キャッシングでは何を基準に審査されるのか? 総量規制の対象と例外とは?

そもそもキャッシングにおける審査とは?

審査通過は○なの?×なの?キャッシングの申し込みをすると、金融機関では申込者の審査をすることになります。なぜ審査をするのかといえば、お金を貸すにあたってその人が信用できる人物かどうかを把握するためです。

金融機関がお金を貸すことは商売です。貸したお金が返ってこないという事態は最もあってはいけないことです。キャッシング利用者がちゃんと継続的に返済できるため、また無理な返済をして利用者の身の破綻を引き起こさないためにも審査が必要不可欠となってきます。

キャッシングの審査で注意すべきポイントとは?

なぜ?頭にクエスチョンマークが浮かんでしまう申し込みをする際に気になることと言えば、どの金融機関に申し込んだらいいか分からないというところではないでしょうか?

結論から言えば、TVなどでCMを流しているようなところであれば安心といっていいでしょう。消費者金融や信販系、銀行系など色々ありますが、広告宣伝費をかけているところは大手であり知名度もあるという証拠なので、申し込むにあたってひとつの目安となります。

また、消費者金融も昔のサラ金時代とは違い金利も他の金融機関と変わらないので安心できます。

キャッシングの審査では何を見られるか?

仕事始めで頑張る新社会人金融機関が利用者に返済能力があるかどうかを見極めるために最も重要視されるのが「収入」です。

当たり前ですが、収入がない人に返済能力はありません。現在失業中でお金に困っていて、キャッシングを利用したい思っている人はまず、就職をする必要があります。なにも正社員になる必要はありません。パートでもアルバイトでも構いませんのでとにかく仕事に就く必要があります。

無職でも融資OK!なんて金融機関は俗に言う「ヤミ金」の可能性が高いです。専業主婦(主夫)であれば銀行カードローンが利用できますが、消費者金融では禁止されています。絶対に利用してはいけません。

収入が「高い」よりも「安定」している方が大事

利用者に収入源があることは大前提として、その収入の高さよりも安定しているかどうかが重要視されます。

それ故、収入が安定している公的な機関で働いている人の評価は最も高く、逆に収入に波のある自営業や個人事業主の人の評価は低くなります。

勤続年数も重要な評価になりますが、長ければ長いほど評価が高くなるわけではありません。ただし勤続1年未満の人は評価が低くなる場合があります。優良な法人企業に勤め始めたばかりの人よりも、5年以上今の仕事を務めているアルバイトの人の方が評価が高くなることも考えられます。

他社借入件数が多いとアウト?

多額の借金に潰されそうな男性キャッシングの審査において、利用者の収入と同等に重要視されるのが「他社借入件数」と「他社借入金額」です。

他の金融機関からお金を借りているか?何件の金融機関からいくら借りているか?を問われるということです。3件以上の借入件数があると金融機関によっては審査を通らない可能性が高いです。

対処法としては、特定の機関からの借入を完済するか、まとめるかしてとにかく借入件数を減らしましょう。審査では借入の金額よりも件数の方が重要視される傾向にあります。

親と同居している独身者は審査に有利?

過保護な親と従順な子どもキャッシングの審査では利用者の生活状況も見られます。誰と、どんな家に住んでいるかという情報もまた重要になってきます。

概ね、一人暮らしよりも家族と暮らしている方が審査には有利になります。万が一利用者と連絡が取れなくなっても金融機関が家族と連絡をとれるからです。

また、出費の面で子持ちよりも子無し、既婚者よりも独身者のほうが出費が少ないために評価が高くなる可能性もあります。ただ、社会的責任があるという意味で既婚者のほうが返済能力が高いという考え方もできるので一概には言えません。

住居は何と言っても自己名義の持ち家に住んでいることより高い評価はありません。逆に低所得者向けの公営住宅などは評価が低くなります。

居住年数は長ければ長ければ評価が高くなる傾向にあります。

フリーターや主婦でもキャッシングは利用可能

テレビを見ながらお煎餅を食べている主婦のイラストキャッシングの審査は収入の高さよりも、安定して継続した収入があることの方が重要です。たとえフリーターであっても、安定した収入があり、なおかつ初めてのキャッシング利用であれば基本的に審査は通ります。

キャシングは現代とても身近なものになっており、自身の収入の無い専業主婦でも申し込めます。ただし、その場合は配偶者(夫)の安定した収入が絶対条件であり、消費者金融の中では主婦向けの融資は稀有な例です。主婦の方でキャッシングを検討している人は銀行系のカードローンを検索してみるといいでしょう。

キャッシングのルール「総量規制」とは?

総量規制とは、個人向け貸付けを対象として個人の借入総額が、原則、年収の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。

これにより、年収300万円の人は100万円以上の借入ができません。また、新規の借入で50万円以上、借入の合計が100万円を超える場合の借入の申込に関しては、所得証明の提出が義務付けられました。

そもそもこの総量規制は、過去に高金利で過度の貸付けを行う金融機関が多発し、多重債務に陥って破綻する債務者が増えてしまったことを受けて、国が対策を模して発足された規制です。2010年6月18日の改正貸金業法の完全施行から総量規制は導入されました。

総量規制の基準となる年収の種類

総量規制における「年収」とは以下のように定義されます。

  • 給与収入…社会保険料などの控除分・賞与・各種手当(交通費・残業手当・住宅手当など)を含めた総支給額のことをいいます。つまり手取りではなく、控除前の額面です。
  • 年金…公的年金と私的年金の両方が対象となります。
  • 不動産の賃貸収入…家や土地の賃料だけでなく、礼金・更新料・共益費・返還の必要のない保証金なども含まれます。事業として不動産賃貸業を営んでいる場合は除かれます。
  • 個人事業の事業所得…農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業を営んでいる人のその事業から生ずる所得のことです。

給与明細書その他、ギャンブルや宝くじの当選金、保険や投資による収入、退職金や資産相続によって得た「一時的な収入」は年収には含まれません。

この定義の元に年収を割り出し、その3分の1までしか借入できない、というのが総量規制です。

総量規制は債務者を窮地に立たせないための規制ですが、これのおかげで逆に高額な借入ができなくなってしまったのが現状です。

しかし、総量規制には対象となる借入と、対象とならない借入が存在します。

総量規制の対象となる借り入れ

  • 消費者金融からの借入
  • 信販会社のキャッシング
  • クレジット会社のキャッシング

これら3つの借入が総量規制の対象となります。これらの機関の借入に関する情報は信用情報機関にしっかり管理され、各金融機関が厳しくチェックしています。

逆にこれら以外の借入は総量規制の対象外となると言っていいでしょう。身近なもので言えば、住宅ローンや、自動車ローンなどは対象外となり、総量規制の借入残高には含まれません。

総量規制の例外となる借り入れ

総量規制には例外と認められている借入が存在します。それらは借入残高にカウントされますが、例外的に年収の3分の1を超えた額の借入が出来るようになります。貸金業法から以下のようにまとめられます。

  • 顧客に一方的有利となる借換え(おまとめローンなど)
  • 緊急医療費のための借付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け(葬儀費用など)
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関(銀行など)からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

上記のものが例外として存在し、条件が当てはまれば年収の3分の1を超えた借入が可能になります。

総量規制が適用されないキャッシング=銀行系カードローン

キャッシングのおける最大のネックとなる総量規制は銀行系のキャッシングには適用されません。消費者金融に比べ、審査にかかる時間も長く、その内容も厳しくなりますが、多額の融資を受ける必要があるのであれば銀行系のキャッシングサービスの利用を検討しましょう。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・