家族に内緒で借りたいならみずほ銀行カードローン!電話確認と郵便物バレはこう回避しよう!

みずほ銀行カードローンは家族に内緒で申し込めるのか!?

yuubinpost617カードローンに申し込む際に何がもっとも不安かというのは人それぞれだと思いますが、「家族に内緒で借りることができるかどうか?」ということを、大きなポイントとして挙げる人も多いのではないだろうか?
カードローンというと借金をするというイメージが強いせいか、なぜかそれだけでどこか悪いことをしているかのような気持ちになってしまう人も多い。

他にも、「申し込み後に行われる審査を通過できるかどうか」の不安もあるし、「今後の返済計画や金利のこと」など、様々に不安が付きまとうという人もいるはずだ。
今回はこの内、銀行カードローンの中でも人気の高い『みずほ銀行カードローン』を元に「家族に内緒で借りることができるかどうか」について検証してみたい。

電話確認は2種類!職場への「在籍確認」と「本人確認」

カードローンに申し込むとどこでも審査がある。みずほ銀行カードローンの申し込み方法はパソコンやスマホ、ガラケー、郵便、電話、銀行窓口といった方法を選択できる。

どのような申し込み方法を選択しても必ず審査は受けなければならないし、審査をする以上は「本人確認」と「在席確認」が必ず行われる。申込書に記載されている電話番号が正しいかどうか、記載されている勤務先に在籍しているのかどうかといったことを確認するため、審査の一環として行われるのである。

勤務先への「在籍確認」は「みずほ銀行」でクリアできる

まず結論から言うと、会社への在籍確認の電話でみずほ銀行カードローンからの借り入れがバレてしまう可能性は極めて低い

努めている会社への「在席確認」は、担当者が「みずほ銀行です」と名乗って会社へ電話をする。他のカードローンでは個人名でかけることが多いので、これはある意味でデメリットである。不審に思われることも多いからである。だが、みずほ銀行といえば誰もが知る大手都市銀行であるから、例え何か聞かれても「みずほ銀行で口座を作るときに、クレジットカード一体型のキャッシュカードを作ったので、たぶんその確認の電話です」とでも言えば、いくらでも説明がつく。

「本人確認」は携帯電話へ。家族に内緒にできる!

続いて本人確認だがこちらも結論を言うと、本人確認の電話で家族にバレてしまうということはないと考えていい。なぜなら申込時に連絡先を携帯にしておけば、確認の電話で家族にバレてしまうことは防ぐことができるからだ。

本人確認の電話は申し込みの段階で携帯の方へ電話をかけてもらう方法を選択できる。本人確認は、申し込みした人間が本当に本人なのかどうかを確認するためのもの。相手は生年月日を聞いたりすることで本人確認を行う。また携帯電話の契約が行われていることでも裏を取る。そのため、どうしても家の固定電話でなければならないということはないのだ。

ローンカードや書類を「郵送なし」にすることはできる?

カードローンに申し込んで審査に通過すると、契約書類やローンカードといったものが後から郵送されてくる。郵送されて来ない金融会社もあるにはあるがそれは極少数。ほとんどの場合、契約書類やローンカードが送られてくる。

これはみずほ銀行カードローンも同様で、みずほ銀行から郵送物が送られてくることは止めることはできない。ただし、これらの郵送物はみずほ銀行名義で送られてくるので、こちらも勤務先への説明同様、口座を開設したからでしのぐことは十分に可能だ。

郵便物バレを避ける! 家族に内緒にする裏ワザ!

みずほ銀行カードローンの場合、他のカードローンと同じで郵便物が送られてくることを止めることはできない。しかし、内緒にするためのとっておきの方法がある。

それがカードローン申し込みと同時の銀行口座の開設である。以下に詳しく解説する。

まずはみずほ銀行の口座を開設すべし!

みずほ銀行カードローンには、みずほ銀行の口座開設が必須である。口座を持っていなくても申し込みことは可能だが、結局は申し込み後に口座開設手続きを行わなければならない。

どうせ口座を開設しなければならないのであれば、カードローンに申し込む前に開設してしまった方が得策だ。なぜなら、事前に口座を開設しておいた方がカードローンの申し込みにも有利に働くからである。

口座を持っていれば面倒な書類提出が不要!

みずほ銀行の口座を持っている、もしくはみずほ銀行のインターネットバンキングである「みずほダイレクト」を利用している人は、借入希望額50万円以上の場合は本人確認書類や収入証明書の提出が必要となる。面倒な書類提出をカットできるので、融資までにかかる時間も短縮されて審査時間もカットできる。

スピード面ではさらにメリットがある。口座を持たずに申し込めば口座開設のための時間もかかってしまうので、カードローンの利用ができるまでに相応の時間がかかってしまう。しかし事前に口座を作っておけば、口座開設のための審査の時間もカットできるのがメリットだ。

キャッシュカードをローンカードとして利用すべし!

みずほ銀行カードローンは、2つのタイプのローンカードを選べる。ひとつは「カードローン専用型」、もうひとつが「キャッシュカード兼用型」である。

ここでキャッシュカード兼用型を選択しておけば、カードローンの審査通過後に手元のキャッシュカードでカードローンを利用できるようになる。少なくとも後日ローンカードが送られてくることを防げるわけだ。ローンカードの存在からキャッシングがばれることも無くなる。

「キャッシュカード兼用型」で郵便物バレは防げる!

もちろん、新規で銀行口座を開設すればキャッシュカードは後日郵送されてくることになるから、それは止めることはできない。しかし、それはあくまでもキャッシュカードであるし、同封されている書類にも「口座開設ありがとうございます」といった旨のことが書かれているだけである。家族に怪しまれる心配はない。

ましてや元々みずほ銀行の口座を持っているのでれば、手元のキャッシュカードをそのままローンカードとして利用できるので、カードの類は送られてこない。何の心配も必要ない。

契約書類が送られてきたら?

ローンカードの郵送は、キャッシュカード兼用型のカードを選択することで防ぐことができるが、契約書類の郵送はやはり止めることはできない。

しかし、封筒に記載されている名前は「みずほ銀行」である。事前に口座を作っておけば、「口座を作ったからその書類」とでも説明すれば十分である。

銀行口座開設orクレジットカードの契約書類と説明すれば大丈夫!

例えば、消費者金融の場合は名前が分からないように封筒には別の名前が書かれている。アコムであれば「ACセンター」、モビットであれば「MCセンター」と書かれている。

しかし、逆を言えばそんな聞いたことの無いような名前の方が、不審がられる確率は高い。その点、銀行であればいくらでも言い訳のネタはあるわけなので、郵便物によって家族にバレてしまうリスクは低いと言えるだろう。

みずほ銀行カードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・