即日融資で借入したいなら、希望限度額はいくらぐらいで申し込むべき?

即日融資の限度額いくらまで借りられる?

4万円

急にお金が必要になったとき、即日借り入れで限度額はいくらまで借りることができるの?と疑問に思っている方は多いかと思います。

融資スピードと共に限度額も重要なポイント

即日融資可能なカードローンは現在ではかなり増えました。消費者金融系のみならず、銀行カードローンのなかでも今では珍しくありません。限度額も最高限度額が50万円程度の小額なところから最高800万円、なかには1,000万円という大口融資可能なところもあるんです。

しかしいくら最高限度額が高いからといって、誰もがこうした高額な融資を受けることはできません。キャッシングやカードローンでお金を借りる時に、いくら借りるか?ということは最も重要なポイントなのです。

希望借入額によって重視すべきポイントは変わってきます

5万円、10万円を借りたい人と、300万円借りたい人とでは、キャッシングやカードローンを選ぶ時の基準は大きく変わってきますし、また金利についても5万円借りたい人よりも真剣に考えなければなりません。

それにはいろいろと理由があります。

300万円借りるなら銀行カードローンを選びましょう

300万円借りたい人は、恐らく銀行カードローンを利用する方が賢いでしょう。消費者金融で300万円借りるのは、総量規制の問題や金利の問題などがあるのであまりお勧めはできません。

消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合には、「総量規制」という法律により、借り入れ総額は原則自身の年収の3分の1までに制限されるからです。例えば年収が600万円の方でしたら、最高限度額500万円の消費者金融のカードローンであっても最高で200万円までしか借りることができないことが多いのです。

高額の借り入れが可能なのは銀行カードローンに限られる

一方で銀行カードローンなど都市銀行、地方銀行での融資の場合にはこの総量規制は適用されません。なので、年収の3分の1を超えるような額であっても借り入れは可能です。

それでも、年収600万円の方が500万円などぽんと借りられるわけではありません。年収の半分程度の額を借りることができている人もいるようですが、借入れ額は審査によってその人にどのくらいの額を貸してもよいかを判断します。

返済できないような高額な借り入れはまず審査に通らないと考えた方がいいでしょう。

高額の即日融資は現実的ではありません

また、即日借り入れとなりますと新規の借り入れなので、はじめからあまり高額な融資をしてくれるケースは少ないと思っておいたほうがいいです。

カードローンは信用をもとにお金を貸します。利用実績や返済実績がない状態ではあまり高額な融資はのぞめない可能性が高いのです。新規の場合、個人の信用にもよりますが、ほとんどの方は50万円以下など小額の融資になるケースが多いといいます。即日融資の審査に通るのであれば、希望借入れ額はできるだけ低めに設定しておくことも大切です。

即日融資での借入限度額の基本は必要最小限!

即日融資というのは、その日のうちにすぐにお金を借りたい人が利用するためのもの。

そのため、審査は甘く、スピードを重視している代わりに金利と借入限度額も銀行に比べて低めに設定されています。

多くの消費者金融のサイトでは、300万円、500万円、中には1000万円まで借り入れ可能という表記が並びますが、実際即日融資でこの金額をすぐに借りることができる人はほとんどいないでしょう。

初回の借入れの場合の限度額は、ほとんどの場合50万円以下になると思います。

それが、甘いスピード審査で貸してもいいであろうと判断できる金額だからかもしれません。

スピード重視なら希望限度額は小さくするしかない

カードローンの申込項目の1つに「希望限度額」があります。

あくまで希望ですので、実際にその金額が通るとは限りませんが、金融会社は希望限度額を基準に申込人の「返済能力」を判断するので、あまり不適当な金額は書かない方がよいでしょう。

必要最小限の金額で申し込むようにするのがポイントで、あまりにも高額な借入希望額であったりすると、審査も慎重に行われるため即日融資どころか審査落ちということにならないとも限りません。

たとえば、年収100万円の人が希望限度額10万円で申請するのは、本人の返済能力に見合った金額ですので、審査に通る可能性が高くなります。「給料日前のクレジットカードの支払いに間に合わせるため」「お小遣い程度に必要」というのであれば、必要最小限の金額を申込みましょう。

10万円以下の申込みであれば、全体的な属性が低くても審査に通る可能性が高くなります。

消費者金融で即日融資を希望するなら50万円より低く!

貸金業者の場合、希望限度額が50万円を超えると、本人確認書類に加えて収入証明書類も提出しなくてはなりません。

提出書類が多くなるとその分審査に時間がかかりますので、すぐに審査回答を得たいのであれば、50万円以下で申込むことをおすすめします。

希望融資額が低くなるほど審査に通る可能性も高くなり、審査時間も短くなります。

ただし、希望限度額が50万円以下であっても、他の貸金業者との借入金額を合わせて希望限度額が100万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要になるので注意しましょう。

消費者金融では総量規制にも注意しなければなりません

銀行カードローンならともかく、消費者金融となると総量規制の対象のため、年収の1/3を超えた借入が不可能です。仮に、他の消費者金融や信販系カードローンなどから借入があれば、その分も含めた金額で借入額を考えなければなりません。

銀行の場合は総量規制の対象とはならないため、年収の1/3という基準を気にしなくても申し込むことができますが、銀行カードローンの審査は消費者金融などと比べればシビアですから、他社からの借入件数等によってはあっけなく審査落ちする可能性が高くなります。

融資金額を低めにする理由はスピードが重要だから

実際、即日融資可能な金額というものが定められているというわけではありません。50万円以下の希望額でも即日融資を受けられない人がいますし、逆に100万円の借入を希望しても即日融資を受けられる人もいます。

融資希望額が大きくなると、それだけ回収不能に陥った時の損失が大きくなりますから、信用できる人物かどうか、より慎重にチェックされることとなります。特に初回から50万円以上融資を希望する場合や、他社借入を合わせて融資額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出を求められます。

そのため、通常よりも審査に時間がかかりますし、返済能力に不安があると判断されれば、融資見送りとなります。

最初のハードルは低く設定して実績を積むのがおすすめ

返済能力については、年収だけじゃなく、家族構成や居住状況、他社借入件数、過去の遅延情報などから総合的に判断しますが、銀行以外の金融機関を利用する場合、他社借入を合わせて融資額が年収の3分の1を超えると、その時点で融資を受けられなくなります。

このように、融資額が大きくなると審査に時間がかかりますし、融資見送りとなるリスクも大きくなります。そのため、即日融資を希望する場合は、年収の3分の1以下で、なおかつ50万円以下(他社借入がある場合は合計100万円以下)の融資を希望した方がよいでしょう。

特にパート・アルバイトの方で、それほど大きな金額が必要じゃない場合は、10万円以下の融資を希望しておきましょう。

希望融資額が少ないと、それだけ審査に通りやすくなります。

それは、金融機関にとって回収不能のリスクが低くなるだけじゃなく、「この人はそれほどお金に困っていない」(返済能力が高い)という良い印象を与えることに繋がります。いくら年収が高くても、融資希望額が100万円や200万円に上ると、「一体何に使うのだろう?」と勘繰られてしまいます。

大事なのは信用=返済能力=安心感

あまりに高額な借入希望額であったりすると、その使用目的は何なのか? という疑念が生まれてきます。

カードローンもフリーローンの一種ですから、基本的には使途自由となっています。ですが、申し込みの際には借入額の使い道について記入する項目が設けられています。

その際、利用目的が、車の購入費などはっきりしている場合は安心ですが、「生活費のため」「借金の返済のため」といったような目的を記入すれば、「お金に困っている=返済能力に乏しい」という判断をされてしまいかねません。

少額からコツコツと信用を積み上げていくのが必勝パターン

審査は申込者の信用度を図るためのものですから、信用を勝ち得なければ借り入れは不可能→審査落ちということになってしまいます。運良く審査に通っても、借入希望額から大幅に減額されての融資ということになります。

申し込みの際、借入理由を正直に申告するのも必要かもしれませんが、基本的に使途自由な融資なのですから自分が不利になってしまうような理由を記載するのは控えるのがおすすめです。

消費者金融も本当は貸し付けたいのです

生活費といった理由ももちろん間違いではありませんが、そのような不安を抱かれないためにも、なるべく少額を希望し、利用目的についても「趣味のため」という理由の方が審査する側へ与える印象もまったく違ってきます。無難な理由にしておきましょう。

消費者金融などの貸金業者は、お金を貸すことを商売としているのですから、できれば多く借りてくれるに越したことはないのです。

ただ、借入希望額が高額であれば、貸し倒れリスクも高くなるため、審査にしても慎重を期すことになってしまうのです。

50万円以下の少額融資であれば必要書類も少なくて済む!

小口融資であれば、運転免許証や健康保険証など、お手持ちの身分証明書のコピー・画像を1枚提出するだけでよいので、申し込みも簡単です。

大手消費者金融の場合、信用できる相手にはなるべく多くの金額を貸付したいと思っているので、10万円を希望しても「審査の結果、お客様は49万円まで利用可能です」と、収入証明書不要の範囲内で融資額を設定してくれる場合もあります。

特に、月末や決算時期など、スタッフがノルマに追われている時は、なるべく多くの金額を融資してくれる可能性があります。

借入限度額は返済実績を重ねれば引き上げられる!

お金を貸す側の本音としては、やはり多く長く借りてもらいたいもの。

初回はどうしても返済実績がないためなかなか大きな金額を借りることは難しいですが、半年程度遅れることなく毎月返済をしていれば、借入限度額は引き上げられていきます。

基本的に、少額融資であれば借入希望額よりも多めの枠を設定してくれるケースがほとんどです。例えば、10万円の融資希望で申し込んでも、30万円までの枠を与えてくれるといった具合です。

まずは少額で申し込めばそれ以上の枠を設定してくれます。

しかし、申込段階から高額な借入を希望してしまうと、先にも書いた通り収入証明書の提出を求められたり、審査が長引いたり、融資額の減額や審査落ちといったことになってしまうのです。

50万円以下を基準に、なるべく低い金額での申し込みが即日融資を勝ち取る秘訣となります。

返済の実績さえ確認できれば、借入限度額は比較的短期間で引き上げることができます。

最初は小額で確実に即日融資の契約を行って、その後限度額を引き上げていくのが確実な方法です。初回から50万円以上借りたい場合は別ですが、もし今必要なお金が10万程度であれば、最初はその程度の金額で申し込むのが確実に即日融資が実現できるポイントです。

スピード重視の借り入れのためのまとめ

即日借りたい場合に注意すること

  • 即日融資対応の金融機関に申し込む
  • 融資金額は少額(最高でも49万円以下)にする

即日融資で借入したいと思ったら、即日融資対応の金融機関を利用することはもちろん、なるべく審査にスムーズに通るよう、必要最低限の金額を申し込むようにしましょう。

金融会社からすると、返済に回せるお金が少なくても毎月約定返済額を支払ってもらえれば、利息をたくさん取れる「優良顧客」になりますので、返済能力がギリギリでも審査に通すことはあります。

審査に通っても、多く借り過ぎてしまえば返済に困るのは自分ですので、自分の返済能力をよく考えて、それに見合った希望額を決め賢く借り入れを行いましょう。

今すぐ借りたいキャッシング講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・