銀行カードローンの審査が緩い会社はあるの?

銀行系は本当に審査が厳しいの?

銀行カードローンは審査が厳しい!と思っている方も多いですが、実際には、「パート・アルバイトでも審査に通った」「派遣社員でも借りられた」などという話もあり、比較的審査の甘い銀行カードローンもあるようです。

たとえば、新生銀行のカードローンの「レイク」や「ノーローン」、りそな銀行の「クイックカードローン」、楽天銀行(旧イーバンク銀行)の「スーパーローン」オリックス銀行の「オリックス銀行カードローン」など、非常に多くの銀行カードローンがパート・アルバイトOK、年収・勤続年数不問と宣言しています。
お金がない イラスト
一番銀行カードローンの審査に通りにくい自営業の方でも、意外と簡単に審査に通ったというケースは多く、年収が低くても一度申し込んでみる価値はあるでしょう。

しかし、審査が緩いといっても返済能力があることが大前提ですので、無職で家計収入もなく貯金もなく将来的な収入のあてもないというような場合は、銀行でなくても貸してくれる金融機関はないでしょう。

審査が緩いとされる条件

  • アルバイト・パートOK
  • 年収不問
  • 勤続年数不問

中には、ここまで返済能力がない方じゃなく、パート・アルバイトをしているのに審査に通らない方もいるでしょう。その場合、いくつか理由が考えられます。

審査に通らない理由とは

多額の借金・借入先が多数ある

まず、他の金融機関から融資を受けていて、すでに返済能力を超えた借金をしていると思われた場合が考えられます。年収に対して借入金額が大きくなくても、複数の金融機関から借入していると、「1社から大きな金額を借りられないということは、それだけ信用性が低いのだ」と見なされますので、借入件数が多いことも不利になります。

遅延事故の経験がある

過去に他の金融機関で遅延事故を起こしている場合も、致命的といえます。
銀行カードローンの審査では、信用情報機関というところにアクセスしてその人のローン履歴について調べます。ローン履歴は、その金融機関のローン以外の情報も記録されているので、携帯電話のローンを滞納してしまった、残高不足でクレジットカードの自動引き落としに何度も失敗したという方も、信用が低いと判断されます。

特に3ヶ月以上の長期滞納をした場合や、債務整理を行ったばかりという方は、信用情報の記録がなくなるまで審査に通る可能性はほとんどありません。

もっとも多いのが、申込書や必要書類の不備

たとえば、年収300万円の人が見栄を張って400万円と書いても、銀行にはその方の勤務先や勤続年数、部署などから大体の年収を把握することができる膨大なデータがありますので、内容が誤りであると分かります。

他社借入件数が3件なのに、本人がうっかり間違えて2件と書いても、信用情報をチェックすれば借入件数も分かります。いくら審査の緩いカードローン会社でも、このような嘘やミスが判明すると、その場で審査に落とされる可能性が高いです。

まずは申込書を丁寧に書くことが、審査に通るための第一歩です。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・