学生がキャッシングでお金を借りる方法と必要書類

学生がキャッシングに申し込む方法は、主に2種類あります。

店頭でカードローンの申し込み学生ローンは店頭申し込み・ネット申し込みに対応しています。店頭申し込みもインターネットを利用した申し込みも実際は一長一短。それぞれメリット・デメリットがあります。自分の外見や態度、銀行口座の有無、利便性などを考慮して、自分に合った申込方法を選びましょう。

学生ローンの店頭申し込み

1つは、直接店舗に行って申し込む方法です。学生証と、運転免許証などの身分証明書のコピーを持参し、店舗に行きます。あとは申込用紙に記入し窓口に提出するだけです。

店頭申し込みのメリット

簡単で、最短当日に融資を受けることが可能です。学生ローンを取り扱っている貸金業者の多くは学生街に店舗を構えており、昔から学生ローンを行ってきた歴史ある業者が多いです。

学生は何かとお金が必要ということを知っていますので、数万円など、少しお金が必要という時も安心して申し込めます。

店頭申し込みのデメリット

ただし、店頭では直接自分の姿を見られますので、服装や態度などに気を付ける必要があります。学生ローンは審査基準が低いといわれますが、それでもあまり良くない服装をしていたり、わざとじゃなくても悪い態度を取ってしまったりすると、相手に不信感を与えてしまいます。

学生ですと、社会人的態度についてまだまだ分からないことも多く、誤解を与えてしまうことが多いです。そうすると、審査に通るものも通らなくなってしまいますので、ちょっと自分の服装・態度に自信がないという時は、もう1つの方法であるネット申し込みを利用した方がよいでしょう。

学生ローンのネット申し込み

学生ローンのネット申し込みは、携帯やスマホ、パソコンがあればどこからでも申し込むことができます。

ネット申し込みのメリット

スマートフォンインターネットさえ繋がればいつでもどこからでも申し込みが出来るのが最大のメリットです。わざわざ店舗にまで出向く必要がありません。

必要書類は、FAXやEメールで送信することが可能であることが多いです。身分証明書の提出もスマホを利用して写真に撮ってメールで送るだけで良い業者もあります。そしてこちらも最短当日融資に対応しています。

ネット申し込みのデメリット

ただし、ネット申し込みでは、振込み先の銀行口座が必要です。銀行口座をお持ちじゃない方は、先に銀行口座を開設しておきましょう。

すぐに口座開設したい場合は、自宅から一番近い銀行へ行き、運転免許証などの身分証明書と印鑑(シャチハタ以外)を持参して窓口で申し込みます。すると、キャッシュカードは後日郵送されますが、口座開設手続きはその場で終了します。

学生ローンのその他の申し込み方法

学生ローンの申し込み方法は、その他にも電話申し込みという方法がありますが、個人情報保護の観点から取り扱っていない業者も多いです。また、確認事項が多くてお金を借りるまでに手間がかかるというデメリットがあります。

昔からある店頭申し込みとインターネット申し込みが二大潮流です

その点、いま主流のインターネット申し込みは、全国どこからでも自分の好きな業者を利用することが可能であり、専門業者の少ない地方でも有利です。また、店頭申し込みと違って誰にも合わずに利用できるというメリットがあります。人前でうまく話す自信がないという方は、無理をせずインターネットから申し込みましょう。

学生ローンに申し込むための必要種類と条件

まず、必要書類についてですが、学生ローンを利用するためには、基本的に学生でなくてはなりません。ですので、学生であることを証明するために学生証と、住所などが記載されている身分証明書のコピーが必要となります。

身分証明書の種類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住基カード
  • 外国人登録証
  • パスポート

学生ローンで要求される身分証明書には、これらのものです。この中でもっとも信用されているのは運転免許証です。できるだけ運転免許証を持っていきましょう

身分証明書は運転免許証がおすすめ

なぜ運転免許証がおすすめなのか? それは運転免許証には氏名・住所・生年月日に加えて顔写真が付いており、偽造しにくく、定期更新もするので安全性が高いと見なされているからです。そのため、運転免許証がある場合は必ず運転免許証を提出しましょう。

身分証明書の注意点

また、いずれの書類も有効期限内である必要があります。もしも、身分証明書に記載されている住所と現住所が異なる場合は、現住所が確認できる書類が必要です。

たとえば、公共料金や固定電話の領収書、税金関係の領収書です。貸金業者によっては、学生証に住所が記載されている場合、身分証明書が不要なケースもあります。

必要書類は学生ローンによって異なります。確認しましょう

上記の書類以外にも、学生ローンによっては就労を証明する情報(在籍確認など)が必要となる場合もあります。

中には、在籍確認が不要だったり、アルバイトをしていなくても融資可能だったりするローンもありますが、その場合はあまり大きな金額を借りることができません。また、20歳未満であれば、保護者の同意書が必要となります。

学生ローンの利用条件について

次に学生ローンを利用できる条件です。何といっても、まずは学生であることです。卒業・中退などによって学生証の効力がなくなってしまった場合、基本的に新たな借入はできません。

卒業に伴う返済条件の変化に注意!

図書館でお勉強返済については、卒業後も継続することができるため、就職を見越して学生ローンを利用する方も多いです。ただし、貸金業者によっては在学期間中に全額返済することを条件としている場合もあります。

その場合、卒業前に返済できないような大きな融資を受けることはできません。反対に、貸金業者によっては例外的処置として、卒業後、あるいは社会人になっても新規借入できるケースがあります。

学生ローンの審査について

学生ローンの審査では、氏名や生年月日、電話番号などの基本情報以外に、学校やバイト先についても聞かれますが、基本的に学校やバイト先に連絡が行くことはありません。一般のローンではある職場への在籍確認も、学生ローンでは行われないので安心です。

電話連絡無し!必要書類だけで保証人も必要なし

学生ローンに申し込む時は、手ぶらで行っても手続きできません。必要書類を用意する必要がありますし、業者の条件に合致しない場合は、門前払いされてしまいます。

満20歳以上か18歳以上でOKか事前にチェックしましょう

また、年齢制限が18歳以上のところもあれば、20歳以上のところもあります。20歳未満については、前述したように保護者の同意が必要となるため、親に内緒でお金を借りたいと思ったら20歳まで待ちましょう。

このような、必要書類・融資条件の詳細については業者によって異なるため、ホームページなどを見て事前に確認しておきましょう。

学生キャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・