三井住友銀行カードローンは安心の銀行系カードローン!高額借り入れも低金利!

三井住友銀行カードローンと限度額の関係は?

限度額の縛り

カードローンの利用にあたって気になるのがいくらまで借りられるか、という問題ですよね? 恐らく多くの方がご存知かとは思いますが、消費者金融では高額の借り入れは期待できません。補足として簡潔に説明しておくと、年収の1/3を超えた借り入れをすることができないのです。これが総量規制です。

貸金業法で定められている総量規制は消費者金融を縛っています

総量規制は、貸金業法という法律で定められているもので、貸金業を営んでいる貸金業者は、この法律に則って融資を行わなければなりません。

貸金業に分類されるのは、消費者金融や信販会社など。銀行の場合は貸金業以外の業務(預金など)も行っているので、貸金業者とはみなされていません。

銀行カードローンだから年収の1/3以上の借入も可能です

銀行は銀行法という法律に基づいた運営が行われているため、そもそも貸金業法の影響を受けることもないのが特徴です。従って、銀行系カードローンである三井住友銀行カードローンも年収とは関係なく借り入れが可能です。ちょっと消費者金融の例を参考に見てみましょう。

年収が低くても、安全・安心・低金利で借りられます

例えば、消費者金融で「最高500万円!」と謳っていても。実際に借りられるのは年収の1/3まで。年収が300万円の人なら、100万円までが限度額ということになってしまいます。

しかし銀行カードローンなら年収300万円の人でも、100万円以上借りることは法律上、可能です。

三井住友銀行カードローンは低金利で高額借り入れでも魅力的

しかも、三井住友銀行カードローンなら最高800万円まで借りることができますから、活用方法が広がります。高額と言っても低金利なので利用価値も存分にあります。ただしいくら法律上借りることができるからといって、誰もが800万円まで借りられるわけではありません。

最高800万円!ただし借入希望額が高額になれば審査も厳しくなります

貸付の最高限度額は申込者の収入等も考慮して極度額が設定されますから、希望額800万円で申し込んでも、その希望額どおりに融資が受けられるとは限らないわけですね。

高額、そして低金利な借り入れ先として利用するなら、現在の借金の総額をきちんと申し出るのがいいでしょう。どのように活用したいのか利用目的が明確であれば、相応の融資額を前提に審査してくれるはずです。

いくら借りたくても他社借入額が多すぎるのも審査に悪影響

総量規制は、トータルの借入額で計算されます。つまり、年収300万円の人が消費者金融から50万円借りようとした場合、すでに他社で60万円の借り入れがあれば、40万円しか借りられないことになります。

しかし、銀行カードローンでは他社からの借り入れがあっても、年収の1/3という枠にとらわれないため、通常の貸金業者から借りるよりも多い金額で融資を受けることができるという特徴があります。

審査では他社借入額も影響します

しかし、いくら銀行カードローンでも、やはり他社からの借入額が多いと、審査に悪い影響を及ぼしかねません。また、借入件数にも注意したいところです。

他社借入額が同じ50万円であっても、3社から計50万円借りているのと、1社から50万円借りているのとでは、審査に及ぼす影響も異なるのです。もちろん、この場合でいえば3社から借り入れているよりは、1社からのみ借り入れている方が審査にも有利です。

同じ借入額でも件数が多いと不利になるのはなぜ?

借入額が同じ50万円なのだから、1社であっても3社であってもそんなに影響はないんじゃないの? とも思いたくなりますよね? たしかに借入額からみれば同じ50万円ですが、借り入れ件数が多いということは、それだけお金に困っているパターンが多いのです。

信用力が無いから少額しか借りられず、多くの業者から借りている?

というのも、信用力が不安で金融業者が貸付額を渋ったから、結果的に多くの銀行から借りることになった、そう銀行からみなされてしまうというわけです。

ましてや、他社から借り入れてまだ日の浅いうちに申し込んでしまうような状況では、そうした疑いも色濃くなってしまうため、審査通過も厳しくなってしまいます。さらに運良く審査に通っても、希望額よりも大幅に少ない極度額での融資となってしまいます。

銀行カードローンだから高額もOKという安心は禁物です!

銀行カードローンが高い限度額をメリットとしているのは事実です。三井住友銀行カードローンでもそれは同様です。それゆえ年収の1/3という制限に縛られることなく、ある程度の高額借り入れが期待できます。

収入と収支のバランスを崩しかねません

そもそも消費者金融を縛る貸金業法に定められている総量規制の目的は、多重債務を防ぐというもの。つまり、それを超えた借り入れをするということは、結果として収入と収支のバランスを大きく崩しかねないことになってしまいます。

ということはいくら銀行カードローンへ申し込んだとしても、そのバランスを崩すような貸し付けは避けられるべきことと言えます。さらに借金が膨らむことになるわけですから、それで安心だとは言えませんよね?賢い運用が大切なのです。

複数の借り入れ先があるなら検討すべき銀行カードローン!

そしておすすめなのが相談です。どうせ銀行系カードローンを利用するのであれば、すでに抱えている他社からの借金も相談してしまった方がいい。お借り入れ前に担当者に相談するのがおすすめです。

しかも三井住友銀行カードローンなら最高800万円という、銀行系カードローンの中でもトップクラスの融資額を誇っています。

三井住友銀行カードローンは低金利で高額な借り入れ先として活用するのがおすすめ

すでに他社からの借り入れがいくつかあり、その上で三井住友銀行カードローンを利用しようと考えているのであれば、余計な借金を増やしてしまう前に、相談込みの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

三井住友銀行カードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・