モビットは総量規制対象の消費者金融…おまとめローンの利用は無理!?

モビットをおまとめローンとしても利用できる?消費者金融は総量規制があるけど大丈夫!?

おまとめローンでまとめたい

モビットは、消費者金融としては高い限度額設定となっており、他の消費者金融では最高500万円というタイプが多いのに対し、最高800万円という限度額を設定しています。

最高800万円といえば、銀行系カードローンにも匹敵する限度額設定となりますのでとてもメリットが大きいようにも感じられますが、実際には銀行系カードローンほどのメリットがないのです。

消費者金融のモビットには総量規制という壁があります

実際に限度額一杯まで借入ができるとい人はほぼいないといっていいでしょう。なぜならば、消費者金融は銀行とは違って総量規制の対象となってしまうからです。

おまとめローンはこの総量規制の壁をクリアできる合法的なローンですが、残念ながらモビットにはおまとめローン専用商品がありません。

総量規制があるモビットでおまとめローンや高額融資は望めない!?

近年では、総量規制という言葉もすっかり定着してきました。総量規制というのは、貸金業法という法律によって決められているルールで、借入希望者は年収の3分の1をオーバーしてしまうような借入ができない決まりになっているのです。

そして、この総量規制のルールは貸金業法で縛られる「貸金業者」に適用されます。貸金業者とは、モビットをはじめとする消費者金融や信販会社などがそれに当たります。そのため消費者金融であるモビットや信販系カードローンの場合は、年収の3分の1を超えた融資を受けることができません。それがたとえ消費者救済のためのおまとめローン目的だとしてもです。

総量規制対象外の銀行カードローンはおまとめローンあり!モビットはおまとめ専用商品も無し!

モビットの利用限度額の上限は最高800万円です。800万円もあれば、十分におまとめローンとしての魅力もあります。おまとめローンとして利用するからには相応にまとまった金額が必須ですから、限度額が高ければ高いほど、おまとめローンとして活用できる機能性にも優れます。

しかし、それは大手の都市銀行や地方銀行の銀行カードローンに限った話です。銀行カードローンでは審査が厳しく、確かに最高800万円という金額を借りるのは至難の業ですが、それ以上に消費者金融のモビットで最高限度額の800万円を借りるのは可能性が極端に低いのです。言い換えれば、モビットで限度額800万円借りる人はほぼありえません

総量規制のためモビットで300万円借りるには年収900万円が必要

というのも総量規制の対象であるモビットで最高額800万円を借りるとすると、その3倍の2,400万円の年収が必要になるからです。同じく消費者金融のカードローンで設定されている「300万円」や「500万円」という限度額でお金を
借りるには、それぞれ「900万円」「1,500万円」という年収が必要です。消費者金融で高額のお金を借りるのはほぼ不可能といっていいかもしれません。

そもそも総量規制のあるモビットでは高額融資を期待できない

限度額一杯まで借入を希望したいなら、年収が少なくとも1,500万円~2,400万円を超えていなければならないからです。

実際問題、それだけの年収をもらっている人の中で消費者金融を利用する人はごく僅かといっていいでしょう。一般的に考えれば、せいぜい30万円程度~100万円程度を借りられれば万々歳といったところなのです。

「銀行系消費者金融」という口コミの誤解!モビットは総量規制のある「消費者金融」以外の何者でもありません!

消費者金融のビル現在、消費者金融大手のほとんどが銀行グループに属しています。もちろん、モビットも三井住友フィナンシャルグループであるSMBCコンシューマーファイナンスの子会社となっています。こうした背景から、銀行系消費者金融は総量規制とは無関係であるという間違った噂が流布したこともありました。

しかし、銀行系消費者金融であろうがなかろうが、消費者金融は消費者金融という位置付けですので、総量規制が無関係というわけではありません。貸金業者に変わりはないわけですから、貸金業法も適用されますし、総量規制も適用されるのです。

モビットはおまとめ専用商品が無いので、総量規制対象外のおまとめローンを利用できない

そうなると、モビットをおまとめローンとして利用しようと考えること自体に無理が生じてしまいます。総量規制によって年収の1/3までしか借りられないのであれば、高額な借入額ともなりかねないおまとめローンには不向きなのです。

銀行系カードローンでは総量規制が関係ないため、事前におまとめローンとして利用したいことを伝えれば必要額を融通してくれる可能性もありますが、モビットは消費者金融である以上、おまとめローン前提で申し込むことはできません。

モビット以外の消費者金融はおまとめローンを利用する方法もある!総量規制があるのになぜ?

そんな消費者金融ですが、実はおまとめローンとして利用できる方法があります。「総量規制があるのに消費者金融でおまとめローンを利用できるってどういうこと?」と思われるかもしれませんね。その辺り、以下に詳しく述べてきます。

総量規制があってもおまとめローン専用商品だと規制はクリアできる!モビットには専用商品が無い!

実は、消費者金融にはカードローン以外におまとめや借り換えに特化したローンがあります。しかし、「そもそも総量規制の影響があるのにおまとめローンなんて意味あるの?」と思われるでしょう。もちろん、その疑問は当然です。

確かに、一般的な貸金業者のカードローンであれば総量規制が適用されてしまうわけですが、総量規制にも例外的なルールが設けられているのです。

総量規制 年収の1/3超の借入はできない
例外的なルール 年収の1/3超の借入でも、それが利用者に対して一方的に有利になるものであればOK

総量規制のある消費者金融でも「おまとめローン」は対象外!モビットはおまとめローンがない!?

以上のように、利用者にとって一方的に有利でありさえすれば、年収の1/3という枠に捉われる必要がないのです。この「一方的に有利な貸付」というのは、つまり「それによって多重債務が解消される」とか、「毎月の返済が楽になる」という借入のことです。

おまとめローンによって利用者が有利な状況になれるわけですから、「一方的に有利になる貸付」なのです。そのため、各消費者金融ではカードローン以外におまとめ専用ローンを設けています。しかし、モビットにはおまとめローンがありません。つまり、モビットではおまとめ利用そのものが難しいのです。

消費者金融各社の総量規制対象外の「おまとめローン」とモビットを比較するとこれだけ違う!

以上のように、モビットにはおまとめローンが存在しません。そのため、おまとめローンとしての利用を考えた場合、明らかに必要な金額を借り入れることが非常に難しく、年収によってはおまとめローンとして利用すること自体が不可能になります。

しかし、先述したようにその他の消費者金融各社には、おまとめローンが存在しています。そこで、モビットと消費者金融各社が展開するおまとめローンの返済回数とを比較してみましょう。

さすが総量規制対象外の「おまとめローン」!返済回数が長い分モビットよりも返済が楽!

大手の消費者金融といえば、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、アイフル、アコム、そしてモビットです。現在では、この4社が消費者金融の4強と言っていいでしょう。そして既出のとおり、モビット以外の3社にはおまとめ専用のローンが存在しています。

消費者金融各社のおまとめローンは、金利こそ銀行系カードローンよりも高めではあるものの、返済期間が長く設定されているので月々の負担が少なくて済むという特徴があります。

消費者金融 おまとめローン 返済回数(最大)
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 120回
アイフル おまとめMAX 120回
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 162回
モビット なし 106回

返済回数だけ見ても一目瞭然ですが、仮に同じ金額で同じ金利であると仮定した場合、明らかにおまとめローンのないモビットの方が毎月の返済額負担が多くなってしまいます。その点だけでみてもモビットをおまとめローンとして利用することには無理があります。

おまとめローンを利用するならモビットは諦めて!できれば総量規制のない銀行カードローンを検討しましょう!

ここまで、モビットのおまとめローンとしての価値を見てきましたが、そもそも総量規制があること、そして消費者金融にも例外的に認められている総量規制対象外の「おまとめローン」に関してもモビットは取り扱っていないため、原則的にモビットでのおまとめ利用は厳しいことがお分かりいただけたかと思います。

また、そもそもおまとめローンを利用するのであれば、消費者金融のおまとめローンではなく、おまとめ利用可能な銀行系カードローンや、銀行で取り扱うおまとめローンの方が金利も低い傾向にあります。つまり、「債務の負担を軽減する」というおまとめ本来の視点に立てば、銀行系の方が遥かに効率的なのです。

総量規制の対象外!銀行のおまとめローンには2通りある!

銀行のおまとめローンには、大きく分けると2つの種類があります。ひとつは、文字どおりおまとめ利用に特化したおまとめ専用のローン。そしてもうひとつが、総量規制の影響を受けない銀行系カードローンをそのまま利用する方法です。

銀行のおまとめローン専用商品 おまとめ専用のローン。おまとめにしか利用できず、フリーロ―ンのように借りたら返済のみ行う。取り扱っている銀行はそれほど多くない。
銀行系カードローンをそのまま利用 銀行系カードローンの中にもおまとめなどに利用できないものもあるが、総量規制対象外という利点を生かしておまとめ利用を推奨しているものもある。

総量規制対象外の銀行系カードローンをおまとめローンとして利用するならおまとめ推奨のものを選ぼう!

銀行のおまとめローンであれば、当然ながらおまとめ利用が可能ですが、銀行系カードローンの中にはおまとめ利用推奨のものとそうでないものとがあります。モビットのようにおまとめローン専用商品が無いところも多いです。

銀行系カードローンをおまとめローンとして検討するのであれば、おまとめ利用を推奨しているタイプを選ぶことが重要です。

銀行の場合、そもそも総量規制は関係がないため、カードローンをそのままおまとめローンとして利用することに何ら問題はありません。そのため、おまとめローンを設置している銀行は総体的に少なめです。

おまとめローン専用商品もおまとめ利用可能な銀行カードローンもない!そんな時はどうする!?

おまとめローンにしても、おまとめ利用可能なカードローンにしても、利用するならまずは普段利用している銀行へ申し込んでみようと考える方も少なくないかもしれませんね。しかし、もしその銀行におまとめローンがなく、しかもおまとめ利用できるカードローンが無かった場合はどうしたらいいのでしょうか?

銀行には借金返済目的の専用ローンが用意されていたりします

そんなときは、目的別フリーローンに目を向けてみましょう。銀行であればカードローンのほかに目的別フリーローンも必ず取り扱っています。大抵の場合、カードローンでおまとめ利用できなくても、目的別フリーローンでおまとめ可能なケースが多いものです。必要に応じて問い合わせをし、おまとめ利用可能かどうかを聞いておくことも忘れないようにしましょう。

総量規制対象外の消費者金融のおまとめローンではなく銀行のおまとめローンを優先的に選ぶ理由とは?

おまとめローンであればどこでもいいというわけではありません。まずチョイスすべきは銀行のおまとめローンもしくはおまとめ利用可能な銀行系カードローンです。なぜなら、消費者金融のおまとめローンよりも金利が低いからに他なりません。

なぜおまとめローンは総量規制の対象外なのか? 本質を理解することがポイント!

おまとめローンの本質は、複数の借入をまとめるのと同時に月々の返済額負担を減らす目的があります。それに加えて、総返済額自体も少なくするということも併せて考えなければなりません。そのためにはモビットのような消費者金融の強みの借りやすさよりも、いかに金利が低いか? という点も注視する必要があるのです。

実際、消費者金融の総量規制対象外のおまとめローンは銀行のおまとめローンや、銀行カードローンよりも金利が高めです。

消費者金融各社の総量規制対象外のおまとめローン金利比較
消費者金融 おまとめローン 融資額 年率
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 300万円 6.3%~17.8%
アイフル おまとめMAX 500万円 12.0%~15.0%
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 300万円 7.7%~18.0%

以上のように、アイフルの総量規制の対象外のおまとめローン「おまとめMAX」の最高金利が最も低く、年15.0%です。その他は自社カードローンと同じ最高金利となっています。これはやはり銀行と比べると金利が高めですので、金利負担を抑えるという意味ではかなり非効率的です。

総量規制の対象外なのでおまとめローンは一度の借入額が大きい!返済期間が長ければ長いほど金利負担に大きな差が出る!

消費者金融各社の総量規制対象外のおまとめローンは金利が高く、これまで何度も述べているようにそもそもモビットにはおまとめローンすら存在しません。さらに、せっかくおまとめしても、消費者金融では金利が高く、文字どおり「ただまとめるだけ」となってしまいます。

一本化というだけであれば消費者金融のおまとめローンでもいいのでしょうが、金利負担減・返済負担減ということで考えると、銀行のおまとめローンの方がおすすめなのです。もちろんそれは、銀行のおまとめローンやカードローンの方が低金利だからです。

モビットはおまとめNG!消費者金融の総量規制対象外のおまとめローンはただまとめるだけ!負担減を考えるなら銀行!

山積みの札束のイラストおまとめローンは総量規制の対象外です。複数社の借入を一本化するため、一度の借入額も大きくなりますし、借入額が大きければ大きいほど返済期間も長くなります。そして返済期間が長くなればなるほど、金利負担もじわりじわりとのしかかってきて、最終的な返済総額にも大きな開きが出てきます。

つまり、おまとめローンを利用しようと考えた時点から金利の低いタイプを選択することを意識しておかないと、財布を圧迫することにもなりかねないのです。「一本化したからそれでヨシ!」ということではなく、金利の総額がどのくらいになるかを意識づけておかなければおまとめの意味がなくなってしまいます。

モビット徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・