三井住友銀行カードローンは専業主婦でも借りることができる?ローン契約機での借り方は?増額もできる?

三井住友銀行カードローンはローン契約機(ACM)からの申し込みが便利!

ATMで気軽にキャッシング

三井住友銀行カードローンの特長を挙げるとすれば、やはりローン契約機(ACM)の存在を抜きには語れません。

三井住友銀行カードローンのローン契約機(ACM)は自動契約機と同じようなもので、三井住友銀行のATMコーナーに設置されています。こうしたスタイルで申し込みができるのは銀行カードローンとしては珍しいと言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンはローン契約機でローンカード発行可能!

スムーズな借り入れに対応した銀行系カードローンも増えてきていますが、その多くが自行口座への振込みによって利用を可能にしています。

しかし、ローン契約機などの自動契約機であれば、その場でカード発行を受けることもできるため、後日ローンカードが郵送されてくるという煩わしさも皆無です。

銀行カードローンもスピード審査後にローンカード発行の時代!

自動契約機といえば、消費者金融で有名ですし、アコムの無人くんなどは代表的な自動契約機としても知名度が高いですよね?

消費者金融はこの自動契約機によって、審査後のローンカード発行を可能にしています。そのため、「スピードなら消費者金融」というイメージもすっかり定着しました。

しかし近年では、審査の長いことでも知られていた銀行カードローンでもスピード審査でローンカード発行に対応したものが増えつつあり、これまでは消費者金融の特権とも言うべき自動契約機まで備えた銀行も登場してきたのです。そのひとつが三井住友銀行カードローンというわけですね。

銀行カードローンで自動契約機は貴重!

自動契約機で銀行カードローンの契約ができるようになったのはつい最近のこと。そのため、自動契約機を備えた銀行カードローンというのもそう多くはありません。

現段階で自動契約機によるカードローン契約ができる銀行カードローンは、『三井住友銀行カードローン』、『三菱UFJ銀行カードローン バンクイック』、『新生銀行カードローン レイク』といったところです。

銀行全体の数から考えたらまだまだ少ないのも現状なのです。それだけに三井住友銀行のローン契約機の貴重さが際立ちますよね?

銀行カードローン名 自動契約機名 お申し込み営業時間
三井住友銀行カードローン ローン契約機(ACM) 平日・土曜・日曜・祝日9時~21時
※契約機により営業時間、休日が異なります。
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 テレビ窓口 平日9時~18時/土日祝日10時~18時
新生銀行カードローン レイク 自動契約機 平日土曜8時45分~24時/日曜祝日8時45分~22時

三井住友銀行カードローンのローン契約機はどこに設置されている?

では、三井住友銀行カードローンのローン契約機はどこに設置されているのでしょうか? せっかく利便性の高いローン契約機であっても、身近に設置されていないのであればとても利便性が高いとは言えません。

たとえば、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの自動契約機「テレビ窓口」では、三菱UFJ銀行の支店にしか設置されていない上、支店はあってもテレビ窓口が設置されていない県もあったりします。利便性で考えた場合、消費者金融の自動契約機には劣ってしまうのです。

三井住友銀行カードローンのローン契約機は全国どこにでもあります!

三井住友銀行カードローンのローン契約機の場合はどうかというと、消費者金融にも引けを取らないほどの設置数となっており、その数なんと全国1,400ヵ所以上! 『三菱UFJ銀行カードローン バンクイック』のテレビ窓口や、『新生銀行カードローン レイク』の自動契約機の倍以上の設置数を誇ります。

設置数が多い理由はSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスにもあるから!

三井住友銀行カードローンのローン契約機は、三菱UFJ銀行と同じように各店舗にも設置されていますが、街角に設置されている三井住友銀行の無人ATMにも設置されています。

さらにそれだけにとどまらず、三井住友銀行カードローンの保証会社でもあり、三井住友銀行と同じSMBCグループに属するSMBCコンシューマーファイナンスの『プロミス』が展開している自動契約機コーナーにもローン契約機が設置されています。

一昔前では想像もできなかったコラボ!同グループだからこそ実現

消費者金融の自動契約機コーナーに銀行カードローンの自動契約機も設置されているのは、日本広しといえども三井住友銀行カードローンとSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス以外には存在しません。

消費者金融と銀行カードローンの自動契約機が同設されているのも、同じグループ企業だからこそ実現できることではありますが、例えば三菱UFJ銀行と同じグループであるアコムの自動契約機に三菱UFJ銀行のテレビ窓口が設置されていることはあり得ません。

このように、消費者金融と銀行カードローンの自動契約機が一緒に設置されているのはとてもレアなケースと言えます。企業のサービス力という点から見ても、注目に値しますね。

ローン契約機はあなたの身近に設置されています

三井住友銀行カードローンのローン契約機の設置場所をまとめると、三井住友銀行の各支店、無人ATM、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが設置する自動契約機コーナーなどとなります。

設置率・設置台数ともに他行を凌ぐ三井住友銀行カードローンのローン契約機。私たちにもっとも身近な銀行カードローンと言えるかもしれませんね。

ではどんな方が三井住友銀行カードローンに申し込めるのでしょうか?たとえば専業主婦でも借りられるのでしょうか?

三井住友銀行カードローンは専業主婦でも借りることができる?銀行カードローンでもできない?

三井住友銀行で専業主婦が借り入れるのは無理!

専業主婦は駄目なの~!?

専業主婦でも申し込めるカードローンは、現状では銀行カードローンだけに限られています。消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などで発行するカードローンは専業主婦は申し込むことができません。

しかし一部の銀行カードローンは専業主婦の借り入れにも対応していますが、三井住友銀行カードローンは専業主婦は借りることができません。

三井住友銀行カードローンは専業主婦貸し出しNG

銀行が専業主婦にも貸し出し可能だからといって、すべての銀行カードローンで専業主婦OKだというわけでもなく、同じ銀行系カードローンでありながら、銀行によって専業主婦OKのカードローンと専業主婦NGのカードローンとがあります。三井住友銀行カードローンは、そんなNGの銀行カードローンの1つです。

すべてのメガバンクで専業主婦OKではないというところが難点

三井住友銀行カードローンの場合、専業主婦の申し込みはNGとなっています。ちなみに、三大メガバンクである三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行の中で専業主婦NGなのは、三井住友銀行だけ。非常に使い勝手の高いカードローンなだけに、その点だけはちょっと残念な気がしますね。

銀行名 サービス名 専業主婦の可否
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン ×借入不可
三菱UFJ銀行 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 ○借入可能
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン ○借入可能

なぜ銀行によって専業主婦OKなところとNGなところがあるの?

消費者金融などと違って銀行カードローンの場合、専業主婦への貸し出し可否は各銀行の裁量に任されているといってもいいでしょう。

各銀行によって専業主婦への貸し出しにバラつきがあるのは、『専業主婦』そのものを職業とみなしているかどうかが、判断の分かれ目となっているとも言えるでしょう。

専業主婦は職業→少額融資OK・専業主婦は無職→融資NG

専業主婦への貸し出しが可能な銀行カードローンであっても、借りられるのはあくまでも少額融資の範囲内。概ね30万円~50万円というのが目安となっています。それでも融資可能ということは、配偶者の収入で審査が行われるとはいえ、ある意味で専業主婦をひとつの職業としてみなしてくれているのでしょう。

一方、三井住友銀行カードローンのように専業主婦NGの場合、たとえ配偶者の年収が高くても、「本人に収入がない=無職=融資不可」という判断をされているということになります。

専業主婦NGなのは保証会社の影響もあるの?

銀行カードローンの審査は保証会社を通して行われますから、もしかしたら専業主婦NGだというのも、保証会社が影響しているのでしょうか?

三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンスが保証

三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスです。SMBCコンシューマーファイナンスといえば『プロミス』というブランドでも有名ですし、消費者金融といえば専業主婦NGですから、保証会社が関係しているというのも頷けます。

実は保証会社の影響はあまり関係ありません

しかし、例えば『三菱UFJ銀行カードローン バンクイック』は消費者金融の『アコム』、『みずほ銀行カードローン』は信販大手のオリックスコーポレーションが保証会社となっています。貸金業者が保証会社になっているのは三井住友銀行カードローンだけでなく、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックもみずほ銀行カードローンも同じなのです。

あくまでも三井住友銀行カードローンの方針です

それなのにこの2行は専業主婦OKとなっているわけですから、保証会社が関係しているとは言えないわけですね。実際、保証会社は同じなのに専業主婦OKなカードローンとNGなカードローンがあったりもします。専業主婦への貸し出し可否は、あくまでもそのカードローンを扱う銀行の判断によるものだということになります。

三井住友銀行カードローンを専業主婦が利用するなら配偶者にお願いするしかありません!

以上のように、三井住友銀行カードローンでは専業主婦が単独で借り入れることはできません。どんなに足掻いても、天地がひっくり返っても不可能です。

生活費の借り入れなら配偶者にお願いするのも方法です

カードローンの利用目的が生活費の穴埋めであるならば、まずは配偶者にお願いしてみるというのもひとつの方法として考えられます。最低限の生活を送る上でも大切なことですから、まずは配偶者に相談し、必要であれば配偶者自身の名義で申し込む方がいいでしょう。

家族に内緒で小遣いを借りたいなら他のカードローンへ申し込み!

逆に、自分の小遣いとして、家族に内緒で借りたいという理由なら、三井住友銀行カードローンでは確実に借入不可なので、専業主婦OKな他社カードローンへ申し込むようにするしかありません。

三井住友銀行カードローンは安心の銀行系カードローン!銀行ならではの金利と限度額

三井住友銀行カードローンと限度額の関係は?

限度額の縛り

カードローンの利用にあたって気になるのがいくらまで借りられるか、という問題ですよね? 恐らく多くの方がご存知かとは思いますが、消費者金融では高額の借り入れは期待できません。補足として簡潔に説明しておくと、年収の1/3を超えた借り入れをすることができないのです。これが総量規制です。

貸金業法で定められている総量規制は消費者金融を縛っています

総量規制は、貸金業法という法律で定められているもので、貸金業を営んでいる貸金業者は、この法律に則って融資を行わなければなりません。

三井住友銀行カードローンは年収が低くても、安全・安心!

例えば、消費者金融で「最高500万円!」と謳っていても。実際に借りられるのは年収の1/3まで。年収が300万円の人なら、100万円までが限度額ということになってしまいます。

三井住友銀行カードローンは金利の他にも限度額でも人気

しかも、三井住友銀行カードローンなら最高800万円まで借りることができますから、活用方法が広がります。利用価値も存分にあります。ただしいくら法律上借りることができるからといって、誰もが800万円まで借りられるわけではありません。

最高800万円!ただし借入希望額が高額になれば審査も厳しくなります

貸付の最高限度額は申込者の収入等も考慮して極度額が設定されますから、希望額800万円で申し込んでも、その希望額どおりに融資が受けられるとは限らないわけですね。

高額、そして低金利な借り入れ先として利用するなら、現在の借金の総額をきちんと申し出るのがいいでしょう。どのように活用したいのか利用目的が明確であれば、相応の融資額を前提に審査してくれるはずです。

いくら借りたくても他社借入額が多すぎるのも審査に悪影響

総量規制は、トータルの借入額で計算されます。つまり、年収300万円の人が消費者金融から50万円借りようとした場合、すでに他社で60万円の借り入れがあれば、40万円しか借りられないことになります。

銀行カードローンの審査では他社借入額も影響します

しかし、いくら銀行カードローンでも、やはり他社からの借入額が多いと、審査に悪い影響を及ぼしかねません。また、借入件数にも注意したいところです。

他社借入額が同じ50万円であっても、3社から計50万円借りているのと、1社から50万円借りているのとでは、審査に及ぼす影響も異なるのです。もちろん、この場合でいえば3社から借り入れているよりは、1社からのみ借り入れている方が審査にも有利です。

同じ借入額でも件数が多いと不利になるのはなぜ?

借入額が同じ50万円なのだから、1社であっても3社であってもそんなに影響はないんじゃないの? とも思いたくなりますよね? たしかに借入額からみれば同じ50万円ですが、借り入れ件数が多いということは、それだけお金に困っているパターンが多いのです。

信用力が無いから少額しか借りられず、多くの業者から借りている?

というのも、信用力が不安で金融業者が貸付額を渋ったから、結果的に多くの銀行から借りることになった、そう銀行からみなされてしまうというわけです。

ましてや、他社から借り入れてまだ日の浅いうちに申し込んでしまうような状況では、そうした疑いも色濃くなってしまうため、審査通過も厳しくなってしまいます。さらに運良く審査に通っても、希望額よりも大幅に少ない極度額での融資となってしまいます。

銀行カードローンだから高額もOKという安心は禁物です!

銀行カードローンが高い限度額をメリットとしているのは事実です。三井住友銀行カードローンでもそれは同様ですが、借り入れすぎは危険です。

そもそも消費者金融を縛る貸金業法に定められている総量規制の目的は、多重債務を防ぐというもの。つまり、それを超えた借り入れをするということは、結果として収入と収支のバランスを大きく崩しかねないことになってしまいます。

ということはいくら銀行カードローンへ申し込んだとしても、そのバランスを崩すような貸し付けは避けられるべきことと言えます。さらに借金が膨らむことになるわけですから、それで安心だとは言えませんよね?賢い運用が大切なのです。

三井住友銀行カードローンは増額できる?増枠申請のポイントは?

三井住友銀行カードローンならローン契約機で増額申請可能

限度額を上昇させる!

カードローンで与えられている利用可能枠では足りなくなってしまったという経験をされる方も多いはずですね。そんなとき、特にお金も必要な状態でなければ利用可能枠がなくても気にはなりませんが、利用可能枠が一杯の状態で新たに借り入れが必要になるということもあります。

三井住友銀行カードローンで増額申請を試みてみましょう

そうなると、急な出費に対応できない状態なので、何らかの手を打つ必要があります。新たな借り入れ先を検討するというのが一般的な方法ですが、それ以外にも、現在使用しているカードローンの利用枠を増枠してもらう、という方法があります。三井住友銀行カードローンでも増枠申請は可能です。

ほとんどの銀行カードローンは電話でしか受け付けていません

増枠申請というのは、現在利用しているカードローンの極度額を増やしてもらうというもの。一般的な銀行カードローンであれば、ほとんど電話での申請しか受け付けていません。

しかし、三井住友銀行カードローンは全国に設置されているローン契約機から増枠申請をすることができます。もちろん、他行と同様に電話でも受け付けてくれます。

三井住友銀行カードローンで増枠できるポイントは?

増枠申請をした際、銀行側としても「はい!わかりました」と即決してくれるわけではありません。増枠に伴う審査が行われることになります。利便性の高い三井住友銀行カードローンでも増枠審査は厳しめと言われています。

三井住友銀行カードローンの増枠審査は厳しいの?

カードローンの利用可能枠というのは、その人の属性に合った極度額で設定されているものですから、そこからさらに増枠となると審査もシビアとなってしまうことは避けられません。

もちろん、それは三井住友銀行カードローンも例外ではありません。新たな増枠となれば、それに見合った属性も必要となりますし、これまでのカードローン利用歴も審査対象となります。

使い始めて一度も遅延していないことが原則です

例えば、カードローンの契約をして翌月に増枠申請をした場合は、ほぼ確実に増枠審査には通りません。増枠審査に通るためには、最低でも6ヶ月以上、できれば1年以上の利用実績が必要です。その上で、一度も遅延や延滞もなく返済を行っていれば、増枠審査にも有利に働きます。

他社から新たな借り入れをしていないことも大事

また、三井住友銀行カードローンの契約後から増枠審査をするまでの間に、他社から新たな借り入れをしていないことも大事ですし、増枠審査をする前にいくつかのカードローンへ申し込んであったりすると審査通過も難しくなります。

これらは増枠審査をする段階で信用情報機関に照会すればすぐに分かってしまうことですし、新たな借り入れがあったり、増枠申請の直前に何社ものカードローンへ申し込んでいたりすれば、「お金に困っている=返済能力に不安アリ」と判断されてしまうことにもなります。

契約以降の変更情報を小まめに伝えていることも重要

カードローンの申し込みで行われる審査と同じで、増枠審査の場合も申込者の信用性が大事なポイントです。毎月遅れることなく返済をしていくことも信用性確保には大事なことですが、実はそれ以外にも信用を得るための大事なポイントがあります。

それは、契約内容の変更があった場合です。電話番号や住所、勤務先など、申込時に申告した内容に変更があった場合は、速やかに届け出る必要があります。

しかし、変更事項があったのに届け出ていなかったりすると、増枠審査の際に、「契約時と内容が違う」ということになり、増枠審査にも悪い影響を及ぼしかねません。

安易に増枠申請をしてデメリットを被ることも!

カードローンの増枠は、現在使用しているカードローン会社へ申し込むため、新規に申し込むよりは審査も甘いのでは? と考える方も多いようですが、実態はなかなかハードルの高いものであるということは意識しておきましょう。

増枠申請をしたら減額されたということもよくあります

安易な増額申請を行ってしまったがゆえに、増枠どころか利用可能枠を減らされてしまったりすることもありますし、最悪のケースでは利用停止という結果を招いてしまうこともあります。

増枠申請をするということには、相応のリスクがあるのだということも承知しておきましょう。年収が一気にアップしたということでもない限り、増枠するのはかなり厳しいと思っていた方がいいでしょう。

他社カードローンへ申し込んだ方が確率は高い。しかも早い

下手に増枠申請してデメリットを被るのであれば、増枠申請ではなく、他社カードローンへ新規で申し込んだ方が借入できる確率もアップします。もし、「あと数万円だけ増枠してほしい」ということであれば、消費者金融で数万円を借り、無利息期間を利用して返済してしまえば利息を支払わなくて済みます。

どうしても三井住友銀行カードローンでなければならない! というほどの特別の事情があれば話は別です。しかし、そうでないなら他社カードローンの利用もおすすめです。

増枠申請しても急な出費に対応できない

三井住友銀行カードローンは審査後のスムーズなローンカード発行に対応したカードローンではありますが、それはあくまでも新規の契約時だけの話になります。

増枠申請の場合は、当日中に増枠されるわけではなく、審査には数日を要するのが普通です。従って、緊急でお金が必要だから増枠申請をするということはおすすめできません。

無理な増枠申請はせずにインビを待つのも方法です!

三井住友銀行カードローンで確実に増枠&増額を勝ち取る方法がひとつだけあります。それはインビテーション(招待)が来るのを待つことです。

DMもしくはATMでインビを受けることもできます

インビテーションは、三井住友銀行カードローンの利用実績に応じて、三井住友銀行の方から「増枠しませんか?」と招待してくれるものです。

インビテーションの案内は、ATMに表示されることもありますし、DMが送られてくることもあります。また、人によっては案内の電話がかかってくることもあるようです。

頻繁な利用がなければインビテーションは届きません

どういうタイミングでインビテーションの案内が来るかははっきりと断言することはできませんが、少なくとも遅延も延滞もなく、一年以上小まめに借り入れや返済を続けていることが最低条件となるでしょう。

三井住友銀行カードローンを持ってはいるけれど、ほとんど利用していない場合にはインビテーションが届く可能性は低いかもしれませんが、頻繁に活用している場合は、インビテーションが届くのを待つのもおすすめです。

三井住友銀行カードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・