主婦キャッシングは住宅ローンに影響する?

「キャッシングすると、住宅ローンの審査に通らなくなる」

こういった話を聞いたことがありませんか?

室内将来的に住宅ローンを組みたいけど、自分がキャッシングすることでローンを組めず、夫にも迷惑をかけるのではないか、と心配している主婦の方も多いと思います。

しかし、御安心ください。確かに、キュッシングをしていると、滞納などをしていなくても返済能力に不安があるのでは、と思われてしまいますので、審査で不利に働くこともあります。

主婦がキャッシングする場合は別です。

キャッシングは個人名義で行うので、夫婦であっても妻が個人的に申し込んだキャッシングであれば、名義人は妻であり、夫は関係ありません。住宅ローンを申し込む時は、夫名義で申し込む方が大半だと思いますので、これなら問題ありませんね。

ただし、住宅ローンを夫・妻の共有名義で申し込んだ時に、妻のキャッシング履歴も審査の対象となりますので、審査に影響を与える可能性はあります。
しかし、延滞せずにきちんと返済していれば、かえって「この人は返済日を守る人だ」という評価に繋がります。

特に同じ銀行のカードローンであれば好印象です。

すでに完済している状態であれば、返済能力に不安があるとも見なされないでしょう。

また、キャッシングを契約したままですと、利用可能額が「借入額」と見なされ、ローンの審査に影響を与えると言われていますが、住宅ローンは何千万円という契約ですので、数十万円程度の借入額では、あまり問題になりません。

ただし、上述したようにお金を借りているということ自体が、返済能力を図る上で問題になることも考えられます。このあたりは、銀行によって審査基準が異なるので一概には言えません。

不安な方は、キャッシングを完済した後に解約してしまうとよいでしょう。

ただし、住宅ローンはあくまで全体的な属性を見て判断するため、キャッシングをしていても返済能力が高いと見なされれば審査に通りますし、返済能力が低いと判断されれば、キャッシングをしていてもしていなくても審査に落ちます。

キャッシング自体が、住宅ローンに決定的な影響を与えるわけではありませんので、「キャッシングすると、住宅ローンの審査に通らなくなる」というのは、もともと返済能力が低いと判断された方が、たまたまキャッシングをしていただけという可能性もあります。

では、反対に住宅ローンがあっても、キャッシングできるのでしょうか?

結論から言うと、これも返済能力によって異なります。

住宅ローンを組んでいると、すでに借金があるということですので、審査が厳しくなるのは確かです。しかし、住宅ローンは月々少しずつ返済していくものですので、無理のない範囲で返済しており、さらに余裕があると判断されれば、キャッシングの審査に通る可能性があります。

専業主婦キャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・