キャッシングのお申し込み方法と流れ

キャッシングの申し込みはどんどん便利になっています

オペレーターが対応してくれます急にお金が必要になるイレギュラーな事態は誰にでも起こりうることです。自分の収入の枠内で生活を営んでいるところに、その枠を超えてしまう出費には頭を悩まされます。

そんな時キャッシングを利用すればスピーディーにお金を借りることが出来ます。ただし、キャッシングを利用してお金を手に入れるまでには必ず審査を通らなければいけません。申し込めば必ず誰でも借りれるというわけではないのです。

キャッシングに申し込むことで審査が始まります

金欠のイラスト(男性)カードローン審査の基準もキャッシングサービスを提供する会社より異なりますし、審査からお金を借り入れるまでの時間も異なります。どこの審査にも共通して言えることが、他社で何件も借り入れがあったり、過去に支払いの延滞をしていた場合には審査は通りにくくなってしまいますので注意が必要です。

おそらく借り入れが厳しい方の場合は、本審査に辿り着く前の、簡易審査、簡易診断時点で「ご利用いただけません」のような診断結果が出てしまいます。早ければ3秒~5秒で診断されます。簡易診断は厳格なものではないため、この時点で落とされる方は可能性は低いと言わざるを得ません。

本審査は即日審査が主流! 早ければ当日中。遅くても翌営業日には審査結果が届きます

お金を借りられて安心している男性本審査も以前までは時間がかかるものでしたが、最近では即日審査を終了してその日のうちにキャッシングを利用できるようになっています。

そもそもキャッシングを利用したいという人はすぐにでもお金が必要なわけですから、審査に無駄な時間をかけてしまうことはせっかくの顧客を失ってしまいかねません。その日のうちに審査を終えられるシステムが確立したことは双方にとってもメリットが大きいわけです。

近年では、多くの金融機関で、Web上での審査が主流となっているので手軽に審査を受けることができます。

申し込み方法の主流はインターネットからの「Web完結」

パソコンで申込みをしている人のイラストキャッシングの申し込み方法は、「Web申し込み」、「自動契約機」、「来店」、「電話」、「郵送」などがありますが、何時でも何処からでも申し込めるという利点から、Web申し込みが現在の主流となっています。キャッシングの利用を考えたらまずWebから申し込みをして審査を受けましょう。

先にも述べましたが審査の基準は金融機関によって異なりますので、ある会社で審査が通らなかったとしても他のところでは審査が通るという場合もあります。各社同時に申し込むのはリスクがありますが、複数の会社の申し込みを検討するのも一つの手です。

スピードの「消費者金融」か、金利の「銀行系」か

銀行のイラストキャッシングできる会社はいくつかありますがメジャーな機関が「消費者金融」と「銀行系」です。

審査基準が比較的優しく、申し込みから融資までスピーディーにできるのが「消費者金融」です。キャッシングを利用する人の多くがすぐにお金を手に入れたいという状況にあると考えると、すぐにお金が手に入る消費者金融が強い味方になります。

消費者金融も大手は安全・安心です

かつては世間的にあまり良いイメージを持たれていなかった消費者金融ですが、貸金業法改正の影響もあってか、大手の消費者金融が銀行の傘下になったり、金利が低く設定されるようになって返済がしやすくなったり、テレビCMによって世間的認知度も高くなり、以前より安心感と信頼感も増してきました。

審査が比較的厳しく、融資まで多少の時間はかかりますが、金利を低く抑えてお金を借りれるのが「銀行系」です。銀行からお金を借りるという点で安心感と信頼感もあります。

即時性を求めて消費者金融を選ぶか、低金利を求めて銀行系を選ぶかは、状況に応じて判断してください。

審査の肝は安定した収入と過去の返済履歴

やる気のある会社員審査を通るための条件とはいったい何なのでしょうか?一番大事なことは「安定した収入がある」ということです。それはあなたが正社員であろうがアルバイトであろうが、安定した収入があるかどうかをキャッシング会社は審査します。そしてあなたに返済能力があるかどうかを判断してお金を貸せるかどうかを審査します。

もしあなたが無職であったり、過去に返済の延滞をしたことがあると審査に落ちる場合もあります。金融機関が一番避けなければならないのは、貸したお金が返ってこないという事態が起こることです。返済能力が疑わしい人にはお金を貸せない、というのは当然のことなのです。

申し込みの際、虚偽りの情報を書いてはいけません。

「ダメ」のポーズをする男性キャッシングを申し込む際、利用者の情報をいくつか書き込んでいくわけですが、どうしてもお金を借りたいと願うばかりに審査を有利に運ぼうとして、自分の収入や、他者からの借り入れの有無について虚偽りの記載をしてはいけません。それはむしろ逆効果です。

キャッシングの審査では個人信用情報機関という機関より申込者の過去の取引履歴が確認されています。信用情報機関とは、過去に金融事故を起こしたり多重債務者になってしまった人を選別するための機関で、その情報は各金融機関に共有され、審査の際に照らし合わされます。つまり、嘘はバレます。嘘がバレると審査にはマイナスにしか働きませんので正しい情報を記載しましょう。

また偽るつもりはなくても誤字脱字といったミスも審査に影響します。非常に多いことらしいのですが、申告書もちゃんと書けない人に返済能力があるのか疑わしいと思われてしまいます。申告書の記載は正直に、そして慎重に行いましょう。

必要な書類を準備しましょう

ゴールドの運転免許証Web上で申し込みをし、審査を通ったら必要書類を送ることになります。これには郵送か、メールもしくはWeb上にアップロードする方法があり、方法は金融機関の方針に従って行います。

必要書類については各キャッシング会社の情報のチェックして漏れのないように準備をしてください。一般的に必要な書類は「本人確認書類(運転免許証、保険証、パスポートなど)」と場合によっては「収入を証明する書類」です。各キャッシング会社のWebサイトなどをチェックし、自分の利用方法、借りたい金額などと照らし合わせて書類を準備してください。

相手が必要書類を受け取り、本人であることが確認されたのち、借り入れが可能となります。すぐにお金が必要な場合は、現金を銀行に振り込んでくれるのが基本的なシステムで、カードは後から郵送されてきます。

審査もよりスピーディーな時代へ

固定電話の親機各金融機関とも、審査スピードが顧客獲得のポイントとなっていますから、早急にお金が必要な消費者にとってしっかりとニーズに応えてくれるシステムとなっています。

最近の審査の傾向としては、以前までは主流であった電話での本人確認や、必要書類の簡略化なども増えています。本人確認の電話では、職場まで電話をかけてきたりすることもありましたし、申込みにあたって必ず収入を証明する書類も必要でした。

近年では、本人の携帯電話にのみ電話をし職場への在籍確認を省略したり、申込み金額に応じて収入証明書は不要であったりなどのシステムが増えてきています。

即日審査に即日融資が当たり前!しかし在籍確認や収入審査は厳格に行われます。

ただ、返済能力を知る上で収入や勤務先の在籍確認はやはり重要なポイントとなってくるものですから、収入証明書の提出もしくは勤務先への在籍確認は まずあるということは承知しておきましょう。金融機関によっては収入証明書に書かれている勤務先を確認することで在籍確認としているところもあります。

カードを受け取る際は、WEB契約であれば郵送、店頭や自動契約機などの場合はその場で発行され、その日から利用することが可能となります。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・