三井住友銀行カードローンの金利は意外と低金利!?その秘密を探ってみた!

年率4.0%~14.5%! 三井住友銀行カードローンの金利は低金利?

金利手数料のお金年率4.0%~14.5%。これは三井住友銀行カードローンの金利ですが、この数字を見て、あなたは高いと思いますか? 低いと思いますか?

結論から言ってしまうと、三井住友銀行カードローンの金利は十分に低金利の部類に入ると考えていいでしょう。その理由を以下に説明していきますね。

年率4.0%~14.5%は銀行カードローンとしては標準的な金利設定

恐らく、みなさんのご近所にもある地方銀行のカードローンと比較していただければ分かりますが、三井住友銀行カードローンの金利もほぼ同程度ではないでしょうか?

もちろん、銀行によって設定されているカードローンの金利も異なりますが、概ね14.0%前後というのが、銀行カードローンの平均的な金利と言えるでしょう。

標準的な金利設定なのになぜ低金利なの?

三井住友銀行カードローンの金利が標準的なのに、なぜ低金利と言えるのか? そこにはやはり消費者金融という存在が大きく関係してきます。消費者金融の最高金利は概ね18.0%ほどですから、三井住友銀行カードローンの14.5%とは3.5%もの開きがあります。

ネット銀行よりは高金利ですがそれほど大きな開きはありません

逆に、三井住友銀行カードローンをネット銀行と比較してしまうと、やはり三井住友銀行カードローンの方が金利設定は高めです。しかし、金利差はそれほど大きな開きがありません。試しに、三井住友銀行カードローンと各ネット銀行の金利を最高金利で比較してみましょう。

カードローン 最高金利
三井住友銀行カードローン 14.5%
オリックス銀行カードローン 17.8%
楽天銀行スーパーローン 14.5%
イオン銀行カードローンBIG 13.8%
ソニー銀行カードローン 13.8%

実際に、ネット銀行で人気の高いカードローン金利と比較しても、それほど遜色ない金利設定となっているのがお分かりでしょう。

三井住友銀行カードローンとネット銀行とではそれほど差はない

楽天銀行スーパーローンとは同じ最高金利ですし、最低金利は三井住友銀行カードローンが有利。オリックス銀行カードローンに至っては三井住友銀行カードローンよりも高金利、イオン銀行カードローンBIGやソニー銀行カードローンは13.8%で三井住友銀行カードローンよりも低金利ではありますが、それでも0.7%の差しかありません。

最低金利で比較しても遜色ない!やっぱり低金利な三井住友銀行カードローン

最高金利で見た場合、三井住友銀行カードローンはネット銀行と遜色ないレベルの金利設定と言えますが、最低金利で比較した場合はどうなのでしょうか?

パッと判断したイメージではネット銀行の方が有利ではないか? という印象も受けますよね?

実際に低金利でネット銀行と比較してみた!

では実際に、最低金利だけで三井住友銀行カードローンと各ネット銀行のカードローンを比較してみましょう。

カードローン 最低金利
三井住友銀行カードローン 4.0%
オリックス銀行カードローン 1.7%
楽天銀行スーパーローン 4.9%
イオン銀行カードローンBIG 3.8%
ソニー銀行カードローン 2.5%

いかがでしょうか? オリックス銀行カードローンとは1.0%の差、ソニー銀行カードローンとは1.5%の差がありますが、それでも楽天銀行スーパーローンは三井住友銀行カードローンよりも高い金利ですし、イオン銀行カードローンBIGとではたった0.2%しか差がありません。

巷ではネット銀行のカードローンは低金利で魅力的だとも言われていますが、三井住友銀行カードローンも決して引けを取っていないことが分かりますよね。

見た目は金利が高めでも、小さな差なら問題ありません

金利の数字をパッと見ただけでは、確かに三井住友銀行カードローンの金利もネット銀行と比べて高めな印象がありますが、1.0%前後の金利差なら、はっきり言ってそれほど大きな問題ではありません。

単純計算で金利負担を弾き出してみると・・・

金利の差がどれだけの違いを生むのか、実際に計算してみましょう。ちなみに計算は、30万円を1年間借りっぱなしの状態と仮定した場合の計算です。

カードローン 適用金利 年間の金利負担
三井住友銀行カードローン 年率14.5% 43,500円
オリックス銀行カードローン 年率17.8% 53,400円
楽天銀行スーパーローン 年率14.5% 43,500円
イオン銀行カードローンBIG 年率13.8% 41,400円
ソニー銀行カードローン 年率13.8% 41,400円

以上のようになります。三井住友銀行カードローンで、30万円を1年間借りっぱなしの状態で見ると、金利は43,500円。金利差0.7%のイオン銀行カードローンBIGやソニー銀行カードローンは41,400円。その差は2,100円です。

金利差0.7%で年間2,100円の差は大きい?

金利が0.7%違うだけで、年間2,100円の差が生まれるのは、果たしてダメージが大きいのか?といえば、決してそんなことはないはずです。

その根拠は随時返済にあります。2,100円という金利負担の差は、随時返済で簡単に埋めてしまうことができます。

たった2,100円の差はあって無いようなものです

例えば、高金利のカードローンで定期的に随時返済をしていく場合と、低金利のカードローンで随時返済を行わない場合でみれば、場合によっては低金利であるはずのカードローンの方が金利負担が大きくなってしまうことだってあるのです。

つまり、年間2,100円という金利差は、あって無いようなもの。計画的な随時返済が可能ならば、若干金利が高めでも臆する必要はないわけですね。

より重要なのは審査に通るか、審査後にスピーディーに借りれるかどうか!

金利差に一喜一憂するよりは、いかに早くスムーズに借りられるか、審査にきちんと通るか、限度額がいくらになるのか、そちらの方が遙かに重要だと思えます。たとえば三井住友銀行カードローンは提携ATMで土日・祝日も引き出し可能ですし、在籍確認さえできれば、土日祝日でも審査後のローンカード発行までできてしまいます。サービスの利便性と比べれば、金利差のデメリットがいかに小さいものかがわかるでしょう。

住宅ローン利用者ならさらに金利優遇でますますお得!

また、三井住友銀行の住宅ローンを利用し、かつ遅延もなく返済を行っている場合は、カードローンの金利が優遇されるシステムもあります。
このシステムを上手に活用することで、さらにお得にカードローンを利用することもできます。

三井住友銀行カードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・