銀行カードローンの審査が通らない理由

銀行カードローンに通らない理由
銀行カードローンの審査になかなか通らない!
そのような人は、自分の個人情報についてもう一度見直してみましょう。
ここでは、銀行カードローンの審査に引っかかりやすい3つの理由を紹介したいと思います。

銀行カードローンに通らない3つの理由とは

まず1つめは、雇用形態です。

正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなど、様々な雇用形態がありますが、現在だけでなく将来的にも安定した収入が見込めるかどうかという点では、会社の正社員は信用性が高いです。

一方、パート・アルバイトなど非正社員は、正社員よりも簡単に仕事を辞めてしまう可能性が高いので、信用性が低くなります。

しかし、パート・アルバイトも雇用関係を結んでいるということで、ある程度信用はあります。

一番信用性が低いのが、自営業です。

自営業は、自社の収入によって生計を立てるしかありませんので、その時々の収入によって返済能力が変化します。

その点が「安定した収入」と言えるのかどうか微妙なところです。また、自営業ですと事業のために借りたお金を使ってしまう可能性があり、事業が失敗するとそのまま回収不能に陥ってしまうリスクがあります。銀行カードローンでは、非正社員向けのカードローンも多く存在しますが、勤続年数が長い、家計収入があるなど、全体的に信用できる要素がなくては、審査に落ちてしまう可能性があります。

2つめは、居住形態です。

持ち家か賃貸か、持ち家の場合は本人所有か家族所有か、賃貸の場合はアパートかマンションかなど、居住形態にも色々ありますよね。
一般的には、家族所有であっても持ち家の方が評価は高く、賃貸もマンション、アパート、借家という順に評価が決まります。

これは、借金を返済できなくなった時に逃げる可能性が高いかどうか、ということに関係しており、評価が低くなるほど踏み倒しのリスクが高まります。また、居住形態と同時に居住年数もチェックされます。居住年数も、長ければ長いほど失踪する可能性が低いと見なされ、審査で有利に働きます。

3つめは、固有電話の有無です。

携帯電話やスマートフォンなどが普及している現代では、自宅に固定電話がないという方も多いでしょう。特に賃貸に住んでいる若者は、わざわざ固定電話を設置しなくても生活することに困りません。

しかし、銀行カードローンの審査においては、固定電話がある方が有利に働きます。

携帯電話ですと電話番号を変えたり紛失したりする可能性があり、いざという時に連絡が付かない可能性がありますが、固定電話ではそのようなリスクはありません。また、固定電話があると、確かにそこに住んでいるという所在確認になります、銀行側としては安心できます。

以上3つのポイントで引っかかる部分があるのであれば、それを踏まえたうえで担当者に信用してもらえる方法がないか模索してみましょう。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・