みずほ銀行の提携コンビニATM手数料は高い!しかしそれを打ち消すメリットも

みずほ銀行カードローンは様々なATMが使えるが、ATM手数料はどうなっている?

みずほ銀行のイメージ

みずほ銀行カードローンは、その多様な返済方法も魅力の一種です。2019年10月現在、みずほ銀行カードローンでは

  • 自動引落
  • ATMでの任意返済
  • みずほダイレクト(インターネットバンキング)での自動返済

などが採用されていますが、今回はこの中でもATMでの任意返済についてお話させていただきます。

使えるATMは?

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の自行ATMのほか、コンビニATMからも返済できます。具体的には

  • みずほ銀行ATM
  • イーネット(コンビニATM)
  • ローソン銀行ATM(コンビニATM)
  • セブン銀行ATM(コンビニATM)

のいずれかを利用することができます。

ATMから返済したときの手数料は?

上記の通り、対応しているATMは色々とあるのですが、残念ながらこのうち手数料が無料になるのはみずほ銀行の自社ATMだけです。それ以外のATMコンビニATMを利用した場合、手数料は有料となります。手数料は時間帯によって変化しますが、100円~200円となっています。

また、みずほ銀行ATMを利用した場合でも、時間帯によっては手数料が有料になることがあります。具体的には、平日の日中以外に利用した場合、100円がかかります。ATMから手数料無料で返済したいという場合は、平日の日中にみずほ銀行ATMから返済する以外の方法はありません。

みずほ銀行ATM検索

他行カードローン手数料との比較

みずほ銀行カードローンと主な他行カードローンのコンビニATM使用時の手数料を比較すると、以下のようになります。

提携ATMの利用手数料比較【銀行カードローン】

上記の通り、多くのカードローンは無料となっています。そう考えると、みずほ銀行ATMカードローンの手数料有料というのは、かなり不利な条件に思えてきます。

手数料は高いけれど……

上記の通りみずほ銀行カードローンのコンビニATM手数料は高いと言わざるを得ないのが現状ですが、手数料に見合った魅力はあります。コンビニATMでは返済だけでなく借り入れもできるので、日常的に資金が足りなくなったときなどにはかなり重宝するはずです。ただ、そう入っても手数料が高いのは事実ですので、あまり使いすぎないようにすることも大切です。

みずほ銀行カードローンのATMの使い勝手はいまいちだけど、自動借越などの便利なサービスもある

上記の通り、みずほ銀行カードローンはコンビニATMの手数料だけ見ればあまり優れたサービスとは言えませんが、それを打ち消して余りある魅力的なサービスもいくつか提供しています。それが自動借越と振込融資です。

自動借越とは、キャッシュカード兼用型のローンカードでお金を銀行口座から引き落とす際に、残高が不足していても利用限度額の範囲内で引き落としができる仕組みです。不足分はカードローンの借入額として計上されます。

例えば、銀行口座の残高が3万円で、5万円引き落としたい場合、通常は引き出せませんが、自動借越機能を使えば引き出せるわけです。この場合、差額の2万円がカードローンの借入残高となります。

振込融資は、自分の口座に融資額を振り込んでもらえるサービスです。例えば銀行口座の残高が20万円で、10万円の融資を受けた場合、銀行口座残高は30万円となります。こうしたサービスに魅力を感じるという場合は、みずほ銀行カードローンの利用をおすすめします。

みずほ銀行カードローンの返済手数料を無料にする方法は?

上記の通り、コンビニATMを使って返済した場合、あるいは自行ATMを使って時間外に返済した場合、ATM手数料がかかってしまいます。ATM手数料を払わずに返済を行いたいという場合は、どうすればいいのでしょうか。解決方法はいくつかありますが、最もおすすめなのは自動引落サービスの利用です。

自動引落サービスとは、文字通り毎月の返済額が銀行口座から引き落とされるサービスです。予め銀行口座を指定しておくと、返済期日に自動的に返済額が引き落とされます。返済期日は原則として毎月10日ですが、その日が銀行休業日の場合は翌営業日となります。例えば10日が土曜日の場合、12日が返済期日となります。

自動引落サービスはいつでも手数料無料で使えるのが大きな魅力です。返済額の大小に関わらず手数料がかからないので、少しでも倹約しながら返済を進めていきたいという方におすすめです。また、自動で引き落とされるため、払い忘れの心配もありません(引き落とし用の講座にお金が入っていないと返済ができなくなる点については注意が必要です)。

随時返済したい場合はネットバンキングが便利

上記の自動引落サービスは非常に便利ですが、約定返済(毎月の決められた返済)しかできないというデメリットもあります。毎月の約定返済しかしていないとなかなかローンの返済が進まず、余計な手数料を払わされてしまいがちです。そこで活用したいのが、みずほダイレクト(ネットバンキング)を利用した任意返済です。

みずほダイレクトとは、パソコンやスマートフォンなどから利用できるインターネット上のサービスです。利用申込みをするとみずほダイレクトにログインできるようになり、そこから様々なサービスを利用できるようになります。郵送や店舗で手続きを行うのと比べて簡単で、自宅にいながら完結できるのが大きなメリットです。

みずほダイレクト登録はこちらから

みずほダイレクト、郵送、店舗でできること
みずほダイレクト 郵送 店舗
住所変更
振込先の追加と削除
ログインパスワードの変更
メールアドレスの変更
振込限度額の変更(引き上げ)
振込限度額の変更(引き下げ)
連絡先電話番号の変更
利用口座の追加と削除
暗証番号の変更、カードの再発行

みずほダイレクトでは、手数料無料で約定返済及び任意返済ができます。任意返済とは、毎月の約定返済とは別に追加で行う返済のことです。例えばその月の約定返済額が1万円のときに3万円を返済した場合、差額の2万円が任意返済に当てられます。

任意返済に当てられた金額は、原則として全額元本に充当されます。約定返済のいち部が利息の返済に割り当てられてしまうのと比べると、大きな返済効果を持ちます。毎月の資金繰りに余裕があるという場合は、積極的に任意返済を行っていくといいでしょう。ただし、いくら任意返済を行っても翌月以降の約定返済が免除されるわけではないことについては注意が必要です。今月任意返済しすぎたせいで来月約定返済ができなくなる、などということがないように注意しましょう。

みずほ銀行カードローンの申込み方法は?コンビニATMからは申し込める?

最後に、みずほ銀行カードローンの申込方法について簡単に解説します。みずほ銀行カードローンはインターネットから簡単に申し込めます(電話や店舗でも申し込みは可能ですが、かかる時間や手間を考えるとインターネットが最もおすすめです)。

申込方法はとっても簡単です。以下のリンクをクリックして、「インターネットからの申込み」を選択して、入力を進めていくだけです。10分もあれば申込みは終わりますので、ちょっとした隙間時間にでも手続きを済ませてしまいましょう。

みずほ銀行カードローンの申込みはこちらから

みずほ銀行カードローンのコンビニATM手数料についてまとめ

最後に、今回の記事をおさらいしましょう。

  • みずほ銀行カードローンの返済には提携コンビニATMが使える
  • 提携コンビニATMの利用料は有料
  • 自行ATMは平日の日中なら手数料無料で使えるが、時間外の場合は有料になる
  • 手数料を払わずに返済したい場合は自動引落サービスがおすすめ
  • 任意返済もしたい場合はみずほダイレクトを利用するとよい

みずほ銀行のコンビニATM手数料は正直に言えば高いですが、一方でそれを打ち消す程度のメリットもあります。利用にあたっては、両社をよく比較するといいでしょう。

みずほ銀行カードローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・