みずほ銀行カードローンでスピード融資を受けるために押さえておきたいポイント5つ!

みずほ銀行口座があればスピード融資も難しくない

キャッシュカードのアップ専業主婦でも借りられることで支持率が高いみずほ銀行カードローン。その人気の秘密といえばスピード融資にも対応していること。

特に、WEB完結で申し込めば実にスムーズWEB完結申込であればあるていどは書類提出の時間が省ける分、審査も早い段階で終わらせることが可能となる。ここでは、みずほ銀行カードローンでスピード融資を受けるポイントについてご紹介しよう。

POINT1:口座開設

みずほ銀行カードローンでスピード融資を受けるためには、みずほ銀行の口座を持っていることが大前提。口座が無くても申し込みはできるが、例え審査に通過しても申し込み後に口座を開設しなければカードローンの利用はできない。口座があってこそのスピード融資ということになるので、まずは口座を開設しておくことが重要。

WEB完結申込→スピード融資にはキャッシュカードが不可欠

さらに、後述するがスピード融資を受けるためにはキャッシュカードがなければならない。口座を開設してもキャッシュカードは後日郵送されてくるため、WEB完結申込の利用ができなくなる。言い換えれば、みずほ銀行カードローンのスピード融資は、元々口座を持っている人のための優待のようなものなのだ。

まずは口座を開設し、キャッシュカードを手に入れよう

従って、「今すぐお金が欲しいけどこれから口座を開設しなければならない」という人は、スピード融資を受けるのは厳しいと言わざるを得ない。まずは口座を作って、キャッシュカードが手元に届いてからが大事なのである。

POINT2:ネットで申し込む

みずほ銀行カードローンの申し込み方法は4つある。

  • 電話
  • 郵送
  • 窓口
  • インターネット

このうち、スピード融資を受けたいならインターネットが一番だ。

口座を持っていて、みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」を利用している場合、WEB完結申込を利用できる
これは上述したように、本人確認書類の提出が不要で50万円超の借入から収入証明書が求められる。

口座が無い状態で申し込みをすると本人確認書類や、借入希望額によっては収入証明書の提出などの手間もあるので、その分審査時間にも反映されてしまうのだ。

みずほ銀行カードローンのWEB完結申込が他社より優れている点

WEB完結申込という方法は、みずほ銀行カードローン以外にも、例えば消費者金融のモビットでも扱っている。
しかし、モビットの場合は必ず本人であることを確認できる書類の提出が必須となっており、収入を証明する書類や健康保険証の提出が不可欠となっている。

そういう意味で言えば、みずほ銀行カードローンのWEB完結申込の方が、少しだけ手間が無い分メリットが大きいと言えるだろう。

POINT3:審査通過後に窓口・ATMへ

WEB完結で申し込んだ後の審査結果はメールで送られてくる。本来であればここで必要書類登録用URLが送られてくるので、入力して送信する。

だが、スピード融資を希望するならここで直接みずほ銀行の窓口へ行くのもおすすめ。メールで受け取った契約書類や運転免許証など本人を確認できるもの、届出印などを持っていくこともお忘れなく。

キャッシュカードがあれば引き出せる

スピード融資というだけなら、最初から直接、窓口へ行くことでも可能だ。しかし、いつどこからでも申し込めるWEB完結申込の方が利便性は圧倒的に高い。スマホからでも申し込める上、ネット振込も可能なので、申し込み場所を選ばなくて済むのもメリットなのだ。

POINT4:キャッシュカードで即引き出しOK

みずほ銀行カードローンでは、ローンカードを「キャッシュカード兼用型」と「ローン専用型」の2種類から選ぶことができるが、WEB完結申込の場合はキャッシュカード兼用型のみに限られる。

ローンカードが欲しい場合、スピード融資は不可能

もしカードローン専用型がいいという場合はWEB完結申込以外の申し込み(ネットも可)で申し込まなければならない。ただしその場合はスピード融資を受けることは不可能となるので注意したい。

書類を窓口へ提出して契約が終了すれば手持ちのキャッシュカードでカードローンの利用が可能となる。

POINT5:申し込みは午前中の早い時間に

消費者金融のように自動契約機を持たない銀行カードローンの場合、スピード融資を受けられるかどうかは申込時の時間帯にも大きく左右される。当然ながら銀行の営業時間内に全ての手続きを終わらせる必要があるので、申し込む時間は早ければ早い方がいい。できれば銀行が始まるよりも早い段階でWEB完結申込から申し込んでおけばスピード融資を受けられる可能性は高い

まとめ:キャッシュカードが無ければスピード融資は不可能

みずほ銀行カードローンでスピード融資を受けるためには、口座を持っていて手元にキャッシュカードがあることが求められる。

WEB完結申込は便利な機能ではあるが、利用できるのはキャッシュカード兼用型タイプのみとなっているので、そもそもキャッシュカードの無い状態では申し込めない。新たに口座を開設するにしてもキャッシュカードが手元に届くまでに数週間かかってしまう。

みずほ銀行口座さえあればスピード融資は簡単!

逆に、キャッシュカードさえ持っていれば午前中のWEB申し込み→窓口での契約という流れでスピード融資を受けられる可能性が高い。
口座もない状態でスピード融資は不可能であるが、口座を持っている人にとってはいざという時の心強い味方となってくれることは間違いない。

みずほ銀行カードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・