ソニー銀行カードローンへ申し込むなら、契約時の注意点を知っておこう!

ソニー銀行カードローンを契約する際の注意点とは?

雲でできたビックリマークソニー銀行カードローンは銀行カードローンの中でも頭一つ抜けていると言っていいほどのスペックを誇るカードローンとして生まれ変わった。恐らくこれからカードローンの利用を検討している人たちの間では、ソニー銀行カードローンを候補に挙げる人も増えていくはず。

そこで、ソニー銀行カードローンに申し込む際の注意点について整理してみた。これから利用を検討している方は、ぜひ参考にしていただけたらと思う。

仮審査はスピーディ!…でも「最短60分」は理想

リニューアルしたソニー銀行カードローンでは仮審査時間が大幅に短縮された。仮審査で最短60分というのは銀行カードローンとしては早い方だろう。さらにソニー銀行口座があれば土日休日でも最短60分の即日審査&最短即日融資ができる。

半日かかることもざらにあるので注意

だがこれは誰でも60分で仮審査結果の回答を得られるというわけではないことは理解しておきたい。あくまでも「最短」であって、場合によってはそれ以上の時間を要してしまうこともあるということは承知しておこう。

ソニー銀行のキャッシュカードがあれば専用サイトから借り入れできるので即日融資は可能だが、必要書類の送付に手間取り、最長半日かかった例もある。ソニー銀行の口座がなければ即日融資はできないことは敢えて付け加えておく。事前に申し込むことをおすすめする。

業界トップクラスの融資額!…でも800万円の限度額は厳しい

ソニー銀行カードローンは、最大800万円の貸付限度額を誇る。これはカードローン全体から見てもトップクラスとなっている。

希望額が低く算定されることも多い

ただし、誰もが800万円までを借り入れることができるわけではない。年収など属性によっては希望額よりも低い融資額となることも珍しいことではない。決して高望みすることなく、自分の属性に合った借入額を希望するようにしよう。

300万円までなら収入証明書の提出が原則不要!…でも自営業者は別

ソニー銀行カードローンは、同スペックのカードローンを扱っている三井住友銀行カードローンやオリックス銀行カードローンと同じく、300万円までであれば収入証明書の提出は原則不要となっている。

自営業者はほぼ提出しなくてはならない

ただしこれはソニー銀行カードローンに限った話ではないが、審査状況によっては提出を求められることもある。収入が安定していない場合や自営業者である場合などはほぼ確実に収入証明書の提出を求められるので注意しよう。

ソニー銀行口座があれば最短即日融資!…でも早めの申請が必要

ソニー銀行カードローンは、ソニー銀行の口座を持っていれば即日融資も可能となっている。ただし、申込時間や審査状況によってはたとえ口座があっても即日融資が不可能な場合もある。そのため、「最短即日融資」という曖昧な表現にとどまっているのである。

即日融資を希望するならなるべく早い時間に申し込んでおくのがおすすめ

申し込むタイミングが早ければ即日融資の可能性も高まる。ソニー銀行カードローンなら24時間申し込みOKなので、深夜や早朝にでも申し込んでおけば、よほどのことがない限り確実に即日融資を受けられるはずだ。もちろんFAXによる書類提出、電話による在籍確認などをクリアできればだが。

専業主婦でも申し込める!…限度額は最高クラスの50万円

リニューアルしたソニー銀行カードローンは、専業主婦でも申し込むことができる。以前のソニー銀行カードローンでは専業主婦は申し込めなかったので、専業主婦にとってはメリットの大きいカードローンとして生まれ変わった。専業主婦が借りられる限度額は50万円まで。これは専業主婦が借りることのできる限度額の最高クラスだ。

専業主婦は50万円以上が希望しても借り入れはNG

実際、他行カードローンでも限度額は30万円~50万円までしか申し込めない。そう考えるといかにソニー銀行カードローンが高額かがわかる。ただし専業主婦には収入がないため、配偶者の収入を元に借入を行うことになる。当然ながら配偶者に安定した収入がなければ審査通過は難しくなるので注意しよう。

必要書類を送る手段が少ない! 郵送・FAXのみ

ソニー銀行カードローンへ申し込んで仮審査を通過すると、確認書類を送ることになる。本人確認書類や必要があれば収入証明書などを送ることになる。

この際、ソニー銀行へ書類を送る方法は2種類ある。ひとつは郵送、そしてもうひとつがFAXである。ソニー銀行カードローンの場合、書類送付の方法はこの2種類しかない。

FAXが使えないと即日融資は受けられない

他のカードローンのように、WEB上から送ることができたりアプリを利用して送ったりということができない。急ぎの融資を希望ならFAXという方法しか選択肢がないというのが、もっとも大きなデメリットとなっている。

確認書類の送付方法以外ではかなり利用価値が高い

以上のように、ソニー銀行カードローンに申し込む際に注意すべき点をいくつか挙げてみたが、ほとんどの注意点は他のカードローンと変わらないといっていいだろう。

唯一、確認書類の送付方法が郵送もしくはFAXのみに限られてしまう点は残念だが、総体的に見れば使い勝手の高いカードローンであることは疑いようがない。いざという時の備えとして、ソニー銀行カードローンを手元に一枚用意しておくのもおススメだ。

ソニー銀行のカードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・