主婦がキャッシングでお金を借りると住宅ローンの審査に影響する?審査に通らなくなる?

主婦でもキャッシングしたい!でも住宅ローンへの影響が気になる……

主婦,住宅ローン,キャッシング,影響
ちょっとした生活費不足などを補うのにもキャッシングはとても便利です。「主婦がキャッシングをすると住宅ローンなどにも影響を及ぼす」という人もいますが、いったいどのような影響があるのでしょうか?気になる主婦キャッシングと住宅ローンの関連について調べました。

そもそも主婦でも利用できるキャッシングは存在するのか?

「キャッシングが住宅ローンに影響したらどうしよう?」と不安になる前に、そもそも主婦でも審査を通過できるキャシング、カードローンは存在するのかという問題があります。しかし、心配には及びません。実際、キャッシングを活用している主婦は少なくありませんが、働く主婦なのか専業主婦なのかによっておすすめのキャッシングは異なります。

働く主婦なら消費者金融系キャッシングが利用できる

一般的に消費者金融系キャッシングは安定した収入のある成人を対象としています。たとえパートやアルバイトに従事している非正規雇用の主婦でも、年収が低くても、安定収入さえあれば審査を通過することが可能なのです。

ただし、消費者金融系キャッシングでは総量規制によって本人収入の3分の1以上の融資は受けられません。したがって本人収入がゼロの専業主婦は消費者金融系キャッシングを利用できないということになります。

総量規制とは

消費者金融は貸金業法の下で営業をしています。総量規制とはこの貸金業法で定められた貸付制限のことです。銀行法の下で営業している銀行には総量規制はありませんが、一般的に審査は消費者金融よりも厳しくなっています。したがって、総量規制がないとはいえ主婦が銀行から多額の融資を受けるというのはまず無理と考えてください。

専業主婦なら銀行系キャッシングがおすすめ

専業主婦は消費者金融キャッシングこそ対象外ですが、じつは銀行系キャッシングを利用できます。「より審査が厳しい銀行系キャッシングを通るのはなぜ?」と、疑問に思う人もいるでしょう。消費者金融よりも金利が低い銀行のキャッシングを利用できれば、これに越したことはありませんが……。

じつは、銀行系キャッシングは本人だけではなく配偶者の収入も返済源と見なします。これが消費者金融系キャッシングとの大きな違いです。配偶者に安定収入があり信用情報機関でブラックリストに登録されていなければ、専業主婦でも問題なく銀行系キャッシングを利用できます。しかし、やはり専業主婦がキャッシングできる金額は少なく、利用限度額が5万円程度のこともあるので注意してください。

クレジットカードのキャッシングという方法も!

消費者金融系にせよ銀行系にせよ初めてキャッシングする際には新たに申し込まなければいけません。消費者金融ならば即日融資にも対応していますが、それでも審査結果が出るまでにはある程度時間がかかります。その間ドキドキして待つのも心地の良いものではありません。

もっと手軽にお金を借りるならば、クレジットカードでキャッシングするという方法もあります。ATMからまるでキャッシュカードで引き出しをするようにキャッシングできるのは大変便利です。ただし、クレジットカードを申し込む際にキャッシング枠を設定していない場合は利用できません。取り急ぎキャッシングの利用予定はなくても、とりえず設定しておいて損はないでしょう。

主婦キャッシングが住宅ローンに及ぼす影響とは?

以上のように主婦でも問題なく利用できるキャッシングは少なくありません。しかし、だからといって気軽に申し込みをして何の問題もないのでしょうか?たとえば住宅ローンに影響を及ぼすのかどうか検証してみました。

夫の収入だけで住宅ローンを借りるなら影響ナシ

住宅ローンの返済源を夫の収入のみとしていたと仮定しましょう。この場合、金融機関は夫の信用情報だけをチェックします。したがって、妻が主婦キャッシングをしていたり、さらにはブラックな履歴があったりしてもとくに影響はありません。

夫+妻の収入で住宅ローンを組むなら影響あり

夫の収入だけで住宅ローンを組むのは不安と金融機関に判断されると、妻は連帯保証人や担保提供者とならざるを得ません。そうなると、当然のことながら妻の信用情報もチェックされます。もし妻が主婦キャッシングをしていたならば影響を及ぼすことになるでしょう。

主婦キャッシングが住宅ローンに良い影響を及ぼすこともある!

しかし、妻キャッシングは住宅ローンに悪影響を及ぼすとは限りません。とくに、主婦キャッシングをしている銀行の住宅ローンは審査が有利になるともいわれているのはご存知でしたか?一方で、もちろん悪影響となる場合もあります。どのような影響があるのか具体的に見てみましょう。

主婦キャッシングが住宅ローンに及ぼす具体的な影響

じつは住宅ローンに好影響を及ぼすことさえある主婦キャッシング。一方で、マイナスの影響を与えてしまうケースも当然のことながらあるわけです。主婦キャッシングが住宅ローンに及ぼす影響としては次のようなものがあります。

同じ銀行の住宅ローンが借りやすくなる

住宅ローンを借りようとしている銀行から主婦キャッシングをしていて一度の遅延・延滞もなく、きっちりと返済していたとしましょう。この場合返済能力がある世帯と評価され住宅ローンの審査にプラスになります。まったく利用したことのない銀行の住宅ローンを組むよりも、審査時間も少なくてすむでしょう。

主婦キャッシングの金利が下がる

同じ銀行で住宅ローンも主婦キャッシングも同時に利用する場合、どちらか一方の金利が下がるというサービスがしばしば提供されています。たとえば、主婦キャッシングの金利が0.5%~1%ほど下がることも!また、住宅ローンの方の金利が下がる場合もあります。

主婦キャッシングの借入件数・借入総額が多いのはマイナスの影響

遅延・延滞があると審査を通過しやすい・金利が下がるといったメリットがないのはいうまでもありません。また、返済履歴はクリーンでも借入件数や借入総額が多いのはマイナス評価となります。「現時点では問題がなくても、いずれ返済能力に問題が発生する可能性がある」と、見なされて審査を通過できないこともめずらしくありません。

3件以上の借入がある場合は要注意

主婦キャッシングには銀行系の他に消費者金融系、クレジットカードのキャッシング枠を使うという方法もあります。このため、なかには3件以上の借入を作ってしまう人も。そうなると、住宅ローンなどの銀行系の融資を受けるのは難しくなるので注意してください。ただし、次のようなものはカウントされず影響はありません。

  • クレジットカードでのショッピング
  • 携帯端末などの分割払い
  • 奨学金
  • 自動車ローン
  • 教育ローン

主婦キャッシングを賢く活用して住宅ローンに好影響を!

最後に、今回の記事のおさらいをしましょう。

  • 主婦でもキャッシングを利用することは可能!
  • 主婦キャッシングは住宅ローンに何らかの影響がある。
  • 主婦キャッシングを利用している銀行の住宅ローンを申し込むと、審査が通りやすかったり金利優遇があったりするメリットがある。
  • ただし、そういったメリットは滞りなく返済している時だけ受けられるもの。
  • もし、延滞・遅延があればむしろマイナス評価。他社からの借金なども含めて3件以上の借入があると審査通過は難しい。

主婦キャッシングを利用中でも住宅ローンを組むことは十分可能ですし、むしろ審査を通過しやすくなる・金利が安くなるなどの好影響もあるほどです。しかし、ここでひとつ注意したいのが住宅ローン返済のために新たにキャッシングする主婦がいるという点。次から次へと雪だるま式に借金が増えることにもなりかねません。そうならないためには、住宅ローンの返済額を無理なく設定することが大事です。とくに、ボーナス減額なども十分あり得る昨今、ボーナス払いの金額を大きくしすぎないようにくれぐれも注意してください。

専業主婦キャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・