バンクイックの解約方法は難しい? 他と比べて解約しやすい?

解約には通常の解約と強制解約があります

解約の申込書に記入バンクイックの「解約」というのは主に2種類ある。ひとつは自分の意思で解約を申し出るもの、そしてもうひとつが遅延や延滞を繰り返すなどして著しく信用性を損ねたことによる強制解約である。
強制解約については、文字通り計画性のない利用をした場合に生じる措置であるし、そもそも強制解約を前提に契約する人もまずいないはずなので、ここでは通常の解約について説明していこう。

解約する理由の多くが完済によるもの

バンクイックなど、カードローンを自分の意思で解約しようと考える場合、その多くは完済したことに伴うという理由が圧倒的に多い。
完済し、貸付残高がゼロであれば、困ったときにすぐに使えるし、別に契約していても利息や手数料、年会費なども一切かかることはないのだが、「何となく持っているだけで不安」という人もいるようだ。

完済したなら解約してしまうのもひとつの方法としてアリです

生活費などをカードローンに依存してしまっているのではなく、必要なときに必要なだけ借りるというある種の計画性を持った人の多くは、完済後に解約してしまうケースが多い。
持っていればいざというときに便利ではあるが、何かあったらすぐにカードローンに依存してしまうという可能性も決してゼロではない。そうしたことを踏まえれば、思い切って解約してしまうのもひとつの方法としては十分にアリだろう。

バンクイックを解約する方法

当然ながら、バンクイックを完済したからといって自然的に解約されるわけではないし、三菱東京UFJ銀行側から「どうしますか?」と聞いてきてくれるわけでもない。解約するには、その旨をこちらから伝える必要がある。

解約を伝えるのは電話で

バンクイックの場合、解約を希望するならまずは電話でその旨を伝える。解約のための専用ダイヤルが設けられているので、そこから問い合わせれば解約方法についての案内をしてくれる。
解約のための電話番号は、バンクイックのホームページから、「よくあるご質問」→「ご利用中のお客様からよくある質問」→「解約したいのですがどうしたら良いですか?」から確認できる。

引き止めや解約理由も聞かれます

ただし、解約の理由を聞かれたり、「解約しないでほしい」といったことも言われるので、ある程度は覚悟しておくことも大切。なぜ解約するのかという理由を用意しておくのもおすすめだ。対応自体はとても丁寧なので安心していい。

残金をATMまたは振込で支払う

もしも未返済分があった場合、電話では、バンクイックの残金について教えてくれるので、それをATMか、もしくは振込によって支払えばOK。
逆に、先に残金だけ完済してしまった後に解約を申し出ても構わない。解約後は解約証明書の発行にも快く対応してくれる。

金融会社によって解約手順が異なります

バンクイックの場合は、電話で解約の意思を伝えて入金もしくは振込で完済すればそれでOKだが、金融会社によって解約時の方法も様々である。

窓口でなければ解約できないところも

バンクイックでは電話で解約を受け付けてくれるが、窓口でなければ解約手続きには応じられないという金融機関もあるし、解約を証明する書類についても、発行不可という金融機関も現実に存在する。その場合は、当該の金融機関から契約完了に関する書面が届くので、それが実質的な解約証明ということになる。

スムーズに解約できるかどうかは申し込まなければわからない

解約の方法は金融機関によってまちまちであっても、一般的な金融機関であれば対応自体もそれほど悪くない。これは大手の消費者金融も同様だ。
ただ、一部のネット銀行に関しては、手続きが面倒くさく、少々対応に問題があるという報告も少なくない。あくまでも一部だけの話ではあるが、現在ネット銀行のカードローンを利用している方で、解約を考えている方は注意した方がいいかもしれない。

解約時の対応もレベルが高いのがバンクイックの魅力

特に解約時などの場合、その金融機関の本音というか体質がもろに現れるといっても決して過言ではない。契約時にはとても良い対応をしてくれても、解約時には素っ気ない対応を取るケースもたびたび報告されている。

「解約しても顧客」というサービス精神の高さ

しかし、バンクイックの解約に関するケースでは、悪い対応をされたという報告はほぼ皆無。皆、「オペレーターの感じも良かった」と言っているあたりから鑑みても、その対応力の高さは魅力である。
「解約後も顧客」という一貫した体制が、しっかりと根付いているようにも感じる。こうした部分は、新興のネット銀行よりも遥かに高いレベルにあるといえるだろう。

解約後に信用情報にネガティブ情報が載る不安もありません

バンクイックなど、カードローンを解約した人の中には、「解約するとネガティブ情報が信用情報機関に載ってしまうのでは?」という不安を抱く人もいるが、強制解約とは違い、あくまでも完済後の解約であるため、ネガティブ情報として掲載されてしまう心配はないので安心していい。
逆に、「しっかりと完済した」という事実がポジティブ情報となることの方が大きいはずなので、不安を抱く必要はないと言える。

バンクイック徹底検証に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・