銀行カードローンは専業主婦でも借りられる?

「銀行カードローンを借りたいけど、専業主婦じゃムリ」と諦めていませんか?

確かに銀行カードローンは消費者金融などと比べて審査基準が厳しめですが、専業主婦に関しては、消費者金融よりも銀行カードローンの方がむしろ借りやすいと言えます。

なぜなら、銀行カードローンは総量規制の対象外だからです。

総量規制とは、個人に対して年収の3分の1以上貸付してはならないという融資制限です。

主婦総量規制の対象である消費者金融などでは、本人に収入がないと融資自体不可能であり、パート・アルバイトなどをしている場合も、収入が少ないと少額キャッシングしかできません。

冠婚葬祭や家具の買い替え、旅行費用など、まとまったお金を一度に借りたいと思っても、年収の関係上、専業主婦はなかなか審査に通りにくいです。

一方、銀行カードローンには年収制限がありませんので、銀行独自の審査を通過すれば、まとまった金額でも融資を受けることが可能です。

とはいえ、銀行カードローンを利用する場合も、返済能力がなくては話になりませんので、収入は重要です。アルバイトなどをしていない専業主婦でも、銀行カードローンに申し込むことは可能ですが、一部の銀行では本人に収入があることを条件としているため、仕事をしている方が選べるカードローンは多いです。

→ 専業主婦が即日借りられるキャッシング「カードローン」ランキング

完全に無収入で融資を受けるためには、配偶者の同意書が必要になります。

本人に収入がない分、家計収入で審査を受けることになりますが、配偶者の同意があればその収入に見合った融資額を受けられます。その場合、配偶者の職業や雇用形態なども審査にとって重要になります。

ちなみに、消費者金融でも配偶者の同意があれば借入可能ですが、手続きに手間がかかるという理由から、専業主婦自体の申し込みを受け付けていないケースが多いです。「消費者金融なら借りられると思って申し込だが、どこもダメだった。反対にダメだと思っていた銀行カードローンの審査に通った」という体験談も意外と多いですよね。

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いですから、「審査が厳しいから」などと決めつけず、まずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、審査に通るかどうか不安な方は、保険として消費者金融に同時申し込みするのもありでしょう。

ただし、同時申し込みをする時は、同日中に間を空けず申し込みましょう。

銀行カードローンの審査では、金融機関への申し込み件数というのも審査に影響を及ぼします。

短期間の間に申し込み件数が多いと、いかにもお金がなくて焦っているという印象を与えますし、金融機関によっては一定の申込件数に達すると自動的に審査で落とす場合もあります。しかし、申し込み件数は一定時間ごとに更新されますが、同日中の同時間帯であれば、信用情報に反映される前に申し込むことが可能です。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・