キャッシングの利用で最も多い理由は?

いざというときのキャッシング!家族のためが意外と多い

kazokunosyasin617キャッシングはとても身近な存在だという人もいれば、キャッシングなんてほとんどしたことがないという人もいるでしょう。また、キャッシングというもの自体を利用したことが無いという人もいるはずです。

キャッシング理由の筆頭は「生活費」

現在のように「キャッシング」という言葉が広く浸透し、大手銀行カードローンや消費者金融なども有名芸能人を起用して利用しやすさをアピールしているため、「借金」としての悪いイメージも昔ほどは無くなってきています。
そのため、誰もが気軽に利用できる風潮が高まってきているのも事実です。気軽に借りられる時代、ということかも知れません。

「借金」のどぎついイメージが薄れてきている

キャッシングをする理由は人それぞれだと言えますが、今の時代、借入理由でもっとも多いのが「生活費」と「教育費」です。これらの理由で借入をする人は、キャッシングを利用する人の30%以上を占めています。

背景には収入の減少がある

生活費や教育費を補填するためにキャッシングを利用するということをストレートに捉えれば、「収入では足りない」ということになります。
長引く景気の低迷によって収入が減ってしまったという人も増えていますし、業種によっては収入が低く、生活が厳しいという人もいます。こうした人たちがもっともキャッシングを利用しているということになるのです。

ギャンブル目的での借り入れは意外と少ない

「借金」というとギャンブルのために借り入れたりするというイメージもありますが、ギャンブル目的で借入をする人の割合は全体的にみればそれほど多くはありません。割合としては全体の6%弱となっています。

不景気から抜け出せていない人がまだまだ多い

2009年に世界を震撼させたリーマン・ショック以降、日本も長引く景気低迷から抜け出せずにいました。その影響でサラリーマンの平均収入も下降の一途を辿っています。
たしかにアベノミクス効果により、一部は回復傾向にありますが、それでも景気回復を実感できている人はごくごくわずかです。
かといって、ある程度生活を切り詰めたとしても教育費などは切り詰めることはできません。それがキャッシングの利用へと繋がっていると言っても過言ではないかもしれません。

教育にも計画性が必要

子供が生まれて子育てをしていく限り教育費は避けて通れない問題となります。いざという時に慌てないためにも、あらかじめ計画性を持っておけば無駄にキャッシングを利用することもなくなります。

将来設計をきちんと立てて子育てしましょう

例えば子供が生まれた時点から少しずつでも貯金をしていくというのもいいですし、学資保険などを利用するのも効率的です。どちらにしても、慌てて対処するよりは遥かに余裕を持った対応ができます。

教育ローンもおすすめ

また、教育費をキャッシングでカバーするなら教育ローンなどを利用するのもひとつの方法です。教育ローンはカードローンの金利と比較しても低金利となっていますから、金利の差を考えるとカードローンよりも有利です。

初めてのキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・