くの銀行カードローンの場合、原則として口座引き落としをもって返済完了となるところが多い。もちろん提携ATMからなどの返済も可能だが、それらは任意での返済となるため、口座引き落としができなきなければ遅延扱いとなってしまう。
しかし、バンクイックの返済方法は口座引き落としだけに限られていないため、返済がしやすいというメリットがあるのだ。
ここでは、バンクイックの返済方法について詳しく解説していこう。

バンクイックは3つの返済方法から好きな方法で返済できる!

バンクイックでは、以下の3通りの返済方法がある。

  • 自動支払い(口座引き落とし)
  • ATM返済
  • 振込返済(ネット返済)

以上の3つとなっているが、それぞれの特徴については以下のようになる。

自動引き落としは希望の引落日を選べます

自動支払いは口座引き落としでの返済方法となる。引き落とし口座は三菱東京UFJ銀行の普通口座のみに限られ、「自動支払依頼書」を提出して手続きをしなければ利用できない。ただし、毎月の支払日は自分の好きな日を指定することができる。

万が一残高不足などで引き落としできなかったら?

自動支払いを希望したものの、うっかりして口座に入金しておくのを忘れてしまったりすると残高不足で返済は不可能となってしまう。口座への入金は当日の19時まで受け付けているが、それ以降になると引き落としができないためそのままでは遅延となる。
バンクイックの場合は、返済当日の19時までに口座へ入金できなかった際には、19時以降もしくは翌日以降にATMから返済すればOKということになっている。

ATM返済ではすべてのコンビニが利用可

ATMからの返済は三菱東京UFJ銀行のATMはもちろんのこと、提携ATMからの返済もOK。利用できる提携ATMは、セブン銀行、ローソンATM、イー・ネットとなる。ほぼすべてのコンビニATMが利用できる上、手数料も無料なので利便性は高い。また、三菱東京UFJ銀行のATMであれば硬貨の取り扱いもしているため、細かく返済することもできる。

ネットバンキングを利用すれば振込返済もOK

三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキング「三菱東京UFJダイレクト」を利用すれば手数料無料でネット返済も可能だ。ATMから振込みを利用すると所定の手数料が発生する。ちなみに返済のための振込先口座は利用者ごとに異なるため、三菱東京UFJ銀行の会員ページから「振込返済先口座照会」のボタンから確認しておくことをお忘れなく。
ちなみに、振込み時間が15時を過ぎてしまうと翌営業日扱いとなってしまうので注意しよう。

ATM返済の場合は「35日周期」と「指定日」の2つの返済期日を選べます

自動支払いを選択した場合は毎月の指定日に口座から引き落とされるが、ATM返済の場合はそれに加えて「35日ごとの返済」を選ぶこともできる。
少々分かりにくい返済方法だが、これは消費者金融などでも行われている返済方法で、分かりやすく言えば「35日以内に返済すればよい」ことになっている。

35日以内であればいつでも返済OK

分かりやすい例を挙げて解説しよう。
仮に、初回借り入れが1月1日だったとする。そうすると次の返済期日は35日後の2月4日となる。つまり、2月4日までに返済を行えばいつ返済してもOKなのだ。
また、2回目以降の返済は前回の返済日翌日から35日以内という流れとなる。仮に初回の返済を1月31日に行ったとすれば、2月1日~3月7日までの間に返済すればOKとなる。
このように、返済日翌日から数えて35日というのが返済期日となる。

毎月の返済日を指定してATM返済する場合

ATM返済でも、自動支払いと同様に自分の好きな支払日を指定することができる。
この場合、返済期日の14日前以降であればいつ入金しても返済扱いとなる。だが、返済期日の14日より前に返済してしまうと返済されたとみなされないので注意しよう。返済期日の14日よりも前に返済をしてしまうと、任意返済という扱いとなってしまう。

返済期日を忘れそうなら便利なEメールサービスを利用しよう

バンクイックでは、返済期日が近づくとEメールで知らせてくれる便利な機能も利用できる。計画的な返済を行うためにも、ぜひ活用したい機能だ。

気になる毎月の返済額はどのくらい?

バンクイックの返済額は、借入額が10万円増えるごとにキリのいい金額で区切られているため、分かりやすい返済システムとなっている。

限度額が200万円以内か200万円超かで返済額が異なります

バンクイックでは、利用限度額が200万円以内の場合と200万円超の場合とで返済額が異なっている

利用限度額が200万円以内の人
  • 10万円まで・・・2,000円
  • 20万円まで・・・4,000円
  • 30万円まで・・・6,000円
  • 40万円まで・・・8,000円
  • 50万円まで・・・10,000円
  • 50万円以上・・・借入額10万円増加ごとに+2,000円ずつ
利用限度額が200万超の人
  • 10万円まで・・・1,000円
  • 20万円まで・・・2,000円
  • 30万円まで・・・3,000円
  • 40万円まで・・・4,000円
  • 50万円まで・・・5,000円
  • 50万円以上・・・借入額10万円増加ごとに+1,000円ずつ

これらの返済額は最低支払額となるので、最低でもこの金額を返済しておけば間違いない。もちろん、あくまでも最低支払額なので、余裕のある月はそれ以上の金額を返済することも可能だ。

バンクイック徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・