電話連絡は避けられない!?ソニー銀行カードローンの在籍確認を検証

電話での在籍確認はソニー銀行カードローンでもある?

電話連絡もOKですソニー銀行カードローンはとても魅力的なカードローンではあるが、それを利用するためには審査に通過しなければならない。そこで多くの方が気にするのは、「職場への在籍確認はあるのか?」という不安ではないだろうか。

ソニー銀行カードローンの審査では在籍確認が行われます

結論から言ってしまうと、ソニー銀行カードローンでは必ず職場への在籍確認が行われる。というよりも、「在籍確認を行わない銀行はない」と言った方がいいのかも知れない。審査において在籍確認は非常に重要なポイントとなるからである。

在籍確認はなぜ必要?

在籍確認を行う目的は主に2つある。

  1. 審査におけるポイントとして在籍確認をプロセスとしている
  2. 申込者の属性に不安が生じたため、問題解消の目的で在籍確認を行う

(1)の場合では全ての申し込み者に対して在籍確認が行われているものではない。金融会社によっては申し込み者の中から適当に選んで在籍確認を行っているケースもある。つまり在籍確認が行われない場合もある。

(2)の場合はどうかというと、申し込んだ内容が間違っていないかどうか、嘘をついていないかどうかを確認するために行う在籍確認となる。そのため、在籍確認が終わらなければ貸付を受けることはできない。

銀行の在籍確認は本人確認と信用を担保するため

例えば、個人信用情報機関に登録されている勤務先と、申込書に記載されている勤務先名が異なれば、確実に在籍確認が行われることになる。場合によっては仕事をコロコロ替える人というレッテルを貼られて審査落ちさせられるか、希望額よりも低い枠での貸付となる可能性もある。

ソニー銀行カードローンの保証会社はアコム

アコムのロゴマーク銀行カードローンでは保証会社を通して審査をするところも多いが、ソニー銀行は在籍確認もソニー銀行が行っている。いちおうソニー銀行カードローンの保証会社はどこかというと、募集再開後は保証会社がアコムとなっている。

ソニー銀行によって在籍確認は行われる

アコムと言えば消費者金融として有名だが、ソニー銀行の在籍確認はソニー銀行自身によって行われる。電話による在籍確認をすることもあるし、人によっては他の方法で在籍確認を実施することもあるようだ。これはケースバイケースなので、実際に申し込んでみるしかない。ただし在籍確認自体は必ず行われる。

銀行カードローンの確認なので必ず電話がかかってくる

たとえアコムが保証会社でも、あくまでもソニー銀行が貸し主として審査を行うわけだから、しっかりと在籍確認は行われると考えておいた方が間違いはないだろう。

カードローンの場合であれば社名を名乗ることなく「個人名」でかけてくるのが普通だが、ソニー銀行の場合は敢えてソニー銀行という「銀行名」でかけてくる。ソニー銀行は多くの金融商品を取り扱っているため、銀行名でも問題ないのだ。

VISAデビット関連の問い合わせがあるのはリアル

Sony Bank WALLET (Visaデビット付きキャッシュカード)ソニー銀行には「Sony Bank WALLET (Visaデビット付きキャッシュカード)」などの一体型カードもある。ソニー銀行の銀行口座を開設して、それをすぐにカードローンと結びつける人は少ないだろう。従って、在籍確認から職場に知られてしまうリスクは低いと言っていい。保証会社はアコムだが貸し主はあくまでもソニー銀行なのだ。

いざという時のために言い訳を考えておくのもベスト

ただ「ソニー銀行です」と名乗ることで、勘の鋭い人であれば「在籍確認かな?」と気付いてしまうことも考えられる。職場で電話を受けた人の判断だが、何の在籍確認かはわからないだろう。特に何か勘ぐりや探りを入れられることはないとは思うが、万が一「今の電話は何?」と聞かれた時のためにある程度の言い訳は考えておいた方がいい。

ソニー銀行で「VISAデビットカードを作った」が最も無難

Sony Bank WALLET (Visaデビット付きキャッシュカード)ポストペットデザイン言い訳として最も有効なのは「VISAデビットカードを作ったから」という言い訳。ソニー銀行では「Sony Bank WALLET (Visaデビット付きキャッシュカード)」というVISAデビット機能付きキャッシュカードを扱っている。他にも「ソニーカード」というクレジットカードも扱っているので、それらを言い訳にするのが有効だろう。

ソニー銀行に口座を開設して、VISAデビット機能付きキャッシュカードを作った」これほどスムーズな言い訳はない。その他「キャンペーンでソニーのクレジットカードも申しこんだ」も有効で、この場合、「ソニーのオンラインストアで割引になるので」とでも付け加えておけば何も問題ない。

言い訳時のポイントは挙動不審にならないこと

当たり前のことだが、言い訳をするにあたって挙動不審にならないように注意しよう。目が泳いでいたりすれば間違いなく嘘を見抜かれてしまう。
また、あくまでも職場の人に聞かれた場合にのみ言い訳をするようにしよう。何も聞かれていないのにわざわざこちらから言い訳をする必要はない。そんなことをしたらそれこそ””言い訳がましく””聞こえてしまう。何も聞かれないのであれば何事も無かったように振る舞っていれば問題ない。

在籍確認を防げるかもしれない裏ワザ

実は、在籍確認を避けられるかもしれない裏ワザもある。それは、申し込みの時点で勤務先の分かる書類を提出すること。例えば社会保険や組合保険などの保険証などが有効な場合がある。

会社名が入った直近の社会保険証は効果アリ

モビットなどで行われている「WEB完結申込」という方法は、国民健康保険証以外の保険証であればそれを在籍確認代わりとして認めてくれる。つまり、ソニー銀行カードローンの申し込みでも、健康保険証の提出で在籍の裏付けが取れたということにしてもらえる可能性は十分にある。

ソニー銀行のカードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・