銀行カードローン返済のコツ

多重債務にならないようにしっかり返済を考えましょう。

一度返済ペースが狂ってしまうと、すぐに返済日に間に合わなくなってしまい、新たな借金をしなくてはならなくなります。いわゆる多重債務です。
多重債務になると、利息が増えるスピードが一段と上がっていくので、わずかな借金にも翻弄されるようになります。

そうならないためにも、銀行カードローン返済のコツを確認しましょう。

支出の見直しで返済計画の見直し

考える男女銀行カードローンを返済するためには、まず毎月の支出を見直すことが大切です。毎月の支出が収入を上回る状態では、どうあがいても返済にお金を回すことはできません。電話代、新聞代、携帯電話代、インターネット代、スポーツクラブの会費など、毎月の固定費で削減できるものがないか、毎日のランチ代など、コーヒー代などで余分な支出がないか、保険の無駄が発生していないかなど、毎月の支出を一度洗いざらい見直してみましょう。

それでも返済できない時は、借入先に連絡しましょう。

返済に遅れたくなくて、他の金融機関からお金を借りて返す方もおりますが、金利が二重にかかってしまうので、それはなるべく避けたいです。銀行カードローンには延滞に厳しいですが、無断に延滞するとますます印象を悪くしてしまいますので、まずは相談することが大切です。

ただし、ノープランで「返済日に間に合わない」と言っても仕方ありません。いつまでだったら返済できそうか、今後の返済計画についてある程度目星をつけてから相談しないと、担当者の方も困ってしまいます。

本当に返済の目途が立たない場合

自分一人では返済の目途が立てられないという方は、独立行政法人「国民生活センター」や「消費者生活センター」に相談すると、債務整理も含めて詳しい相談に乗ってくれます。公共財団法人「日本クレジットカウンセリング協会」もクレジットカードだけじゃなくローンの返済に関する相談にも対応しているので、返済に困った時はいつでも利用してください。返済できなくなったら、いたずらに借金を繰り返すよりも、少ない金額のうちに債務整理してしまった方がよいでしょう。

ただし、債務整理すると信用情報に5~10年間記録が残るため、その期間はローン契約できない可能性があります。債務整理するほどじゃないけど、月々の返済額を減らしたい、もう一度返済計画を立て直したい、そのような場合は、借り換えローンを利用するという方法もあります。

借り換えローンという方法もあります

借り換えローンとは、今借りているローンよりも低金利ローンに乗り換えることです。A社から借りている金額をそっくりそのままB社から借りてA社に返済すると、A社の借金はなくなり新たにB社から借金することとなります。

B社はA社よりも低金利な分、今までよりも月々の返済額を減らしたり、返済額はそのままで返済期間を短くしたりと、利用者にとって今までよりも良い条件で返済することが可能になります。複数のカードローンを利用している方は、おまとめローンで支払先を一つにまとめる方法もあります。このようなプランを利用すると、債務整理せずに返済状況を改善することができます。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・