消費者金融系の主婦カードローンのメリット

consumerfinanceladiesloan617

消費者金融カードローンは専業主婦は借り入れNG

消費者金融系の主婦カードローンについてご存じですか?
消費者金融では、一般的に主婦は借入しにくいと言われています。
というのも、消費者金融系カードローンは総量規制という法規制の対象であり、法律上、本人に収入がないと貸すことができないからです。
つまり消費者金融系カードローンから専業主婦がお金を借りることはできません

パート・アルバイトで収入があれば借り入れられます!

一応、配偶者の同意があれば申し込めるようになっていますが、主婦の多くは配偶者に内緒で借りたいと思っており、消費者金融の方も書類審査で手間がかかるため、あまり融資に積極的ではありません。
しかし、パート・アルバイトなどで少しでも個人の収入があり、個人として申し込むなら、兼業主婦にとって消費者金融は大変融通の利くカードローンに変わります。

主婦がターゲットのレディースローンがねらい目

特にレディースローンを展開している消費者金融は、一人でも多くの女性に利用して欲しいと思っているので、主婦でも気軽に借りられるように低金利で柔軟性のあるカードローンを展開しています。
主婦は家庭に多くの時間を割いているため長時間働くことができず、返済に苦しみやすいということは消費者金融の方も分かっているので、このような女性に優しいカードローンを用意しているのです。

女性専用で借りやすいレディースローン

審査基準も一般カードローンより低めですので、主婦であればレディースローンに申し込んだ方がよいでしょう。
店舗窓口のスタッフやオペレーターも全員女性ですので、対応も丁寧であり、何かと相談しやすいというメリットもあります。
銀行カードローンも主婦にとって借入しやすいローンですが消費者金融系よりも審査に厳しく、他社借入件数などが多いと審査に通る可能性が低くなります。
もしも借入件数が多い場合は、すぐに完済できるところから完済し、借入件数を減らした方がよいでしょう。

返済以外は使えないが金利が安いおまとめローン

あるいは、おまとめローンや借り換えローンを利用するという方法もあります。
おまとめローンは、すべての借入を一つの金融機関にまとめる方法です。
銀行カードローンのおまとめローンは低金利ですが、審査に厳しく保証人などを求められるケースもあります。
また、返済のみのローンとなるので、新たな借入ができないというデメリットもあります。
消費者金融系のおまとめローンも同様ですが、そのお金で早期に返済することができます。

低金利ローンに借り換えて、早めに返済するのがポイント

おまとめローンは、消費者金融系でも総量規制の対象外となるため、主婦でも年収を気にせず利用することができます。
金利も一般のカードローンより低く設定されているので、借入件数が2件以上になったら消費者金融系の主婦カードローンか、おまとめローンで早期返済を検討することをおすすめします。
ただし、返済能力をすでに上回っている場合は、新たなカードローンを組むよりも弁護士に相談して債務整理を検討した方がよいでしょう。

専業主婦キャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・