楽天銀行スーパーローン(カードローン)の毎月返済額と返済方法は?繰上返済も活用しよう!

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の金利は1.9~14.5%!消費者金融よりも低金利

ローン支払いの提示

楽天銀行カードローン(スーパーローン)は、ただ漫然と返済しているだけではなかなか元本が減らないことをご存知でしたか?

楽天銀行スーパーローンの金利は1.9~14.5%です。銀行カードローンとしては平均的かそれよりも少し低い程度ですが、消費者金融と比べると明らかに低金利です。

金利に幅があるのは、利用限度額によって金利が変化するためです。原則として利用限度額が高いほど金利は低くなりますが、同じ利用限度額の人でも金利は異なることがあります。

利用限度額と借入利率の関係性
利用限度額 借入利率
800万円 1.9~4.5%
600万円以上800万円未満 3.0~7.8%
500万円以上600万円未満 4.5~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6~14.5%
100万円未満 14.5%

MY ONEネット特約会員になれば、金利は更に低くなる!

楽天銀行のMY ONEネット特約会員は、上記の金利からさらに0.4%差し引かれた優遇金利が適用されます。例えば利用限度額が100万円未満の場合、適用金利は14.1%となります。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は返済方法(方式)を選べる!

楽天銀行は借入残高に応じて毎月の返済額が変化する「残高スライドリボルビング方式」及び「元利込定額返済」を採用しています。新規の申し込みの際には前者しか選べませんが、利用をすすめると後者も選べるようになります。

残高スライドリボルビング方式とは

「残高スライドリボルビング方式」は利用残高に応じて毎月の返済額が決まるシステムです。利用残高多いと毎月の返済額も多く、返済が進んで残高が減ってくると返済額も少なくなります。

残高スライドリボルビング返済方式の毎月返済額
利用残高 毎月返済額
10万円以内 2000円
10万円超30万円以内 5000円
30万円超50万円以内 1万円
50万円超100万円以内 1万5000円
100万円超150万円以内 2万円
150万円超200万円以内 3万円
200万円超250万円以内 3万5000円
250万円超350万円以内 4万円
350万円超400万円以内 4万5000円
400万円超500万円以内 5万円
500万円超600万円以内 6万円
600万円超700万円以内 8万円
700万円超800万円以内 10万円

例えば、残高が40万円の時点では、毎月の返済額は1万円となります。その後返済が進んで残高が29万円になれば、毎月の返済額は5000円に減ります。

残高スライドリボルビング方式は返済が進めば進むほど毎月の返済額が少なくなるシステムです。毎月の返済がどんどん楽になる、という点では優れていますが、一方で返済が長引きやすいシステムでもあり、約定返済(毎月の最低返済額)しかしないと返済期間が伸び、それに伴って総支払利息も大きくなりがちです。例えば、この方式で30万円を金利14.5%で借り、約定返済だけで返済した場合、総支払回数は156回、総支払額は56万5761円となってしまいます(楽天銀行返済シミュレータで計算)。

余計な利息の支払いを減らすためには、繰上返済を行うのが一番です。繰上返済で返済した額は全額元本に充当されるので、約定返済よりも効率的に残高を減らすことができます(繰上返済の具体的な方法は後述します)。

元利込定額返済とは

元利込定額返済とは、利用限度額に応じて毎月の返済額が決まるシステムです。利用限度額が高いほど毎月の返済額が多くなります。

元利込定額返済の毎月返済額
利用残高 毎月返済額
50万円以内 1万円以上
50万円超100万円以内 2万円以上
100万円超150万円以内 2万5000円以上
150万円超250万円以内 3万5000円以上
250万円超300万円以内 4万円以上
300万円超500万円以内 5万円以上

元利込み定額方式では、返済が進むにつれて返済額が少なくなることはありません。利用限度額の増額・減額が行われない限り、常に返済額は一定になります。返済が進んでも返済額が減らないのは大変ではありますが、返済が早く終わりやすいという点では優れています。残高スライドリボルビング方式では利息支払いがかさんでしまいがちですので、余裕ができたら切り替えるといいでしょう。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の利息はこうして決まる!

前述の「毎月返済額」は、元本と利息を合わせた金額です。例えば残高スライドリボルビング方式で残高が10万円超30万円以内の場合、その月の返済額は5000円となりますが、これは元本と利息が合わせて5000円になる、ということです。そして、元本と利息の割合は残高によって異なります。

そして、肝心な楽天銀行カードローン「スーパーローン」の利息は日割り計算で決まります。

利息=利用残高×契約利率×利用日数/365(残高スライドリボルビング方式の場合)

毎月の返済額から利息を差し引いたものが元本に当てられます。元本に当てられる割合が多いほど返済は効率的になります。

例えば、利用残高が20万円、契約利率が14.5%、利用日数が30日の場合は

利息=20万円×14.5%×30/365=2383円となります。一方、利用残高が20万円の場合、その月の返済額は上記の表より5000円となります。5000円の内2383円が利息の返済に、残りの2617円が元本の返済に割り当てられる、ということです。返済額の約48%が利息に割り当てられることになります。

利用残高が30万円、契約利率が14.5%、利用日数が30日の場合は、

利息=30万円×14.5%×30/365=3575円となります。一方、利用残高が30万円の場合、その月の返済額は上記の表より5000円となります。5000円の内3575円が利息の返済に、残りの1425円が元本の返済に割り当てられる、ということです。返済額の約71%が利息に割り当てられる、ということです。

このような効率の悪い返済を続けていると、利息の支払いばかりが膨らんでしまいます。これを防ぐためにも、繰上返済を利用しましょう。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は約定返済日が選べる!おすすめは給料日の直後

スーパーローンの約定返済日は、以下の4つの中から選ぶことができます。

  • 1日
  • 12日
  • 20日
  • 27日(楽天銀行で口座振替する場合のみ選択可)

楽天銀行を利用する場合は4つの中から、そうでない場合は3つの中から選ぶことができます。返済ができるのならばどの日を選んでも構いませんが、基本的には資金に余裕ができやすい給料日の直後を選ぶことをおすすめします。例えば給料日が25日なら返済日は27日、もしくは1日にする、といった感じです。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の返済方法は全部で3種類!おすすめは口座からの自動振替

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、以下の3つの返済方法を採用しています。

  • 指定口座からの自動振替
  • 提携CD・ATMからの返済
  • インターネットによる返済

指定口座からの自動振替は手間いらずで便利!

指定口座からの自動振替とは、指定した口座から約定返済額を自動で引き落とす返済方法です。他の返済方法と違い、毎月の返済の手続きをしないでも自動的に支払いが行えるのが大きな特徴です。上記の通り約定返済日は1日、12日、20日、27日(楽天銀行を指定した場合のみ)の中から選択できます(当日が金融機関休業日(土・日・祝・年末年始)にあたる場合は翌営業日となります。)返済金額は、毎月の返済日の15日前に確定します。

なお、大抵の都市銀行・地方銀行・信託銀行・信用金庫・労働金庫・農業協同組合は自動振替に対応していますが、一部未対応の金融機関もあります。主な未対応金融機関は以下のとおりです。

口座振替が利用できない主な金融機関
口座振替が利用できない金融機関 ゆうちょ銀行、大和ネクスト銀行、ローソン銀行、GMO青空ネット銀行
1日、20日が指定できない金融機関 じぶん銀行
12日が指定できない金融機関 静岡中央銀行、沖縄海邦銀行商工組合中央金庫

提携CD・ATMからの返済

楽天銀行の提携CD・ATMは様々な場所に設置されており、そこから返済をすることが可能です。ただし、MY ONEネット特約会員はこの返済方法は選べません。提携CD・ATMの設置箇所は、以下のリンクから検索可能です。

提携CD・ATMは、全国に10万箇所以上設置されています。

カードローン提携CD・ATMのご案内

インターネットによる返済

Pay-easy(ペイジー)を利用して、インターネットから返済が可能です。Pay-easyは税金や公共料金、各種料金などの支払いをパソコンやスマートフォンから支払えるサービスです。金融機関の窓口やATMなどに行かなくても返済が済ませられるべんりなサービスであり、簡単に操作できます。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の繰上返済でさらに効率的に支払額を減らそう!

楽天銀行カードローン「スーパーローン」には繰上返済の仕組みがあります。繰上返済とは、毎月の決められた返済である約定返済とは別に、利用者が任意で返済を行うことです。行わなくても遅延損害金は発生しませんが、行ったほうが明らかに利息の支払いを少なくできます。

繰上返済で支払った金額は一部が利息の支払いに当てられてしまうためなかなか返済が進みませんが、繰上返済で支払った金額は全額が元本に当てられるため、より効率的に元本を減らすことが可能です。繰上返済は義務ではないため行わなくても遅延損害金が発生することはありませんが、利息支払いを減らしたい場合は積極的に行っていくべきでしょう。

楽天銀行では、以下の3種類の方法で繰上返済ができます。

  • 提携ATMからの返済
  • インターネットサービス「メンバーズデスク」からの返済
  • 振り込みでの返済

提携ATMからの返済

カードを利用して、提携ATMから返済することができます。返済手数料はいつでも無料で、返済金額は1000円単位となります(一部の店舗では1円単位での返済ができます)。繰上返済であることを事前に連絡する必要はなく、いつでも思い立った時に自由に返済ができます。返済の手順は以下のとおりです。

  1. カードを挿入し、ご「入金(返済)」を選択します。
  2. 暗証番号を入力します。
  3. 入金可能学の範囲で紙幣を投入します。紙幣は50枚まで入れられます。
  4. 金額を確認し、「確認」を選択します。
  5. カードと明細書を受け取ります。

※代表的なATMでの利用方法です。ATMによっては利用方法が異なることがあります。

※カードが上手に読み込めない場合、カード内の磁気部分が破損している可能性があります。以下のリンクから、再発行の手続きをお願いいたします。

楽天銀行カードセンター:0120-730-115(平日9時~17時)

カードローン提携CD・ATMは以下のリンクから検索できます。

カードローン提携CD・ATMのご案内

インターネットサービス「メンバーズデスク」からの返済

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の会員向けサービス「メンバーズデスク」から、金融機関のインターネットバンキングを利用して返済ができます。手数料は無料、いつでも1円単位での返済が可能です。

メンバーズデスクは、楽天銀行カードローン「スーパーローン」会員限定の便利なオンラインサービスです。登録、利用は無料で、携帯電話(スマートフォン)からのアクセスも可能です。登録後はすぐに利用できるので、とてもべんりです。

メンバーズデスクでは融資や利用限度額増額の申込み、各種紹介、返済、返済シミュレーションなどができます。返済方法については、利用する各種金融機関のWebサイトをご家訓ください。なお、利用する金融機関で「1日あたりの振込限度額」を設定している場合、その限度額を超えての返済できないので注意が必要です。限度額を超える返済をする場合は一旦設定を解除してください。

なお、メンバーズデスクは原則24時間利用可能ですが、以下の時間帯についてはサービスが停止しますのでご注意ください。

  • 毎日23時30分~24時
  • 6月、9月、12月の第3月曜日0時45分~5時30分
  • 毎月第2火曜日2時~6時
  • 1月1日~3日、5月3日~5日(終日)
  • 利用する金融機関のメンテナンス時間帯
メンバーズデスクの登録方法は?

楽天銀行カードローン「スーパーローン」のメンバーズデスクは、利用者ならばいつでも登録が可能です。まず、以下のリンクをクリックしてください。

メンバーズデスク新規登録

クリックすると以下のような画面が表示されますので、指示に合わせて入力を進めていきます。入力にあたってはスーパーローン用のカードが必要になりますので、事前に用意しておきましょう。

カード番号と暗証番号、生年月日を入力後、メンバーズデスクで使うログインIDとパスワードを設定すれば準備は完了です(IDとパスワードは違う文字列を使いましょう)。

振り込みでの返済

銀行振込からも繰上返済ができます。利用者ごとにそれぞれ異なる振込先口座が設定されていますので、以下の電話番号までお問い合わせください。

楽天銀行カードセンター:0120-730-115(受付時間:平日9時~17時)

楽天銀行カードローン(スーパーローン)返済額と返済方法まとめ

最後に、今回の記事をおさらいしましょう。

  • 楽天銀行カードローン(スーパーローン)は消費者金融よりも低金利
  • 返済方法(方式)は「残高スライドリボルビング方式」と「元利込定額返済方式」から選択可能
  • 残高スライドリボルビング方式は返済がだんだん楽になる反面、利息の支払いが多くなりがちなので注意
  • 返済方法は全部で3種類。口座振替なら毎月の返済が省けるので楽
  • 繰上返済を行うと、さらに利息の支払いを減らせる

楽天銀行カードローン(スーパーローン)は、ただ漫然と返済しているだけではなかなか完済できません。楽天銀行の初期返済方式である「残高スライドリボルビング方式」は、毎月の返済額が少ない一方で、総支払利息はどうしても大きくなってしまいがちです。現時点で返済をしているという方は、方式を「残高スライド方式」に変えるか、繰上返済を利用するといいでしょう。繰上返済も使い、効率的に返済を進めていきましょう。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の概要

  • 申込年齢:20歳~62歳
  • パート・アルバイト:可
  • 専業主婦:可
  • 資金用途:原則自由
  • 利用限度額:10万円~800万円(専業主婦は50万円)
  • 金利:1.9~14.5%
  • 借入方法:提携CD・ATM、振り込み
  • 返済方法:口座振替、提携CD・ATM、インターネット

楽天銀行スーパーローン徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・