“しんきん”信用金庫の会員になるメリット

kangaeru617

“しんきん”は、銀行や消費者金融とは違う第3の選択肢

例えばカードローンを利用したいと考えた時、ほとんどの人は銀行や消費者金融から借入しようと考えるのではないでしょうか。
現在ではネットを開けば必ずカードローン比較などの文字が目に入りますが、それらを見ても掲載されているのは銀行や消費者金融だけに限られています。
しかし、カードローンを利用できるのは何も銀行や消費者金融だけに限った話ではありません。銀行や消費者金融以外の金融機関でもカードローンを取り扱っているということを忘れてはいけません。

信用金庫は会員になれば低金利ローンが組める

銀行や消費者金融以外でカードローンを利用できる金融機関で代表的なものを挙げるとすれば信用金庫ではないでしょうか。信用金庫にはあまり馴染みがないという人も少なくないかもしれませんが、信用金庫で行われている業務内容はほとんど銀行と同じです。
信用金庫は会員になりさえすれば、低金利の融資=カードローンを高い確率で受けることができる、という特徴があります。
ただし、それは逆に言えば、信用金庫のカードローンなどに申し込む際には会員にならなければ融資を受けることができない、ということでもあります。

将来のために信用金庫の会員になっておこう

信用金庫は銀行のような株式会社ではなく、地域に住む会員からの出資によって運営されている金融機関です。
従って、口座を作るなどの場合は会員になる必要はありませんが、融資を受ける際には会員になって出資金を収めることが求められるのです。
とはいえ、出資金といえどもそれほど多額のものではありませんから安心して大丈夫です。
もし出資するお金がなければ借入額から差し引いてもらうことも可能ですし、差し引かれるといっても数千円単位なのでそれほどの痛手にはなりません。

信用金庫の会員としてのメリット

さて、では会員になったとしてどのようなメリットがあるのでしょうか?
たとえ少額であっても出資するからにはそれなりのメリットも欲しいところです。
まず、会員になると前述した通りローンを利用することができます。
信用金庫のローン商品は基本的に会員に向けたサービスとなっている場合がほとんどなのです。

会員として低金利のローンを利用できる

また、取り扱うローンにしても比較的低金利で確実に利用できるという特徴があります。
金利は各地の信用金庫によって様々ですが、大手の銀行と引けを取らないくらいの低金利で利用することができます。さらに、教育ローンやマイカーローンなどを利用する際にも優遇金利が適用されることもあります。

出資の配当金も受けられる

そして、出資者に対しては出資配当金を受けられるというメリットもあります。
配当金の場合、当然ながら通常の預金などもよりも遥かに高い利回りとなっていますから、その信用金庫が黒字であれば必ず配当金を受け取れます。
しかしながら、当たり前の話ではありますが信用金庫が赤字であれば配当金はないということになりますので覚えておくとよいでしょう。
信用金庫の会員になるにはお住まいの地域にある信用金庫や勤め先のある地域での信用金庫のみとなります。
窓口で会員になりたい旨を伝えれば然るべき対応をしてくれますが、この手続きは窓口のみでの対応となりますので注意しましょう。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・