銀行カードローンと消費者金融系キャッシングの違い

銀行カードローンと消費者金融系キャッシングの違いについてご存じですか?
どちらも金融機関からの借金ですが、そのサービス内容について違いがあります。

まず、銀行カードローンについて見てみましょう。

銀行カードローンは、銀行が融資を行うカードローンです。

一度契約すると、銀行ATMや提携銀行のATMなどから、利用可能額の範囲内で自由に借入・返済することができます。
基本的に担保・保証人不要であり、他の金融機関と比べて低金利で融資限度額が大きいという特徴があります。

また、総量規制対象外のため、年収に関わらず利用できます。

銀行カードローンは低金利な分、審査が厳しいというデメリットがあります。

優良顧客としか契約しないため、金利の低さを維持できるのです。

また、実店舗を持たないネット銀行もありますが、ネット銀行は一般銀行よりも審査が緩やかです。店舗を持たないためコスト削減可能であり、審査が厳しくないのに低金利というメリットがあります。

しかし、定期的に審査が行われ、利用途中なのに追加融資ができなくなるというケースもあります。社会情勢によってサービス内容が変わりやすいというデメリットもあり、一般銀行に比べるとやや信用性に欠けます。

消費者金融系キャッシングは審査が速く、即日融資も可能

一方、消費者金融系キャッシングも担保・保証人不要であり、カードローンと同様にカードを使用して提携ATMなどから借入・返済できるケースもあります。しかし、消費者金融系キャッシングは小口融資を前提としており、銀行カードローンと比べて金利が高く、融資限度額が低いというデメリットがあります。

また、総量規制の対象であり、他社借入を合わせて年収の3分の1までしか利用できないという点にも注意が必要です。
年収の3分の1までということは、年収がない方は利用できないということですので、専業主婦や無職は申し込み自体不可となります(専業主婦は配偶者の同意があれば申し込めます)。

消費者金融系キャッシングはいずれも審査が速く、即日融資も可能というメリットがあります。

銀行カードローンは審査回答が出るまでに1週間以上かかってしまうことも珍しくないため、すぐにお金が必要な時は消費者金融系キャッシングが便利です。

また、審査スピードが速い理由の一つは、審査基準が低いことにあります。審査が甘いので一定の収入があり、信用情報などに特に問題がなければ、すぐに審査に通るでしょう。そのため、アルバイトやパートをしている方にとっては一番借入できる可能性があります。

キャッシング銀行振込で入金してもらうことも可能ですので、審査回答が出ればすぐにキャッシングできます。

まとめてみると、銀行カードローンは金利が低く限度額が大きい、総量規制の対象外というメリットがあります。それに対して消費者金融系キャッシングは、銀行よりも金利が高く融資額が低い、総量規制の対象というデメリットがありますが、審査に通りやすく即日融資可能というメリットがあります。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・