借金生活はもうイヤ!「借金癖」の治すにはどうすればいい?

多重債務に陥る原因はズバリ「借金癖」です

tokusoku617多重債務に陥る原因の多くは「借金癖」が元になっています。もちろん、やむを得ない事情で多重債務に陥ってしまったという場合もありますが、それは極々少数派です。

借金を重ねれば損が増える

一度でも多重債務の経験がある人なら分かるかもしれませんが、借金を重ねれば重ねるほどどんどん無駄が生じていきます。利息などもそうですし、返済の度にあちこち駆け回る時間も増えていきます。返済だけでも気苦労の絶えない日々となります。
借金の返済に追われている間は、そちらにばかり気を取られて自分がどれだけ損をしているのか気付けないものです。しかし、ある日ふとそのことに気付く瞬間があったら、それが自分を変えるチャンスにもなります。

自己嫌悪こそが最大のエネルギー

借金癖を直す最大のエネルギー源となるのが、「自己嫌悪」です。なぜ自分は借金ばかりに頼ってしまうのか、どうにかならないものか――といった反省の気持ちを持つことが、借金癖脱出の第一歩となります。
逆に、「借金してしまうのは仕方がない」などと、ある意味で開き直ってしまっているようでは、借金癖から抜け出すことはまずできません。反省ができなければそれを行動に移すことはできないからです。

軽い気持ちでの借入が多重債務を作る

多重債務に陥る人の場合、多くの場合は軽い気持ちで借入をしてしまった――という人です。
軽い気持ちで申し込んでみたら簡単に借り入れができてしまったため、「お金が無い=借りればいい」という発想に至ってしまうのです。

年収と同じくらいの借入があれば債務整理も視野に

基本的に、年収の半分ほどの借金があると、かなり返済に苦労します。返しても返してもなかなか借金が減らない状態になっていきます。一般的に年収と同額程度の借金がある場合は、債務整理も視野に入れた方がよいとも言われてもいます。

借金と向き合うことが解決の糸口

借金はたしかに苦しいものですが、その原因を作ったのは他ならぬ自分なのです。まずはそこと向き合ってからがスタートとなります。
お金の使い方を根本から見直すことも大事ですし、とにかくいかに早く完済へと導くかをじっくりと考えることが必要です。その際には絶対に自信を失ってはいけません。多重債務から脱却するんだという強い自信を持ちましょう。
完済するまでは、借金を返済するということをモチベーションにしていくのです。言い換えれば、「借金返済が趣味」と言えるくらいの気概が必要です。

戒めとしての債務整理もアリ

また、どうしても借金に依存してしまうなら、思い切って債務整理を考えるのも選択肢のひとつです。特に自己破産をしてしまえば少なくとも10年ほどはどこからも借入ができなくなりますから、ある意味で借金依存から脱却するにはうってつけの方法と言えるかもしれません。
「絶対に借金はしない!」と強い気持ちで臨むのであれば、そうした選択肢も視野に入れていいでしょう。
ただし、そこまでしても借金依存が改善されない場合、ヤミ金などへ手を出してしまう恐れも否めません。債務整理を考えるなら、そうしたリスク考慮しておく必要があります。

借金返済トラブル講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・