キャッシングは中立!住宅ローンや教育ローンなど良い借金もある

借金にも良い借金と悪い借金がある

キャッシングをするということは借金をすることと同じことです。借金というととかくネガティブなイメージが付きまといますが、それ自体は決して悪いことではありません。
借金をする目的によって、その意味合いも大きく違ってくるのです。

良い借金とは?

こういう言い方が正しいかはわかりませんが、いわゆる良い借金というのは結果として何かの目的を達成できるなど、ポジティブな結果をもたらす借金のことです。
例えば資格取得のための借金。資格取得でキャリアアップを達成したり、結果的に自分の収入がアップしたりすることに繋がればその借金には大きな意味があったことになります。借金をしてでも将来のために何かをしようというところがポジティブな意味の借金ということになるからです。

名前は違えどもすべては同じ「借金」

借金というとカードローンなどでキャッシングをしたりという印象がありますが、住宅ローンや教育ローンなどもすべて借金です。
例えば住宅ローンも、自分や家族などが毎日快適な生活をできるように家を建てたりする時に利用します。大きな買い物なので多くの人は長期間のローンを組むことになるわけですが、これも良い借金ということが言えるでしょう。

住宅ローンや教育ローンも借金は借金

教育ローンなどにしても、これからの子供の将来のために投資をするという意味合いもあるので、確実に良い借金であることは間違いありません。
もちろん返済もままならないかもしれないのに無理矢理ローンを組んでしまうのは後々自分の首を絞めてしまうことにもなりかねません。
しかし返済が苦しくないような計画的な返済ができるのであれば、決して悪い借金とはならないでしょう

悪い借金をしないために目的を見極めましょう

悪い借金というのはつまり結果的に浪費に繋がってしまうような借金のことです。

生活が苦しくて借金をするのは?

キャッシングをする理由の上位を占めるのが生活費の穴埋めです。生活費が足りなくてキャッシングをすること自体は良くも悪くもありません。
しかし、それはあくまでも毎月の支出を見直して、限られた資金の中でやり繰りできないかどうか努力をしてみたかどうかによっても意味合いが変わってきます

ただ単に生活費が足りないからキャッシングすればいいや――という単純な発想で借金をするなら、それは結果的に浪費へと繋がります。しかもキャッシングにしても利息は10%を超えるわけですから、無計画な借金は返済を長引かせるだけでなく、生活の苦しさ自体もまったく改善されません

将来性や目的が明確かどうかを考えましょう

借金をすること自体は中立的なものです。しかし、将来性や目的、計画性などがなければそれは結果的に自分を苦しめる元となってしまいます。
キャッシングを含めた借金をする場合は、「これは良い借金だ!」というハッキリとした確信を持てるような使い方を心掛けることもまた大切なのです。

専業主婦キャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・