キャッシュカード兼用型なら家族バレ無し!みずほ銀行カードローン兼用型のメリット

ローンカードの郵送バレを避けるには?

両手で顔を隠す女性通常、カードローンといえばキャッシングに利用する専用カードが発行されるのが普通だ。
カードローン自体はとても便利なものだが、契約後に送られてくるローンカードを家族に見つかってバレてしまったというケースも少なくない。
どうしても家族バレを防ぎたかったら、通常は消費者金融などの自動契約機を利用して直接カードを発行してもらったりするしか方法がない。ましてや自動契約機のある消費者金融ならともかく、自動契約機のない銀行カードローンなら確実にローンカードが郵送されてくることになる。

消費者金融とは一線を画す銀行カードローン

消費者金融などはテレビで積極的にCMを流したりもしている。そのため、カードローンというと消費者金融をイメージしてしまう人も多いかもしれない。銀行でもカードローンを扱っていることは知っていても、消費者金融のカードローンと同じものと考えている人も多いはず。

銀行カードローンにしかないサービスが魅力

しかし、同じカードローンでもそれぞれにメリットもあればデメリットもある。銀行カードローンのメリットといえば「低金利」や「総量規制の対象外」といった部分が挙げられる。それ以外にも、銀行カードローンには銀行にしかできないサービスを提供している。最もそれが顕著なのは、みずほ銀行カードローンだ。

みずほ銀行はキャッシュカードでカードローンが利用できる

みずほ銀行カードローンの最大のメリットは、キャッシュカードをそのままローンカードとして利用することができるという点だろう。
みずほ銀行カードローンに申し込むと、カードローン専用型のカードか、キャッシュカード兼用型のカードを選ぶことができる。カードローン専用型は、文字通りカードローンのみに利用できるカード。他のカードローンのように、申し込み後に郵送で送られてくるタイプとなる。

銀行のカードをそのまま利用できるメリット

一方のキャッシュカード兼用型は、口座さえもっていればカードローン申し込み後すぐに手持ちのキャッシュカードでカードローンを利用できる。後からカードが送られてくるという手間が無いのもメリットだ。
みずほ銀行カードローンではキャッシュカードにカードローン機能を搭載するというシステムを活用することで、即日融資、現金引き出しも可能としている。参考までに言っておくが、みずほ銀行カードローンで即日融資を受けたいと思ったら、事前に口座を開設してキャッシュカードを持っておく必要があるので理解しておこう。

自動貸越機能&スイングサービス

みずほ銀行カードローンには、自動貸越機能やスイングサービスなどという便利な機能も備わっている。
自動貸越機能は、キャッシュカードで普通預金を引き出そうとした際に、残高が不足して希望金額を引き出せなかったとする。通常であれば、残高不足で引き出すことができないが、カードローンから不足分を補って引き出せるようにしてくれるシステム。
これはキャッシュカード兼用型のみ利用できるサービスで、カードローン専用型では利用できないサービスとなっている。

返済超過分を自動で貯金しておいてくれる機能

スイングサービスには、自動振替サービスと自動融資サービスのふたつがある。
自動振替サービスは、みずほ銀行ATM・ローソンATM・イーネット(ファミリーマートなど)からカードローン口座へ入金した際、カードローンの残高がプラスになると自動的にみずほ銀行の口座へ入金してくれるサービス。

残高不足の際に自動でお金を融通してくれる機能

自動融資サービスは、公共料金等の引き落とし時に残高不足で引き落としされない場合に、カードローンから自動的に融資が行われて決済が可能となるサービスとなる。
キャッシュカード兼用型であれば自動振替サービスが標準付帯されており、カードローン専用型は追加ではオプションとなる。尚、自動融資サービスはキャッシュカード兼用型・カードローン専用型共にオプションとなっている。

キャッシュカード兼用型にもデメリットがある

みずほ銀行カードローンも、他のカードローンと同様に提携ATMを利用できる。
提携ATMは、コンビニATMほか、提携先の都市銀行・地方銀行・信用金庫、それにゆうちょ銀行とも提携している。

キャッシュカード兼用型で利用できるのはコンビニATMのみ

ただし、キャッシュカード兼用型では提携先の金融機関やゆうちょ銀行では利用できない。利用できるのはコンビニATMとみずほ銀行のATMのみとなる。
一般的にはコンビニATMの利用が可能であれば、利便性の面では問題はないようにも感じる。提携先の金融機関で利用できないことがメリットかデメリットかという部分に関しては、利用する側の価値観にもよるだろう。

提携先ATMは有料のため、あまり影響はない

しかし、一部提携先ATMが利用できないとは言っても、キャッシュカードをそのままカードローンとして利用できるメリットはかなり高いと言える。どのみちみずほ銀行カードローンは提携先ATMを利用すれば手数料がかかってしまうので、頻繁に利用するのはおすすめできない。
貸付限度額や低金利という面ばかりが注目されるみずほ銀行カードローンだが、キャッシュカード兼用型に代表されるように銀行の特色を生かした様々な便利サービスを提供している。そうした部分もまた、みずほ銀行カードローンが人気を集める理由ともなっている。

みずほ銀行カードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・