おまとめローン審査前のチェックポイント

checklist2

おまとめローン申請前の確認事項

おまとめローンの利用を考えるのであれば、事前準備としてチェックしておくべきことがあります。
これは審査にも直接影響することなので、ぜひとも参考にしてください。

確認①借り入れ件数と借入総額のチェック

まず、自分はどこの金融業者からいくら借りていて、総額いくらになるのかを知っておきましょう
そして各社それぞれにどのくらいの金利がかけられているのか、利息を含めた毎月の返済額はいくらか、などを今一度再確認しておきましょう。

確認②おまとめローンの申請理由を明確に

その上で、自分はなぜおまとめローンの利用を検討しているのかという目的も明確にする必要があります。
月々の支払額を低く抑えたいのか、バラバラな支払日を固定したいのか、毎月の返済額が多少増えてでもいいから返済を早く済ませてしまいたいのか、などといった目的を設定することが大切です。
そこから、その目的に応じておまとめローンを比較していくことが大切です。
「ただなんとなく借りようと思ってる」という安易な考えはやめましょう。

追い込まれているという自覚が大切

いい加減な気持ちでは、仮におまとめローンを利用できたとしても、また他の金融業者から借入しようという甘い考えに誘惑されてしまうのがオチです。
現状を変えたければ、まず自分の意識を高く保つことを考えてください。

確認③おまとめローン利用時の支払い総額を勘定

申し込みたいおまとめローンが見つかったら、おまとめローンの利用で実際にどれだけ自分にとってメリットがあるかを確認しましょう。
月々の支払額にはゆとりがあるか、返済期間はどうか、返済期間が長すぎることに伴って金利の負担は重くならないか、返済日は返済可能な日にちか、などを確認しておくようにしましょう。
この確認を怠ってしまうと、最終的な返済総額が多くなってしまっていたりすることもあります。
充分にシミュレーションしておいて損はありません。

確認④安心できる業者を比較、選定する

また、申込前にはその金融業者が信頼に足る企業であるかどうかを確認しておきましょう。
多重債務者の足元をみて誘惑してくる悪質な業者も少なくありません。
その会社の知名度などはもちろんですが、電話番号はちゃんと記載されているか、住所は貸事務所のようなところではないか、設立されたのは最近ではないか、などを重点的にチェックしておきましょう。
住所が貸事務所であればネットなどで検索すればすぐに分かりますし、電話番号が記載されているにしても携帯電話などであったならば言語道断です。
また、設立されてから歴史の浅いような企業であれば、信用性は低いとみなしていいでしょう。

最後に:低金利=優良業者とは限りません!

悪質な業者というと高金利なイメージがありますが、逆に顧客を獲得するために低金利をうたっている業者もあります
ありえないような低金利であれば怪しんだ方が無難です。
もちろん、「ブラックでも借入OK」などと謳っている業者も要注意です。
おまとめローンを利用おまとめローンを利用するのであれば、だれもが知っているような知名度のある業者を選びましょう。

おまとめローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・