即日融資でキャッシングを利用するためのポイント

即日融資を受けるために知っておきたいポイント

ohikidasi617カードローンの中でも特に消費者金融では即日融資が当たり前になっています。審査なども「最短30分」という謳い文句でスピーディーさを前面に売り出してもいます。
しかしその謳い文句を鵜呑みにしてしまっても確実に即日融資を受けられるわけではありません
ここでは即日融資を受ける際のポイントについてご紹介していきます。

即日融資なら消費者金融

即日融資は主に消費者金融系のカードローンで行われているため、即日融資希望であればまずは消費者金融系を中心に検討しましょう。
プロミスやアイフル、アコムやモビットなどは大手消費者金融として信頼性も高いのでおすすめです。また、新生銀行カードローン「レイク」も、現在は新生銀行カードローンの名前になっていますが、かつて消費者金融であった「レイク」を新生銀行がそのまま引き継いでいるので中身はほぼ消費者金融系のカードローンと思って問題ありません。

申込は平日の午前中が確実

消費者金融のもっとも大きな利点は審査が緩くて早いという点です。この点は銀行系よりも優れています。
ただし、審査がスピーディーとはいえ土日祝日などでは即日融資不可の場合もあります。
もし申込者の勤務先が土日祝日休みなどであれば、職場への在席確認もできません。在席確認は審査で必ず必要となりますから注意しましょう。
また、ネット申込を利用して銀行口座への振込を希望する場合も平日でなければ即日振込はできません。

銀行振込の場合は申込時間に注意

銀行振込を希望する場合は申込時間によっては銀行の営業時間内に間に合わず翌日振込みとなってしまう場合もあります。
基本的には銀行の営業時間内である午後3時というのがひとつの目安となりますが、手続きの都合上午後3時ギリギリではほぼ即日融資は不可能です。
そのため、各消費者金融では即日振込の条件として時間に期限が設けられています。
設けられている申込時間の期限は消費者金融によって様々ですが、平日の午前中に申し込みを終わらせてしまえば確実に即日融資を受けられます

意外と知られていない24時間振込み可能な銀行

銀行振込と言えば昔から午後3時が期限というのがほぼ常識となっています。しかし現在では24時間振込み可能という銀行も登場しています

24時間振込み可能な銀行とは?

例えばプロミスであれば、基本的には平日14時までに契約を完了しないと即日融資が受けられません。しかし、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座であれば24時間振込み融資をしてもらえます。さらにアコムやノーローンなら楽天銀行口座を指定すれば24時間振込みが可能です。

審査時間も考慮して余裕を持った申込を

審査時間が「最短30分」と謳われていてもそれはあくまでも目安でしかありません。人によってはそれ以上の審査時間を要することも少なくありません。
そのため、審査時間が長引いてしまい即日融資に間に合わなかったということがないように、ある程度時間に余裕を持って申し込むようにしましょう。

今すぐ借りたいキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・