ローンの一本化で失敗しないために

頭を抱える女性

ローン一本化は消費者金融・銀行系どちらでも可能

複数のローンを一本化するにあたって、失敗しないための注意点というものもあります。
おまとめローンや借り換えローンと呼ばれる商品を提供しているのは、主に銀行系と消費者金融系に大別することができます。

銀行系でのおまとめローンの特徴

銀行系というのは、銀行という性質上信用性が高く比較的低金利の商品を提供しているのが特徴です。

消費者金融系でのおまとめローンの特徴

消費者金融系は、銀行系と比較すると金利はやや高めとなているものが多いという特徴があります。審査においても銀行系の方が消費者金融系に比べて厳しくなっています。

消費者金融系の審査は銀行系と比較すると緩めの傾向にあります。

自営業者やフリーランス、パートやアルバイトといった方の場合は銀行系よりもむしろ消費者金融系の方がいいかもしれません。さらに、審査のスピードや返済方法の選択肢などの面では、消費者金融系の方にやや分があるようです。

特徴まとめ

↓ 特徴 銀行系 消費者金融系
審査スピード △ ○
金利 ○ △
審査難易度 △ ○

おまとめローンで借りる前の注意ポイント

では、実際におまとめローンを借りるにあたって注意すべきポイントについてお話しします。

借入件数は5件まで

自分がいま何件の金融業者から借り入れているかで、審査にも大きく影響します。
一般的に、他社からの借入件数が5件を超えているようだと審査通過は厳しくなります。どんなに多く見積もっても4件が限度です。それ以上だと審査の段階で「自転車操業しているのでは」と判断されてしまい、審査を落とされてしまいます。

さらにここで注意したいのが、「短期間の間に何件も申し込みしてしまう」というものです。申し込みをしたという事実は信用情報に登録されてしまいますから、申し込むたびに審査に落とされて、さらに何件も申し込みしまくるようなことをしてしまうと、どこからも借りられないという状況を自分で作り出してしまいます。つまり、「かなりお金に困っている=返済能力なし」と判断されてしまうわけです。

金利は必ずチェック!

現在借りている金利よりも高い金利では意味がありませんから、なるべく低い金利の商品を選ぶようにしなければなりません。現在の金利よりも高ければそもそもおまとめローンを利用するメリットすらなくなってしまいますから注意が必要です。

借入金額には限度額があります

各おまとめローンにはそれぞれに限度額が設けられています。基本的には借入額が多ければ多いほど金利も低くなっています。現在の借入額が多いほど、低い金利で借り換えができるというわけです。とはいえ、社会的に信用度の低い勤務形態(アルバイトやパートなど)の場合は、借入に制限を設けられることがほとんどです。

その場合、おそらくは50万円も借入できれば万々歳かもしれません。ただし、おまとめローンを検討しているレベルにまで追い詰められている場合は、50万円では一本化できないでしょう。その辺りはやはり正社員などの方が有利なようです。

おまとめローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・