銀行カードローンとは? 限度額の縛りが無い低金利のキャッシングサービス

銀行カードローンは消費者金融のキャッシングサービスとどこが違う?

キャッシングサービスで使うATM銀行カードローンは、銀行系列の消費者金融会社が出資・運営しているローンのことです。消費者金融との最大の違いはズバリ、総量規制の有無です。

融資額は少ないものだと数十万円程度ですが、500万円以上の高額融資も可能であり、それぞれの返済能力に合わせて利用可能額が決済されます。そしてここが重要なのですが、年収の3分の1まで、という縛りがありません。消費者金融では年収の3分の1以上の借入ができないように貸金業法で規制されています。

銀行カードローンには総量規制の縛り無し!限度額は信用度に合わせて決められます

一方で銀行カードローンをコントロールする法律は銀行法です。銀行法には総量規制の縛りはありません。実際、住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンでは、年収の何倍ものお金を借りられます。

カードローンでもその人の信用度や支払い能力によって、限度額が設定されます。それは年収の3分の1以上となることもあります。そしてその利用可能額の範囲内なら、ATMやCDから何度でもお金を引き出すことが可能であり、返済もATMから行えます。

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利です

銀行カードローンのもう1つのメリットが金利が低いこと。総じて消費者金融のキャッシングサービス(カードローン)よりも、低金利に商品が設計されています。

以下で銀行カードローンと消費者金融の金利の違いを比べてみましょう。

銀行カードローンの例
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
消費者金融のキャッシングの例
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 4.5%~18.0%

上記のサンプルを見てもわかるように、銀行カードローンの金利は特に高い方の金利で消費者金融に圧倒的な差を付けています。端的に言って、銀行カードローンの方が低金利なのです。

銀行カードローンの最高金利は14%台。消費者金融より3%以上お得です

見るべきポイントは最低金利では無く、最高金利です。消費者金融の最低金利は限度額800万円や500万円の方向け。総量規制があるので、その3倍の年収2,400万円とか1,500万円を持っている方向けの金利です。年収300万円とか500万円とかの一般人には無縁の数字です。そのため比較すべきは最高金利となります。

比較すべきは最高金利!最低金利は一般人には関係ありません

銀行カードローンが14%台なのに比べて消費者金融では18%近い数字が並んでいます。短期間のキャッシングでは支払う利息にそれほど差はありませんが、これが1年、3年などの長期になると大きく変わってきます。そのため長期で借りる人ほど、銀行カードローンを選んだ方が良いのです。

一方で消費者金融でのキャッシングは、銀行カードローンよりもスピードに優れている特徴があります。そのため当座、消費者金融で借りて凌ぎ、その後、銀行カードローンで借り換える、といった使い方が推奨されています。

銀行カードローンの借り入れと返済方法

キャッシングが一括払いを前提としているのに対し、カードローンは分割払いを前提としており、毎月一定の金額を返済していきます。また、キャッシングと比べると低金利で借入することが可能です。

ただし、このように借入の条件が良い分、審査はキャッシングと比べると厳しくなっております。

返済した後は、また翌月から借りてもよいですし、そのまま解約しなければ、1年後でも10年後でも好きな時に利用できます。

ただし、一定期間ごとに更新がありますので、遅延事故などを起こして信用情報を傷付けてしまうと、更新されずにそのまま解約ということもあります。

その場合は、郵便物で連絡が届きます。

銀行カードローン申し込みの注意点

一括りにカードローンと言っても当然ながらその会社ごとによって、即日対応しているか・インターネット申し込み可能かなど強みや特徴に違いがあります。

ですので、カードローン選びにおいては、利用目的が何なのかをいま一度考え、自分の利用目的に合ったカードローンを選ぶことが重要となります。

最近のカードローンは電話はもちろんインターネットから簡単に申し込めることもあり、一度審査が通らないと、ついつい焦ってしまい複数のカードローンに一気に申し込んでしまう方がいらっしゃるようです。

特に緊急でお金が必要な時など切羽詰まっている時は、焦って次々と即日融資のカードローンに同時申し込みしてしまうそんなパターンも少なくありません。

審査は厳格! 複数同時申込みはNG!

カードローンを複数同時に申し込むと審査に通りづらくなると言われていますがこれは事実です。

なぜ色々な会社に申し込みすぎると借りることが難しくなるのか。この理由は簡単です。

融資を申し込んだ実績は個人信用情報としてリアルタイムで記録が残ることになっており、融資可能か審査する際に金融機関は必ず申込者の個人信用情報を照会することになっているからです。

CIC(クレジット・インフォメーション・センター)加盟会員となっている会社は適正な与信判断を行うため、消費者からクレジットやローン取引の申し込みを受けた場合CICで簡単に照会が可能です。

自分としては申し込みした会社とだけやり取りをしている気になってもその履歴は他の会社からも丸見えというわけです。

焦って複数のカードローン会社に申し込んでしまうと、資金繰りで切羽詰まっているのがみえみえなわけです。

ですので、カードローンを申し込む際は、カードローン会社を1つに絞って申し込むことが鉄則になります。

最近はキャッシングとカードローンはほとんど同じです。

このように比較してみると、カードローンの方がキャッシングよりも便利なように思われますが、現在はキャッシングでも分割払いがメインになっており、大手消費者金融の場合は、カードを使用してコンビニなどの提携ATMからも借入・返済できます。

一方、カードローンの方も千円単位で借入できたり、繰上返済や一括払いに対応していたりするケースが多いです。

また、キャッシングのように電話1本で銀行振込できる「カードなしのカードローン」も存在します。

そうなると、ほとんどカードローンとキャッシングの違いはなくなってきてると言えます。

そうはいっても、銀行カードローンはそれぞれ特徴が異なりますので、それぞれのカードローンをよく比較・検討することが大切です。

手軽に借りられるがゆえに注意が必要です

最近ではテレビコマーシャルやメディアの露出頻度の高さも影響してか、銀行カードローンにせよ消費者金融にせよキャッシングができる金融機関と契約することに対してのハードルは良くも悪くも低くなっています。

その手軽さ故に自分のお金と錯覚することがありますが、当然キャッシングは消費者金融から借りる金利付きの借金です。

近年、自己破産や債務整理をしなくてはいけない状況にまで借金が膨れ上がってしまっている方が増加しています。

最初のきっかけは少額のキャッシングだったという方が一般的には割合的にもほとんどです。

アルバイトや主婦の方でも借入をすることは可能ですが、融資を受ける前に一度冷静になり本当に融資が必要なのか、そして融資を受けた際は借金が膨大になる前に借りたお金は期日までに返すというという意識が必要となります。

一度きりの人生、確実に返済ができる金額を自分で把握し、キャッシングを上手に利用しましょう。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・