銀行カードローン返済シュミレーション(計算)

返済額・返済期間をしっかりと把握していますか?

計算機銀行カードローンの返済に遅れてしまう人の特徴として、月々の返済額や返済期間をきちんと把握していないということが挙げられます。
もちろんすべての人ではありませんが、お金にルーズな性格ですと「なんとなくこれくらいだろう」というざる勘定で払っており、気が付くと自分の返済能力以上の借金になっていた、というケースが多いです。

また、毎月きちんと返済しているつもりでも、実は利息だけの支払いで元金は減っていなかった、というケースもあります。

これは、多重債務に陥っている方に多い失敗です。

多重債務に陥っていると、利息が雪だるま式に増えていくので、たくさん返しているのに元金が減らないということがあるのです。そうならないためにも、借金をいくらしているか、利息や返済期間についても正確に把握することが大切です。

「だけど、利息の計算は面倒」「どう計算してよいのか分からない」という方もいるでしょう。
そのような方でも返済シミュレーションを利用すれば、簡単に数値を入力するだけで、コンピューターが自動的に利息や返済期間について割り出してくれます。返済シミュレーションは、銀行や消費者金融などの公式サイトに設置されています。

月々の収入や支出と照らし合わせて、自分に合った返済プランを立てたら、あとはシミュレーション通りに毎月返済していくだけです。その場で確認するだけでなく、コピーして壁に貼り付けたり、ノートなどに挟んだりして、いつでも見られるようにしておきましょう。

普段から目にしているだけで、返済に対する意識は各段と上がります。もしもシミュレーションに無理があり、返済計画が乱れそうな場合は、また一からシミュレーションを行って、返済計画を立て直しましょう。返済計画が乱れる原因としては、返済能力以上の借金をしていることも挙げられます。一般的に、年収の3分の1までだったら返済能力の範囲内として考えられています。

銀行カードローンでも、大体年収の3分の1を目安としており、特殊な場合を除いてそれ以上の貸付をすることはほとんどありません。

もしも銀行カードローンの借入額が年収の3分の1以下であるにもかかわらず、返済に行き詰るような状態であれば、余計な支出が多い可能性があります。一度毎月の支出を洗いざらい計算してみて、余計な支出がないか確認しましょう。

生活費の節約を心がけましょう。

電気代やガス代などに無駄がないか、スポーツクラブの会費を削れないか、外食を減らすことはできないか、パソコンのプロバイダ料金を変えると安くならないかなど、色々削っていくと、「実は借金なんてしなくてよかったかも」ということもあります。銀行カードローンを利用する時は、返済シミュレーションをしっかり行うとともに、節約をして余計な支出を減らしていくことが大切です。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・