銀行カードローンの借り方

銀行からお金を借りる方法として代表的なのが、銀行カードローンを利用することです。

借りる理由は様々銀行のローンには、住宅ローンや教育ローンなどさまざまなものがありますが、銀行カードローンは、利用目的を問わずお金を使用できるフリーローンです。
事業資金以外だったら何に対して使用してもOKですので、生活費の補填やショッピングの代金、他のローンの支払いなどにも使用できます。

消費者金融や信販会社などもカードローンを扱っていますが、銀行カードローンと違うのは、総量規制の対象となることです。
そのため、収入がなくては融資を受けることができませんが、銀行カードローンは、そのような規制がありませんので、収入がなくても銀行の判断によって融資可能です。

では、銀行カードローンを利用するためにはどうすればよいのでしょうか。

銀行カードローンの利用方法

まずは、申し込みです。

申し込み方法は、パソコンや携帯、スマホなどからインターネットを通して申し込むことができますし、店頭や電話で申し込むことも可能です。

申し込みには、申込書と身分証明書、高額融資を希望する場合は収入証明書が必要となります。
申込書は、名前や住所、年齢、生年月日、収入、他社借入件数など、さまざまな個人情報を記入する項目があります。

間違った情報を入力しないよう、一緒に身分証明書を提出して本人確認を行いますし、他社借入件数などは信用情報センターにアクセスして確認します。

本人の信用を確認するためにも申込書があります。

どうせ信用情報で分かるのなら、どうして一々申込書に記入させるのか、疑問に思われる方もいるでしょうが、その理由としては自分の債務状況を把握しているか、嘘をついていないかなど、本人の信用を確認する意味もあります。

手書きの申込書ですと、文字の書き方さえも、個人の人格を判断するための材料になります。

店頭申し込みでは、担当者に顔や服装もチェックされますので、挙動不審な行動をしたりラフすぎる服装をしたりしないよう注意する必要があります。
身分証明書は、運転免許証があれば運転免許証、なければ健康保険証や住民票、パスポートなど、銀行側の指定する書類を用意しましょう。
身分証明書に記載された住所と現住所が違う場合は、公共料金の領収書など現在の住所が記載されている書類も用意します。

融資希望額が100万円以上になると、収入証明書の提出を求められる可能性も。

収入証明書は、直近数ヵ月分の給与明細書や源泉徴収票などを利用できます。意外に思われるかもしれませんが、銀行カードローンの審査に落ちる理由でもっとも多いのは、申込書や必要書類の不備、虚偽によるものです。

もっとも基本的なことですから、つまらないミスをしないようしっかり確認してください。必要書類を提出したら、あとは審査が行われ、本人への電話確認、職場への在籍確認が終了したら、晴れてカードローンを利用できます。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・