おまとめローンの審査に落ちたら原因を分析!債務整理も検討しよう!

審査に落ちたときの賢い対処法

xf5405183658m

おまとめローンは借入総額が高額になりがちな分、審査も厳し目です。借入件数が多かったり、過去に延滞を起こしていたりすると、それだけで審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

おまとめローンの審査に落ちてしまった時は、冷静にどこに原因があるのか分析しましょう

また複数の審査に落ちてしまった場合は、債務整理を検討することをおすすめします。

おまとめローンってなんだ?落ちた場合の対処法は?

おまとめローンとは、文字通り複数社からの借金をまとめるためのローンです。

例えばA社から30万円、B社から20万円、C社から15万円借りているとします。借入先が3社もあると毎月の返済手続きも、残債の管理も面倒ですよね。そこでD社のおまとめローンを使って、債務を一本化します。

D社から65万円を借り入れ、A社、B社、C社からの借金を完済します。その後、残ったD社の借金を返済していきます。借金の額は変わりませんが、借入先が減ったことによって毎月の返済手続きは楽になりますし、状況によっては金利が低くなることもあります。

おまとめローンの種類

おまとめローンは様々な銀行・消費者金融から提供されています。「この商品はおまとめローン専用商品です」と明言されているものもあれば、「この商品は通常のカードローンですが、おまとめローンとしても利用できます」というものもあります。一般的に消費者金融は前者、銀行は校舎に該当することが多いです。どちらが優れているとか劣っているとか言うことは特にありません。

おまとめローンの審査に落ちた場合はどうすればよい?

おまとめローン自体はとても便利な商品ですが、審査に通らなければ当然利用することができません。おまとめローンは複数社の借金を一本化するという性質上、借入額が高額になりやすく、その結果審査も厳しくなりがちです。

審査に落ちるというのは、決して珍しい話ではありません。では、審査に落ちてしまったときには、どのように対処すればいいのでしょうか。

おまとめローンの審査に落ちた理由を分析しよう

おまとめローンに落ちてしまった場合は、まずはその理由を分析するところから始めましょう。早く借り入れをしたいという気持ちはわかりますが、原因がわからない状態で2社3社と申し込んでも落ちる可能性が高いです。まずは理由を分析し、可能ならばそれを改善することが大切です。

借入件数が多すぎる

おまとめローンの審査に落ちる理由の中でも特にメジャーなのが、「借入件数が多すぎる」です。借入額があまり多くなくても、借入件数が4社以上だと、おまとめローンの審査に落ちる可能性が高まります。5件を超えている場合は特に厳しくなります。

現時点で借入件数が4社を超えているという場合は、その中でも最も債務の額が少ないところを繰り上げ返済するなどして、3社以下にしてから再度申し込むといいでしょう。

過去数カ月間に延滞を起こしている

過去数カ月間に延滞の履歴がある場合、それが原因で審査に落ちることがあります。おまとめローンを提供する側としても、過去に延滞を起こしている人には貸したくないのです。延滞の履歴がある場合は、しばらくはおまとめローンの利用は諦めて、現在の返済を地道に行ったほうがいいでしょう。

申し込みブラックの状態になっている

申し込みブラックとは、短期間に複数のクレジットカードや各種ローンを申し込んだ状態のことです。「短期間に複数」の具体的な定義はありませんが、一般的に1ヶ月間に3回以上申し込むと「申し込みブラック」扱いされると考えたほうがいいでしょう。

短期間の間に多数の申し込みを行うと、カードローン会社は「ああ、この人は相当お金に困っているんだな」と判断し、貸出を行わなくなります。たとえ実際にはフトコロに余裕があってもです。申し込みブラックの状態になっている場合は、それが解除されるまでの間待ったほうがいいでしょう。一般的に申し込みブラックの登録期間は6ヶ月です。

虚偽の申告を行う

おまとめローンの申込時に虚偽の申告をしていると、それだけで審査に落とされてしまうことがあります。属性をよく見せたい、という気持ちはわからなくもありませんが、借金をする際に嘘を付くというのはあまりにもハイリスクローリターンな行為です。申告は正直に行いましょう。

転職した直後である

おまとめローンの審査対象の1つに勤続年数があります。勤続年数とは、現在の職場に勤務している年数のことです。社会人生活20年目であっても、転職した直後は「勤続年数1年未満」とみなされます。勤続年数が短いと「すぐに辞めたり転職を繰り返したりする可能性が高い」とみなされ、審査では不利になります。転職直後におまとめローンを申し込むのは控えたほうがいいでしょう。

また、現在転職を考えているという場合は、おまとめローンを組んでから転職するといいでしょう。おまとめローンを組んだあとで転職しても、契約が解除となることはまずありません。

おまとめローンに落ちた理由を改善できない場合は債務整理の利用も検討したほうがよい

おまとめローンの審査に落ちてしまった場合は、その原因を突き止めて改善し、再度申し込むのという方法もありますが、それが難しいという場合は債務整理を検討したほうがいいかもしれません。

債務整理とは、文字通り債務を整理する、もう少し具体的に言えば様々な手続きによって借金を減額したり、なくしたりする手続きのことです。債務整理にはいくつか種類がありますが、いずれも合法的かつ社会的に認められた制度であり、少額の費用で借金を大きく減らすことができます。

債務整理なら借金を大幅に減額可能

おまとめローンと比較したときの債務整理のメリットは、借金を大幅に減らせることです。おまとめローンを利用しても最終的な総支払額はあまり減らず、場合によっては増えてしまうこともありますが、債務整理の場合は確実に減らせます。

個人再生という手続きの場合は原則として借金を5分の1にできますし、自己破産ならば原則として借金を0にできます。もちろん、どちらの手続きにもデメリットはありますが、それを上回るメリットがあると言えます。

債務整理なら借金グセを改善できる

債務整理をすると、その後5年~10年は新たに借り入れができなくなります。これは一見デメリットにも見えますが、考え方によっては「誘惑に負けて新たな借金をせずに済む」とも言えます。自身の借金グセを十分に認知している方は、おまとめローンよりも債務整理を優先したほうがいいかもしれません。

債務整理は弁護士に依頼できる

債務整理の手続きは制度上は自分で行うこともできますが、実際には弁護士に代理人を依頼するケースが大半です。弁護士に任せるとなると費用がかかるので嫌だ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、弁護士に面倒な手続きの大半を依頼できるというのはメリットと言えます。

弁護士費用だけで赤字になってしまうということは原則ありませんし、最近は事前にどれくらいの費用がかかるのかを明確にしてくれる弁護士がほとんどなので、安心して依頼できます。

おまとめローン利用の際の注意点

おまとめローンは上手に使えば非常に便利な商品ではありますが、一方で使い方を間違えるとかえって損をしてしまうこともあります。ここではおまとめローンを利用する際の注意点を解説したいと思います。

金利が高くなることがある

おまとめローンの金利は業者によって異なります。おまとめローンは借り入れが高額になるぶん、金利は低めに設定されていることが多いですが、中には通常のカードローンとあまり変わらないようなところもあります。

金利が比較的安い銀行からの借り入れを消費者金融のおまとめローンでまとめた場合、借り入れ前よりも借り入れ後の方が金利が上がってしまう可能性もあります。

主なおまとめローンの金利
業者名 金利 借入限度額 年齢制限
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 800万円 20~62歳
じぶん銀行カードローン 2.1~14.7%(auユーザーは0.5%優遇)  800万円 20~70歳
 東京スター銀行カードローン 12.5% 1000万円  20~65歳
 アイフルおまとめMAX 3.0~17.5% 800万円 20歳以上
プロミスおまとめローン 6.3~17.8% 300万円 20~65歳
アコムおまとめローン  7.7~18.0% 300万円 20~65歳

金利が下がっても総返済額が上がってしまうこともある

おまとめローンで金利が上がってしまうのは当然問題ですが、金利が下がったからと言って油断はできません。状況によっては金利が下がっても、総返済額が却って増えてしまうこともあるからです。

おまとめ前と比べて毎月の返済額が少なくなれば、返済ペースは落ちます。返済ペースが落ちれば、金利がかかり利息が発生する機関も長くなり、結果として総支払額が大きくなるのです。もちろん、毎月の返済額が少なくなること自体は多くの人にとって望ましいことではありますが、その裏には思わぬデメリットが有ることはよく理解しておくべきでしょう。

特に銀行カードローンによるおまとめを考えている方は注意が必要です。銀行カードローンは多くの場合、借入残高に応じて毎月の返済額が変化する残高スライドリボルビング方式という返済方式を採用しています。

これは返済が進めば進むほど毎月の負担額が少なくなるので一見利用者にとって有利になるように見えますが、返済期間が長くなるため最終的な利息の支払いはかえって高くなることが多いです(消費者金融は最初の借入時の金額によって毎月の返済額が決まる方式を採用しているところが多いため、このようなリスクは少ないです)。

具体的に計算してみましょう。例えばアコム、アイフル、プロミスの3社からそれぞれ40万円ずつ、合計120万円を借り入れた場合、金利は平均で17.9%、総支払利息は50万8711円となります。

一方、楽天銀行スーパーローンで120万円を借り換えた場合、金利が8.9%であっても、総支払利息は64万5074円となります。金利は9%も下がっているのに、最終的な支払い額は14万円以上も増えてしまうのです。楽天銀行スーパーローンは残高スライドリボルビング方式を採用しているため返済期間が長くなり、その結果としてこのような事が起きてしまうのです。借り換えを考えている場合は、借り換えでかえって自らの負担が増えてしまわないか、よく検討する必要があるでしょう。

銀行のおまとめローンを利用する場合は、積極的に繰り上げ返済をすることをおすすめします。繰り上げ返済とは、毎月の決められた返済額である約定返済とはまた別に、追加で行う返済のことです。約定返済さえ行っていれば、繰り上げ返済の金額に制限は付きません。

繰り上げ返済を積極的に行えばそれだけ返済期間は短くなり、その結果総返済額も少なくすることができます。

おまとめローンでは借金グセそのものは解決しない

おまとめローンは便利な商品ではありますが、これを使ったからと言って別に借金グセが治るものではありません。むしろ借り換えが成功したという体験によって気が大きくなってしまい、余計な借り換えをしてしまうかもしれません。借金グセがすでについてしまっている方には、おまとめローンの利用はあまりおすすめできません。前述の通り、債務整理を行えば一定の期間新たに借金ができなくなりますので、これ以上借りるのはなんとしても避けたいという方は、債務整理をおすすめします。

おまとめローンに落ちた場合の対処法まとめ

最後に、今回の記事をおさらいしましょう。

  • おまとめローンは様々な銀行・消費者金融から提供されている
  • 借入件数が多すぎたり、過去に延滞を起こしていたりすると審査に落ちる確率が高まる
  • おまとめローンの審査に落ちた場合は、債務整理も検討したようが良い
  • おまとめローンは基本的に低金利だが、借り入れで総返済額が増えることもある

おまとめローンは上手に使えば非常に便利な商品ですが、一方で使い方を間違うと総支払額が増えてしまうこともあります。

審査に落ちる人は審査基準を満たせるように改善してから再度申し込むようにしてみましょう。

また現時点ですでに複数の債務を抱えているという方は、債務整理も含めた様々な選択肢を検討することをおすすめします。

おまとめローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・