おまとめローンの審査に落ちた場合の対策は

syokku617

審査に落ちたときの賢い対処法

おまとめローンを利用したいと考えて申し込みをしたけれど審査に落ちてしまった――という方も少なくないはずです。
審査に落ちてしまったときは、立て続けにあちこち申し込みするようなことは控えましょう。申し込むのはせいぜい月に3件が限度です。
それ以上だと「お金に困っている」と判断され、どこの審査も通過できなくなってしまいます。
では審査に落ちてしまったらどうしたらいいのでしょうか。

まずは落ち着こう。そして分析しよう

まず、なぜ審査に落ちてしまったのかを分析することから始めましょう。
早く借入をしたいと逸る気持ちもわかりますが、落ちたときにいくら申し込みをしても無意味なだけですし、ますます審査に通りにくくなる状況を作ってしまうだけです。
だからこそ、まずは落ち着いて分析することが大切です。
審査に落とされてしまう原因としては、以下のようなポイントが考えられます。

ローン審査に落ちる主な理由
  • 借り入れ件数が4件~5件以上ある、
  • 過去数か月間に遅延や滞納があった、
  • 過去数か月間にクレジットカードやローンなどの審査に落とされている、
  • 落ちた後、あちこち申し込みをしまくった、
  • 過去数か月間に携帯電話の割賦払いを遅延したことがある、
  • 転職して勤続年数が短い

審査に落ちる人が取るべき対策

これらの落ちる理由の中でも特に、借入件数が多すぎると審査に落とされる可能性が高いと言われています。なので、借入件数が5件を超えているようであれば、せめて3件~4件にしてから再度申し込んでみましょう。
また、滞納や遅延などがあった場合は、数か月間は信用情報機関にその情報が載ってしまいます。これは携帯の割賦払いでも同様です。

借入件数が多いと審査に落ちやすい

したがって、もし延滞や遅延があったのであれば3か月~半年間は申し込みしないようにしましょう。
何度も何度も申し込みを重ねて、その度に審査に落とされるようなことをしてしまうと悪循環に陥るので我慢が必要です。

最終手段は債務整理をすること

もし、審査に落とされる状況がまったく改善されないようであれば、最終的な手段として債務整理をするという方法もあります。
ただし、債務整理をすると5年~10年はローンを組むこともクレジットカードを持つこともできません
その間は現金で過ごすことになりますのでその覚悟は必要となります。
しかし、毎月の返済に追われることもありませんし、巷で言われているような「住民票に記載される」などということもありません。
要は、金融商品を利用できるかできないかというだけのことではあります。

甘い考えなら債務整理=破産するしかない

もし仮に、「お金がないなら借りればいいや」といった甘えた考えを持っているのであれば、おまとめローンよりも債務整理をおススメします
甘えられない状況を自ら作り出すくらいの覚悟は必要です。
おまとめローンの審査が通れるまで自分の状況を改善するとしても、債務整理をするにしても、どちらにしても強い意志と我慢が必要であるということは認識しておきたいものです。

おまとめローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・