主婦ローンお申し込みのポイント

家事や育児などで忙しい主婦でも、カードローンは自宅から簡単に申し込めます。

「主婦はカードローンに申し込めない」と思われている方もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

パートなどで一定の収入があれば、ほとんどのカードローンに申し込み可能であり、無収入の場合も家計収入があれば銀行カードローンに申し込めます。銀行や大手消費者金融ですと、金利が低いうえにWEBサービスを利用できるので、キャッシングが気軽に行えます。

WEB契約のその一つであり、申し込みから必要書類の提出、審査回答などすべてWEB上で行えます。

WEB契約 イメージ画像金融機関に出入りしているところを近所の人に目撃されたくないという方には、WEB契約はおすすめです。

また、カードローンは担保・保証人不要ですので、配偶者の同意を必要としない場合は、家族などに知られることなく契約できます。WEB契約は、スタッフと顔を合わせることもないので気楽ですが、本人確認と在籍確認の電話があります。

本人確認の電話では、申込内容について再確認したり、本人しか知らない情報を訊かれたりするので、焦ってしまいそうな方は事前にメモしておきましょう。本人確認では主に、月収や居住年数、生年月日、干支、結婚などによる姓名変更などを訊かれます。

緊張するかもしれませんが、すぐに終了するので焦る必要はありません。50万円以下の借入については、ほとんどの場合収入証明書は求められませんが、儀礼的に「収入証明書は用意できますか?」と訊かれることがあるので、「はい」と答えておきましょう。

本当に用意しなくてはいけなくなっても、パートなどで個人収入のある方は当然給料明細書などがあるでしょうし、家計収入で申請する場合は配偶者の源泉徴収票などを提出すればOKです。職場に在籍確認の電話がありますが、カードローン会社からの電話と分からないよう個人名で電話をかけるので心配要りません。

カードローン会社によっては、勤務先が確認できる書類(源泉徴収票や給料明細書)を提出することで職場への電話確認を回避できます。

必要書類については、FAXや電子メールで送ることができます。

必ず必要になるのが、運転免許証などの身分証明書であり、50万円以上借入する場合は先に述べた収入証明書、身分証明書に記載された住所と現住所が違う場合は住民票などです。審査に通過すると、契約書やキャッシュカードなどが自宅に郵送されるので、晴れてキャッシングが可能となります。

キャッシュカードを使わなくても、電話一本で銀行振込してくれるところもあります。すぐにお金が必要な場合は、大手消費者金融の自動契約機を利用するという方法もあります。先にインターネット申し込みを行ってから、自動契約機に来店すると、スピーディに手続きできます。その際、必要書類を忘れずに持参しましょう。

専業主婦キャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・