みずほ銀行カードローンの金利って実は意外と高いって本当!?

みずほ銀行カードローンは決して低金利とは言えない?

金利計算の電卓みずほ銀行カードローンは、数あるカードローンの中で見ても人気の高いカードローンとして知られている。特に、貸付限度額は業界トップの1,000万円を誇り、金利も4.0~14.0%と低金利、という点が魅力とされている。
その他、みずほ銀行で住宅ローンを利用していれば、カードローンの金利が0.5%優遇されるという点も大きな魅力ポイントと言えるだろう。

しかし、みずほ銀行カードローンだけに限らずどのカードローンにも言えることだが、それぞれにメリットもあればデメリットもある。ここでは敢えて、みずほ銀行カードローンのデメリットについても触れておきたい。

金利面で得をするのは高額貸付者のみ

基本的にカードローンは多く借りれば借りるほど金利が低くなるシステムとなっている。大抵の場合、限度額数十万円で借入をすると最高金利での貸付となる。最高金利が18.0%のカードローンであればそれが適用されるし、みずほ銀行カードローンの場合、限度額が100万円未満だと最高金利の14.0%が適用されるシステムとなっている。

ちなみに、みずほ銀行カードローンの金利設定は以下のようになっている。

みずほ銀行カードローンの限度額別金利設定
  • 10万円~100万円未満 ― 14.0%
  • 100万円~200万円未満 ― 12.0%
  • 200万円~300万円未満 ― 9.0%
  • 300万円~400万円未満 ― 7.0%
  • 400万円~500万円未満 ― 6.0%
  • 500万円~600万円未満 ― 5.0%
  • 600万円~800万円未満 ― 4.5%
  • 800万円~1,000万円以下 ― 4.0%

以上のようになっている。上記の通り、みずほ銀行カードローンでは数十万円の貸付限度額なら金利14.0%が適用されるが、同じ数十万円を借りるにしても貸付限度額を100万円以上にすれば金利面でも2.0%お得になるわけである。

借りられるなら多い方が良い!限度額が多い方が金利で有利!

例えば、緊急で50万円が必要になったためみずほ銀行カードローンに申し込もうと考えた場合、借入希望額50万円で申し込むよりは、100万円で申し込んでおけば金利で2.0%得をすることになる。
単純に、50万円で14.0%の年率と12.0%の年率を比較すれば年間1万円もの差が生じる。借入する時は金利面まで細かく意識する人は少ないかもしれないが、こうしたことも意識するようにすれば余計な無駄を省くこともできるのである。

みずほ銀行カードローンの金利を他行と比較

みずほ銀行カードローンは最低金利4.0%、最高金利は14.0%である。この数字だけ見ると、他行と比較しても低い金利設定となっている。

見た目の数字だけで他行カードローンと比較してみると、

  • みずほ銀行カードローン ― 4.0~14.0%
  • 三井住友銀行カードローン ― 4.0~14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック ― 4.6~14.6%
  • オリックス銀行カードローン ― 3.0~17.8%
  • 楽天銀行スーパーローン ― 4.9~14.5%
  • 新生銀行カードローン レイク ― 9.0~18.0%

このようになる。主な銀行系カードローンを挙げてみたが、単純に最低金利から最高金利までを見る限りは、みずほ銀行カードローンの低金利が目立っているのがお分かりになると思う。
だが、一見すると低金利に見えるみずほ銀行カードローンも、貸付限度額ごとの金利設定を見ると決して低金利とは言えない状態になってくるのである。以下にその比較をまとめてみた。

みずほ銀行カードローン 三井住友銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン オリックス銀行カードローン 楽天銀行スーパーローン 新生銀行カードローン レイク
50万円まで 14.0% 14.5% 14.6% 17.8% 14.5% 18.0%
100万円まで 14.0% 12.0% 12.6% 12.0% 14.5% 15.0%
200万円まで 12.0% 10.0% 9.6% 9.0% 9.6% 12.0%
300万円まで 9.0% 8.0% 7.1% 6.0% 6.9% 9.0%

こうして比較してみると一目瞭然だが、みずほ銀行カードローンの低金利を実感できるのはせいぜい50万円まで。50万円を超えた借入となると他行の方が圧倒的に低金利となる。
消費者金融並みの最高金利となっている「オリックス銀行カードローン」に至っては、50万円までと50万円以上とでは5.8%も開きがある。その他の銀行カードローンも軒並み金利が下がるが、みずほ銀行カードローンはこの時点でも最高金利が適用される。

100万円超の金利は消費者金融並み!

100万円を超えた金利を見ると、他行はほとんど一桁の金利となっているのに、みずほ銀行カードローンだけは12.0%。「新生銀行カードローン レイク」も12.0%だが、このカードローンは元々レイクという名前の消費者金融を新生銀行が引き継いで、現在ではカードローンの名称として使用されている。金利を見ても分かるように現在でも実質的に消費者金融と変わらないと考えていい。
そう考えると。100万円を超えてもなお12.0%という金利設定になっているみずほ銀行カードローンは、消費者金融並みの高金利ということになってしまう。

なるべく最大貸付額に近い金額で借入を

みずほ銀行カードローンの場合は他行よりも最大貸付額が大きい。最大貸付額1,000万円ということを考えると、100万円や200万円、300万円という金額では他行よりも金利が高めになってしまう。貸付金利でお得をするなら、せめてさらにもっと高額な貸付額を希望しなければ、他行よりも損する結果となる。

金利の低さ=借りにくさのバランスを見極めよう

みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行の住宅ローンを利用していれば0.5%の金利が優遇されるが、それで比較したとしてもせいぜい新生銀行カードローン レイクより若干条件が良くなる程度で、他行の金利の方が低い。
もっとも金利は借りやすさと反比例となっているので、闇雲に低ければ良いというわけでは無い。いくら金利が低くても借りられなければ意味が無い。何事もバランスが大切なのだ。

貸付限度額を最大に設定すれば借りやすくて良いローン

最大貸付額1,000万円は確かに魅力的ではあるが、カードローンを利用している人の多くはそこまでの金額は必要としていない。大抵の人は数十万円~多くても300万円も必要かどうかといったところだろう。そういう視点から考えると、高額な貸付を希望しないユーザーには、借りやすいけれどもメリットがあまり感じられないカードローンになってしまっている点は否めない事実である。
とはいうものの、希望額を最大貸付額近くまで引き上げることができれば、低金利での利用は十分に可能だ。年収もそれなりに高く、属性にもある程度の自信があるなら、十分に利用してみる価値はあるカードローンと言えるだろう。

みずほ銀行カードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・