みずほ銀行カードローンは、なぜ家族にばれないで借りられるのか!?

家族に絶対ばれたくないならみずほ銀行カードローン!

ほおづえをついて悩む女性カードローンでキャッシングをするということ自体、今では当たり前になってきている。
しかし、いくら手軽にキャッシンングができるようになったとはいってもそこはやはり借金ということもあり、友人・知人、そして家族にも知られたくないという人も少なくない。

実際にみずほ銀行カードローンは家族にばれないのか?

カードローンの利用が家族にばれてしまう理由をいくつか挙げてみよう。

  • 本人確認の電話が自宅へかかってくる
  • 借入先の金融会社名が書かれた郵便物が届く
  • 会社への在席確認

家族にばれてしまう理由の多くが以上のようなことが原因となっている。
ではみずほ銀行カードローンの場合はどうなのかというと、100%確実にばれないとは言い切れないが、ばれる可能性を限りなく低くすることは可能だ。

自宅への電話はほとんどない

最近では、携帯電話やスマートフォンの普及に伴って、本人確認の電話が自宅へかかってくることはまずない。
本人確認の電話は、申し込んだ人が本当に本人かどうかを確認するための電話なので、携帯電話があれば十分。

ましてやみずほ銀行カードローンの場合、申し込みの時点で連絡用の電話番号を自宅か携帯電話かをこちらで指定することもできる。従って、本人確認の電話で家族にばれるリスクはかなり低いので安心してほしい。

ただし、万が一にも携帯電話を持っていないという場合は、自宅の電話でしか本人確認ができないので注意しよう。

みずほ銀行は必ず郵便物が送られてくる?

カードローンに申し込むと、契約書類やローンカードなどが後から郵送されてくる。消費者金融の中にはWEBですべての手続きが完結させることができる上に、郵送物も一切なしで手続きできるところもある。
しかし、ほぼすべてのカードローンは、必ず自宅に郵送物が送られてくることになる。

敢えて例外を挙げるとすれば消費者金融や一部銀行の自動契約機を利用した場合は、その場で契約書類もローンカードも受け取れるので郵送の心配はない。

だが、それ以外のカードローン――特に銀行カードローンに関しては郵送物が送られて来ないようにするのはほぼ不可能。みずほ銀行カードローンもどのような申し込み方をしても必ず郵送物は送られてくる。

みずほ銀行カードローンは輸送物を契約書類のみにすることができる

ただし、みずほ銀行カードローンには他のカードローンにはないメリットがある。
みずほ銀行カードローンの利用には口座が必須。口座を持っていれば当然ながらキャッシュカードがあるはず。みずほ銀行カードローンは、そのキャッシュカードにカードローン機能を搭載することが可能なのだ。これを利用すれば、後からローンカードが送られてくることを防ぐことができる。

キャッシュカード一体型のローンカードで万事解決!

その場合は、申込段階で「キャッシュカード兼用型」のカードを選択する必要がある。そうすれば、審査完了後すぐに手元のキャッシュカードでカードローンを利用することが可能となる。
そうすれば、後から郵送されてくるのは契約書類のみだけ。封筒には「みずほ銀行」の名前が記載されてしまってはいるが、「口座を開設したからその案内」などと説明すれば十分に筋道が通る。何も問題なくやり過ごすことができるので安心しよう。

職場への在席確認はどうなる!?

カードローンに審査は付き物。従って在席確認も避けることはできない。
在席確認は申込書に記載されている勤務先が本当に実在するか、そしてその勤務先に申込者が在籍しているかということを確認するためにも必要なものだ。

ここで銀行名などを名乗られたら嫌だと感じる人もきっと多いはず。みずほ銀行カードローンの場合はどうかというと、私が調べた限りでは個人名でかけてくる場合と、「みずほ銀行です」と名乗ってかけてくる場合とがあるようだ。わざわざ銀行名を名乗るときと個人名でかけるときのボーダーラインが今一つはっきりしないが、銀行は行名を名乗ることの方が多い。

うろたえるのは厳禁!堂々としていよう

しかし、例え「みずほ銀行です」と名乗ってきたとしても慌てる必要はどこにもない。「クレジットカード一体型のキャッシュカードに申し込みました」とでも言っておけばまったく問題ない。

口座を開設しただけでは職場まで確認の電話がかかってくることはないので、必ず「クレジットカード機能付きの・・・」という言葉を加えておこう。逆に、何も聞かれていないのにこちらから言い訳がましく説明する方が不自然となるので注意しよう。

まとめ|みずほ銀行カードローンは家族にばれるリスクが低い

以上のように、みずほ銀行カードローンは総体的に見ても家族にばれてしまうリスクはかなり低いと言えるだろう。安易に適当なカードローンに申し込んで家族にばれてしまうようなリスクを背負ってしまうよりは、みずほ銀行カードローンのようにリスクの低いところを選択するのも必要なことだと言える。

どうしても個人名を名乗って欲しいときは相談次第で可能な場合も

在席確認などの際に、「どうしても銀行名を名乗って電話してくるのはやめてほしい」という場合、その旨を相談すれば応じてくれる可能性もある。

例えば、「女性からかかってくると変に疑われてしまう」ということもある。「不倫しているのでは?」とか、「浮気では?」という変な噂が社内に広まってしまうのも問題だ。そういう場合は、「確認の電話は男性でお願いします」などと言えば応じてくれることもあるので、気軽に相談してみるのがおすすめだ。

みずほ銀行カードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・