おまとめローン審査の注意点

writing617

おまとめローンにも審査があります

おまとめローンを申し込みたいと思っても、審査に通過しなければどうすることもできません。
申し込みをするにあたって、注意したいポイントなどについてお話しします。

信用審査は金融商品には必須の手続き

おまとめローンも金融商品である以上は審査を避けては通れません。
審査基準としてもっとも重視される点は、返済能力があるかどうかという点です。
要は、お金を貸すに値する信用性があるかどうかを判断されるのが審査ということになります。
この基準はおまとめローンであろうとクレジットカードの審査であろうと同じです。
金融商品の利用には必ず信用性が関わってくることを知っておきましょう。
現況においては多重債務に陥っているとしても、お金を借入できてきたということは信用性があったからです。
なので、そこは弱気になることなく自信を持つようにしましょう。

通常のカードローンよりも審査は厳しくなります

実際に利用したいおまとめローンを見つけて申し込んだとします。
そうすると、その申し込みの内容に関する真偽を審査されます。
ここで嘘の申告をしてしまうと審査に影響する恐れがあるので正直に申告することが重要です。
現在利用しているクレジットカードの情報やローンの情報などはすべて信用情報機関で調べれば分かってしまいますから、嘘を申告すれば即バレてしまいます。
その後、勤務先の在席確認などを経てスコアリングという段階へ移ります。

信頼性はスコアリングされて数値で出ます

スコアリングとは、申し込み内容に基づいてコンピューターでスコアをつけていくという方法です。
ここで一定以上のスコアであると判断されれば、概ね審査通過ということになります。
スコアリングには申し込みの段階で記入した内容ほぼすべてが対象となります
申込者の年齢はもちろんのこと、性別や結婚、子供の有無、勤続年数や勤務形態、年収、他社からの借入額や借入件数などをもとにスコアリングしていくのです。
また、申し込み後に担当者からかかってくる電話などに対する応対なども少なからず影響してきます。
オドオドしていたり、横柄な態度で応対してはいけません。
丁寧に適切な対応をすることも大切です。
そこでは誠実さなどが判断されます。

スコアの他にも判断基準はあります

スコアリングに関するそれぞれの項目にも、「好ましい条件」という基準があります。
年齢は若すぎても高すぎても不利ですし、居住形態も賃貸よりは持ち家の方が理想的です。
また、未婚よりも既婚、子供がいないよりはいた方が有利になります。
居住年数も長ければ長いほど有利です。
職業においても安定性が高いほど有利となります
大企業か中小企業か、従業員数は多いか少ないか、正社員か非正規社員か、勤続年数は長いか短いか、固定電話はあるかないか――こうした細かい条件すべてが審査に関わってきます。
申し込み前には、自分がどれだけ審査基準を満たしているか改めて確認しておくことが必要です。

おまとめローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・