主婦が注意すべき銀行カードローンと銀行キャッシングの違い

よく分からない「銀行は低金利だし、専業主婦でもキャッシングできるみたい」そう思って銀行キャッシングを見てみたところ、「全然低金利じゃないしキャッシング枠も少ない!」と困惑してしまった方はいるでしょうか。

また、「クレジットカードでキャッシングできると聞いていたのに、別途キャッシュカードを作ることになった」と頭を捻っている方もいるかもしれません。
このような「想定外」の出来事は、銀行カードローンと銀行キャッシングの違いについて勘違いしていることで生じます。

両者の違いについて見てみましょう。

まず銀行カードローンは、キャッシュカードを使用して指定銀行口座から一定額を借入・返済できるローンです。

直接銀行に行かなくても、提携ATMやCD(キャッシュディスペンサー)を利用して借入できるので、近くに銀行がなくても安心です。
銀行カードローンの返済方法は、主に分割払い・リボルビング払いであり、繰上返済の手続き方法についてはそれぞれ異なります。

リボルビング払いですと、基本的に毎月利息を払い続けていれば返済を先延ばしできます。

利息は元金に対して発生するので、早く元金を減らすことをおすすめします。それに対して銀行キャッシングは、主にクレジットカードに付帯するキャッシング枠のことをいいます。クレジットカードを新規契約する時に、キャッシング枠を付帯したり、後で追加したりすることで利用できるキャッシングです。

カードローン同様、契約の際に利用可能額を設定されるので、その範囲内で何度でも借りることができます。提携ATMやCDを利用できることも同じです。ただし、銀行キャッシングの主な返済方法は翌月一括払いであり、リボ払い可能な場合も「5万円以下の借入であれば毎月5,000円ずつ、10万円以下の借入であれば毎月10,000円ずつ」など、返済金額が初めから決まっていることが多いです。

また、銀行キャッシングは少額キャッシングを想定しているため、利用可能額が少なく、銀行カードローンよりも金利が高めです。すでにキャッシング枠の付いたクレジットカードがある場合、特別な審査を経ずにそのまま使用できますが、返済期間も長引きそうな場合は、より低金利の銀行カードローンを利用することをおすすめします。

銀行カードローンはインターネットから申し込み可能であり、必要書類の提出も携帯の写メなどを利用して画像送信できます。画質が悪いのであれば、コンビニのコピー機などを使用してFAX送信することもできます。

ただし、銀行カードローンは審査に時間がかかる傾向があるので、余裕を持って申し込みましょう。

即日融資を希望する方は、審査スピードの早い大手消費者金融に申し込むという方法もあります。いずれを利用する場合も、キャッシング会社によってサービス内容に違いがあるため、よく比較してから自分に合ったサービスを選びましょう。

専業主婦キャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・