銀行カードローンの返済を滞納するとどうなる?

銀行カードローンの支払いが厳しいと、「少しくらい滞納しても大丈夫だろうか?」という気持ちが湧いてくるかもしれません。「クレジットカードも、数日延滞しても何も言われないし、銀行カードローンも数日くらい大丈夫かもしれない。次の給料日までもうすぐだから返済はその時にしよう」などと思って、黙って延滞してしまう方もいるでしょう。

黙って延滞することは、一番やってはいけないパターン。

銀行カードローンは返済について非常に厳しく、1日でも遅れただけで電話がかかってくることがあります。
言い訳するのが嫌で電話に出ないでいると、すぐに解約されて一括返済を求められる可能性もあります。

一括返済に応じない場合、裁判という可能性もあります。

裁判になることも信用情報が傷付きますし、弁護士に依頼する費用なども考えると、返済トラブルを起こすのはあまり得策ではありません。

返済に遅れそうな場合は、事前に連絡して事情を話し、いつまでに入金できそうか、返済予定について丁寧に説明しましょう。
銀行側にとっては、遅延は遅延ですが、黙って延滞されるよりもよほど心証が良いですし、督促の手間も省けます。

もちろん、遅延ですから遅延損害金は発生しますし、銀行によっては現在の借入金をきちんと返済するまで、新たな借入をできないようにサービスをストップされる場合もあります。

また、いくら事前連絡したとしても、1ヶ月も2ヶ月も返済が遅れるようですと、完済したとしても新たな借入をできない可能性があります。
その場合、別のカードローンに新規申し込みすると思いますが、返済トラブルについては信用情報に記録されていますので、新規カードローンの審査がスムーズに通るとは限りません。

とはいえ、ブラックリスクに登録されたわけではないので、審査に通る可能性はあります。

ブラックリストとは、事故情報が記録された信用情報を意味しますが、ここでいう「事故」とは普通の延滞ではなく、金融機関にとって「悪質」と判断された延滞、借金の踏み倒し、債務整理などを指します。たとえば、まったく連絡が取れないまま3ヶ月以上滞納した場合などは、事故情報として信用情報機関に申請されることが多いです。

事故情報になると、すべての信用情報機関で個人情報が共有されるだけでなく、5~10年間は記録が残り続けますので、新たにローンを組むことが難しくなります。では、3ヶ月以内の延滞であればセーフかというと、そういうわけでもありません。慣例として3ヶ月が目安となっていますが、事故情報として申請するかは担当者の判断に委ねられているので、まったく連絡が取れない場合などは、すぐにブラックリスト入りという可能性もあります。無断延滞はしないよう、くれぐれも注意しましょう。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・