銀行カードローンと商工ローンの違い

自営業者が銀行カードローンが組めない理由

商店銀行カードローンを組もうと思っても、自営業者の場合、カードローンが組めない場合があります。
それは、ローンの利用目的が従業員への支払いや仕入れの費用など、事業資金の場合です。

カードローンは、利用目的を問わないフリーローンですが、事業資金への使用は例外的に禁止しています。これは、銀行に限らず一般の貸金業者でも同様です。

実際、カードローンの契約書には「事業資金への用途不可」と書かれており、違反した場合は一括返済を求められたうえで退会処分となるなど、罰則を受ける可能性があります。

事業主は事業資金のためにお金を借りることはできないのでしょうか。

いいえ、そのようなことはありません。

銀行では中小企業の事業者向けに商工ローン(ビジネスローン)を用意しており、商工ローンであれば何の気兼ねをせずに事業資金に充てられます。

商工ローンを扱っているのは銀行だけではありませんが、銀行から借りると金利が低いので、まずは銀行に申し込み、ダメなら消費者金融などの商工ローンを利用するというケースが多いです。ただし、商工ローンはカードローンと違い、連帯保証人や担保が必要となるケースが多いです。というのも、事業資金目的となると融資額も大きくなりますし、回収不能に陥る可能性も高くなります。

そのため、カードローンのように担保・保証人なしで簡単に融資することはできず、融資額に比例して連帯保証人が増えたり、土地を担保に入れたりする必要が生じてきます。事業の資金繰りがうまく行かないのに、無理に借入を続けていると、返済不能に陥った時に自分だけじゃなく周囲にも多大な迷惑をかけてしまうのが、商工ローンの怖いところです。

不動産を担保にすると、事業失敗とともに土地や建物を売らなくてはならず、生活環境が一変してしまう可能性もあります。そのため、確実に返済できる当てがない場合、商工ローンを組むのは止めた方がよいでしょう。

まずは銀行の商工ローンを検討してください。

特に銀行以外の商工ローンは金利が高く、悪徳業者に狙われやすい分野でもあります。一度悪徳業者と取引してしまうと、債権をヤミ金に回されるなどして、無制限に貸し剥がしされる可能性もあります。

そうなると、弁護士の力を借りて法的処理を行ったり、ヤミ金からの嫌がらせに対応したりと、多くの困難が予想されます。商工ローンを利用するなら、まず銀行から借りることを大前提にし、銀行以外から借りる場合は、金融機関の評判などをしっかり調べましょう。

昨今は、一昔前と違ってノンバンクでも低金利の商工ローンが増えているので、しっかり探せば自分に合ったローンが見つかるかもしれません。

また、商工ローンは担保などを用意する分、貸し手にとっては回収しやすいローンです。

カードローンの場合、担保・保証人が存在しないため、利用者が返済に遅れても、その言い分を聞いて返済期間を延ばすこともありますが、担保があれば即刻回収できますから、返済に関しては非常にシビアです。商工ローンを利用する時は、1日でも返済が遅れないよう注意しましょう。

銀行カードローン講座に関連する記事

厳選!おすすめキャッシング

地域密着 人気キャッシング

新着記事

キャッシングの不安を解決

  • 初めてのキャッシング講座

    賢くお金を借りるためにもある程度の事前準備は必要です。ここでは、賢くキャッシングを利用するために・・・

  • 今すぐ借りたいキャッシング講座

    支払いや旅行、子どもの教育費etc急にお金を準備しなくてはならない時にたびたび遭遇します。そんな時にキャ・・・

  • 銀行カードローン講座

    銀行カードローンは消費者金融系カードローンよりも審査は厳しめですが、18歳以上で安定した収入があれば借入が・・・

  • 専業主婦キャッシング講座

    安定した収入のない無職の専業主婦でも借りられるローンと言えば、独自の審査基準を持つ銀行カードローン・・・

  • おまとめローン講座

    数社からの借入で首が回らない・・・そんな場合は、おまとめローンを検討してみましょう。ここでは、おまとめロ・・・

  • 学生キャッシング講座

    学生でもカードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りることができます。消費者金融の学生ロ・・・

  • 借金返済トラブル講座

    借りたお金が返せない!たとえ消費者金融から即日融資でキャッシングができたとしても、後できちんと返さな・・・